ブログで記事を毎日書き続ける事は、考えて記事を書く習慣が身につくことです。

ブログで毎日記事を書く事は、並大抵のことではありません。何を書くか、だれに向かって書くのか具体的な書き方の習慣ができます。

毎日記事を書かないとブログで収入を稼ぐことには繋がらないのです。

現実は、記事を毎日書かないと収入にはならないのか?

方法論でつまらない話ですが、現実はなにがあっても記事を書いてアップしないと、収入に繋がらないのは事実です。記事の無いブログは稼げないからです。

今日は、何をテーマにするかを毎日考えるのです。

そして、誰に向かって書くのか、どんな風に書くのかを考えて、2000字前後を書くのです。

テーマが毎日見つからない・・・

これは大変なことです。テーマが見つからない時もあり、何を書くか2時間も半日も考える事があります。

ネットで検索したり、トレンドを読んで見たり、ニュースを見たりと記事のテーマを探すのです。

テーマが見つからない時や、疲れて書きたくない時もあります。

テーマが無くて書けない時があってもいいと思います。

それでも記事を書こうとテーマを決めて書き進んで行くのです。すると結構ためになる情報が見つかったり、新しい知識に出会ったりします。

そのことが、自分の記事を書く習慣と知識を広めてくれます。

でも、無理は禁物。疲れたときは、お休みしましょう。

「ブログで収入を稼いだ」実績が少ないのに記事が書けるのか?

実際に収入の実績がないと、収入を稼ぐノウハウなどは書けないし、見様見真似で書いたとしても、それを読んだ読者に収益がでるとは言い切れないのです。

なので具体的な記事にはならないのです。

書かないよりはいいのですが、「まだ実績の出てない人の記事を読んで自分も収益を上げる事が出きる」と思いますか?

少しの実績でも、それをしっかり書いた記事は、人の役に立ちます。

月に10万円稼いだ記事などは、人によっては夢の様な実績ではないでしょうか。

実際は、新しいブログではアドセンスで1年間必死で記事を書いて投稿しても、月に5000円程度が精一杯なのです。

なので、1年間で5000円の収入を得た記事を書くこと、あるいは、その過程で大変だったこと、やめようと思ったことなどは、本当の記事です。

ちょうどそれと同じ体験の最中で悩んでいる人に、安心と希望を持ってもらうことにもつながります。

その体験を欲しいと思っている方もいるのです。

私もそうでした。自分だけこんなに記事を書いているけど、周りはもっと稼いでいるのではないかという不安に駆られたことがあります。

でも、ある記事を読んだ時、稼げなくても一生懸命がんばって記事を書いている主婦の方から「頑張ろうという力」をもらったことがあります。

ブログでは、本当の事を書かきましょう。その記事はきっと役に立ち、自分も頑張れるから。

初心に帰って作った新しいブログが3つあります。アドセンス開始10カ月目でやっと月に5000円を超えました。

こんな記事でも、読んで頂いた方が実際にいて、広告をクリックしてくれたのです。1クリック10円だと、500人もクリックしてくれたのです。

みなさん、本当にありがとうございました。

毎日、テーマを考えながら今日も記事を書き続けています。

なお(ライター@naoblog33.com)