避難所に持っていく「防災セット・グッズ」の準備と防災対策について

防災に必要な準備を紹介します。

地震や台風・水害等の自然災害がここ数年で頻繁に発生しています。

また、巨大地震は30年以内に70%の確率で発生することが予測されており、いつ起きてもおかしくない状況です。

さらに温暖化による大雨や台風・竜巻等の被害も多発しており、自分の身は自分で守る事が重要です。

避難所には入れるとは限りません。

大災害では、広域避難指示や避難命令が発令されて避難所にたどり着いても、満杯で入れない事もあります。

北海道胆振沖地震や熊本地震、長野県や東京多摩川の氾濫を見ても、避難所がいっぱいで別の避難所をたらい回しに案内されてことも知られています。

避難所に入れる場合の準備

日本気象協会は、避難所へ移動するときに必要な物を公開しています。

水やレトルト食品などの食料、生活用品などを家族のリュックに分けて背負えるようにしておくよう呼びかけてます。

実際に何が必要かを含めてまとめました。

避難所へもっていく物(日本気象協会による)

日本気象協会では、以下の6つに分類して避難所に移動する時に持参するものを紹介しています。

【飲食料品】

・飲料水
・給水車からもらうためのポリタンク
・レトルト食品
・アルファ米
・缶詰、菓子類

【生活用品】

・歯ブラシ
・除菌ウェットティッシュ
・懐中電灯
・毛布

【情報確認手段】

・携帯電話充電器
・手回し充電式などのラジオ

【女性向け】

・生理用品

【乳幼児向け】

・スティックタイプの粉ミルク、哺乳瓶
・紙おむつ、お尻ふき

【高齢者向け】

・おかゆなど軟らかい食品
・常備薬、処方薬
・お薬手帳

*日本気象協会ホームページで紹介しています。

避難所に入れない場合

熊本の地震などでは、避難所に入れない方が多数いましました。

車中泊のエコノミークラス症候群

そのため、車の中にでの車中泊を続けると、エコノミークラス症候群などの発症により体に不調がでて、最悪では死に至ったケースもありました。

ペットがいる場合

ペットがいる場合も避難所には入れないケースがほとんどで、外での避難が避けられない事も報告されています。

アウトドア用テントやグッズの必要性

熊本地震では公園等が解放され、外にテントを貼り避難する方が多かったのです。

テントやテーブル、寝袋やランタンなどのアウトドアグッズは、そのほとんどが災害時に有用なものばかりです。

防災の観点からも、避難所が無理な場合や、自宅の倒壊の恐れがあり入れない場合などに備えて、思い切ってそろえておくことも提案されています。

防災のプロが用意した防災セット

様々な災害からプロが見繕った防災セットは、コンパクトで避難所でもそれ以外でも役に立つグッズがパックされています。

実績があり信頼のおける防災セット・グッズの会社3社とポータブル電源の1社を紹介します。

種類防災セット
セット防災士監修、非常用セット Safety Plus
セット≪防災安全協会認定 高防水ターポリンリュック採用≫ 防災セットLA・PITAシリーズ
セット防災セット【ディフィンドフューチャー】
電源キャンプや車中泊、防災の備えにも。ポータブル電源「エナーボックス」

まとめ

毎年確実に発生する自然災害の規模は温暖化の影響もあり、地震ではプレートの影響でいつ巨大地震が発生してもおかしくない時代を迎えました。

「こんなことになるとは思わなかった」というインタビューが多数報道されました。

大きな災害では、救助が来るとは限りません。

災害が起きてからでは、間に合いません。できる限り自分で身を護る最低限の準備は必要です。

なお(ライター@パパ家事)