赤ちゃんは「日焼け止め」だけではだめ?これからのUVケアのポイント

雑記
この記事は約3分で読めます。

これから日差しが強くなる時期がやってきます。

買い物や散歩での外出、アウトドアでのイベントなど、太陽のもとに出る機会が増えてくる時期でもあります。

特に注意が必要なのは、大人もさることながら「赤ちゃん」の日焼け止め(UV対策)の対策です。

でも、赤ちゃんの日焼け止めって、本当に必要なのでしょうか?

この記事では、「赤ちゃんや幼児の日焼け止めは必要?」「日焼け止め対策のポイント」「日焼け止めの予防の方法」について紹介します。

参考サイトは、「日本小児皮膚科学会」http://jspd.umin.jp/qa/03_uv.htmlの「こどもの紫外線対策について」です。詳しい対策について説明されていますので、ぜひ参考にご覧ください。

赤ちゃんは「日焼け止め」だけではだめ?

これからの季節で、赤ちゃんのお肌ケアは「日焼け止め」の対策だけでは不十分なのでしょうか?

実は、赤ちゃんこそ紫外線対策が大切だと言われています。

赤ちゃんの時期から紫外線を多く浴びすぎることは、さまざまな悪影響が起こりやすくなることが知られています。(参考:日本小児皮膚科学会)

さらに、大切なことがあります。

それは、夏の強い日差しで赤ちゃんの肌の水分が奪われ乾燥しやすくなると言われています。

そのため、保湿のケアもあわせて行うことが大切す。

赤ちゃんの日焼け止め対策のポイント

赤ちゃんや子どもの肌には、刺激の少ない日焼け止めを使います。

赤ちゃんの紫外線対策は、早すぎはありません。早めに始めるのがよいでしょう。

特に紫外線が強くなる5月~9月にかけては、しっかりと保湿UVケアをすることが大切になります。

赤ちゃんの日焼けの予防方法

朝から日中に備えた予防

日中は強い日差しで肌が乾燥しやすくなるので、出かける前の朝の内から保湿力のある日焼け止めで予防しましょう。

特に、肌や腕、耳や首の後ろなどはしっかりケアをしましょう。

日中は小まめな塗り直し

汗をかきやすい赤ちゃんには、小まめなめ日焼け止めの塗り直しが必要です。

目安は、2〜3時間おきがポイントです。

赤ちゃんの顔につけるときは、一度お母さんの手に出してから塗ってあげましょう。

また、動き回るのでミストやスプレー式が使いやすいです。

夜はその日のケアを

赤ちゃんが1日の間に受けた紫外線。夜は肌の保湿ケアをしてあげましょう。

赤ちゃんには、「ALOBABY」UV&アウトドアミストがおすすめです。

純国産のオーガニックで、1本でUV対策とお出かけ対策ができます。

UV&アウトドアミストの特長は次の通りです。

・1本でUVと虫除け対策ができるミスト
・ミストタイプだから、動き回る赤ちゃんにも使いやすい
・白浮きせずに、お湯で流せる

詳細は公式サイトをご覧ください。

公式サイトをみてみる

ここまで「赤ちゃんは『日焼け止め』だけではだめ?これからのUVケアのポイント」について紹介してきました。

赤ちゃんのUV対策は大切なので、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました