60代のエチケット「口臭ケア」の方法

理想の体を手に入れる

口臭は年を重ねるごとに強くなります。

ある歯科医師の臨床感覚からすると「自分の口臭に不安を感じている方は意外と口臭が少ない」と言われています。

逆に「自分の口臭に気づかない人は、口臭が強い傾向にある」のだそうです。

高齢者の口臭は、加齢に伴って免疫が低下するため、菌の繁殖を抑える力が弱くなることも原因とされています。

また40代から歯周病菌も盛んに繁殖するようになり、口臭が強くなる原因の一つになるのです。

60代は何かと人と出会い、話す機会が増えるものです。そんな時に口臭があると控えめになってしまします。

何才になっても、さわやかな吐息で接したいものですね。

口臭の簡単なチェック方法

簡単なチェック方法を見つけました。

自分の手の甲を舌で舐めます。

数秒して乾き始めたときに、臭いを嗅いでみます。

その臭いが今現在の自分の「口臭の臭い」なのです。

口臭ケアの5つの方法

自然にあるものを利用して改善することを紹介します。

(1)口臭はお口が渇くと強くなります。
   うがいや部屋を乾燥させないことも対処方法です。

(2)お茶会では、コーヒーよりも紅茶のほうが口臭を防ぎます。

(3)口臭防止効果のあるリンゴを皮のまま食べまる。
   また、レモンやオレンジの皮を噛むのも効果的です。

(4)歯を磨いたり、舌をブラッシングしたりと清潔にします。
   60代は免疫力を高めて口臭の原因の菌に強くなりましょう。

(5)最終手段は、サプリやタブレットを使って口臭を抑えます。

おわりに

私ども60代は大人のエチケットとして口臭ケアは外せません。口臭の簡単なチェックの仕方とケアの方法を紹介しました。

口臭はだれにでもあるのですが、年を重ねたらケアをしてできるだけさわやかに人々に接したいものです。

なお(ライター@パパ家事)

タイトルとURLをコピーしました