冬こそ「足のニオイ」を消臭!その原因と対処方法を紹介

理想の体を手に入れる

冬こそ足の消臭が求められます。

クリスマス、忘年会と集まる機会も増えて、招かれる事も多くなります。

足のエチケットが大切です。

自分では気が付かない「足のクサイニオイ」をしっかりと消臭する方法を紹介します。

スポンサーリンク

冬は足のニオイが夏以上に気になる

外が寒くても靴やブーツの中は暖かく、足のニオイが気になる季節です。

様々なイベントも多く、飲み会やパーティー、時にはお呼ばれもあるのではないかと思います。

スポンサーリンク

足のニオイの原因

汗をかいたり蒸れたりすれば、足がニオっても当然なのですが、ちょっとその臭いの原因を知ることで、さらに効果をアップできます。

本来、汗は無臭です。

汗は無臭なのです。本来、臭わないのです。

足が匂う時はもしかして、糖尿病や水虫、足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)などの病気が隠れていることもあるので要注意です。

気になる時は病院で相談するのもありです。

日常では、こんな原因があるのです。

足の裏は汗をかきやすい部分なのです。靴や靴下によって密閉されることで高温多湿になり雑菌が繁殖して臭いが発生しやすくなるのです。

高温多湿になり雑菌が繁殖

特に、革靴やブーツ、業務によっては安全靴など通気性の悪い靴は足が蒸れるので臭いが発生しやすいのです。

冬でも靴やブーツの中は、高温多湿になりやすいのです。


効果的な対策方法

1.消臭・殺菌効果のあるスプレー

靴を脱いだ後は消臭・殺菌効果のあるスプレーをしましょう。

乾燥剤を入れて靴をよく乾燥させ、2日ほど休ませてから履くようにすると雑菌が繁殖しにくくなります。

2.抗菌・防臭効果のある靴下

靴を長時間履く時には、抗菌・防臭効果のある靴下を履いたり、ストッキングや靴下を履き替えることで臭いを減らすことができます。

3.足の指の間や爪などをキレイニ洗う

臭いの元になる雑菌は、皮脂などのたんぱく質を餌にして増えるので、足の指の間や爪などをキレイニ洗うことも臭いの防止につながります。

でも、洗いすぎると皮脂が逆に多く分泌されるので洗いすぎは注意です。

4.臭いの根本から対策をする

消臭スプレーだけでは、時間が経つと元に戻ってしまうので、臭いの原因を根元から対策しつつ、消臭をダブルで行うことです。


清楚でスッキリと臭わない足で安心

足の臭いは、こまめなケアと根元から対策する方法で解決できます。

お仕事やお付き合い席でも、清楚でスッキリと臭わない足で安心して臨みたいものですね!

◆ケア商品をみてみる。

なお(ライター@パパ家事)

タイトルとURLをコピーしました