「キャッシュレス化」についていけるか?電子マネー等の基礎知識。

2019年10月1日から、いよいよ増税がスタートしました。増税にともなって、消費が落ち込まないように「増税ポイント還元」が開始されました。

キャッシュレス化が大きく進む

それに合わせる様に「キャッシュレス化」も進んでいます。今年はキャッシュレス化が大きく進むようです。

キャッシュレス化と電子マネーなどを調べてみました。

2027年までにキャッシュレス決済を40%に!

わたしたち消費者がキャッシュレスで支払う「決済比率」を40%まで引き上げると政府は発表しています。

いまから約8年後には、支払い方法の40%がキャッシュレスという目標ですね。

そんな解釈でいいのでしょうか。

2019年の現在はキャッシュレスでの支払い割合は約20%ほどだそうです。

つまり、残り8年で2倍まで引き上げようとしているのです。

キャッシュレス化を進めるために政府は約2,800億円の予算を用意して「増税ポイント還元」を含む様々な施策をすすめているのです。

若い人はキャッシュレスに即順応できるのですが・・

60才を過ぎると、今まで使っていたクレジットカードを断捨離したり、ネット関連のパスワードが面倒で、なるべく簡単な現金支払いに戻ったりします。

しかし、この荒波にチャレンジすることになるのですね。

人生100年時代だから、まだ先が長いのです。(生きていればですが・・)

総人口に占める65才以上の高齢者人口の割合は28.1%と、過去最高なのです。

クレジットカードは「高校生を除く18歳以上」から作れると定めています。

なので、今後キャッシュレスのシステムは圧倒的に高齢者が使う割合が多くなるのではないでしょうか。


そもそも「キャッシュレス」とはなんぞや?

スイカ、PASMO、クレジットカード、pay payなどいろいろあって何が何だか面倒なのです。

キャッシュレスとは、どんな事なのでしょうか?

キャッシュレスの定義は、こう説明しています。

キャッシュレスとは、電子マネーやクレジットカードなど「現金を使わずに支払をする方法」全てのことを指します。

現金を使わないで、支払う方法なのです。

どんな種類があるのか?

(1)電子マネー、プリペイドカード

定期券で使っているスイカやPASMO、nanacoカードなどです。

事前にチャージ(入金)しておけば、レジにかざすだけでお買い物ができて、小銭いらずでとっても便利 なカードです。

(2)クレジットカード

おなじみのクレジットカードです。VISAカード等様々なクレジットカードです。JALやANA,楽天やヤフーが発行したりと、様々なクレジットカードがあります。

(3)デビットカード

ここら辺から使ったことの無いカードが出てきます。

買い物をするとその場で口座から引き落とされる即時払い方式のカードのことです。

クレジットカードと似ていますが、その場ですぐに口座から引き落とされるところが違います。

つまり、口座に入っている以上の金額は支払えないのです。

(4)スマホでの支払い

ここまでくると、年寄りのわたしたちには面倒この上ないのです。まず、スマートフォンが必要ですね。

そこに「クレジットカード」「銀行口座」「電子マネー」などを登録しておくのです。

すると、スマホを持っていれば支払うことができるのです。

スマホで支払う方法にも、いろいろ種類がある。

支払方法に種類があり、読み取り装置にタッチしたり、QRコード、バーコードを読み取り装置にかざして支払ったりします。

ちょっと慣れるまで、レジ前でスマホの操作で手間取ったりしますね・・・

今後、キャッシュレス化がどんどん進んで行く事はまちがいなのです。

世界のスタンダードは「キャッシュレス」なのです。その比率は40%を超えています。

お隣韓国でもすでにがカード支払いがメインです。出店や屋台までカード決済用の小さな端末を持っていて、カードで支払いします。現金支払いが蓮かしいほどカード社会です。

スマホ決済の安全性は大丈夫か?

そろそろ、スマホ決済に慣れる時なのですね。「クレジットカード」「銀行口座」「電子マネー」を登録して、実際に使い始めてみるのも良いですね。

しかし、セブンイレブンのセブンペイは、スタート早々に個人情報が流失した事故があり9月30日(月)をもって廃止されました。

セキュリティがしっかりとしているかどうかが、問題でもあります。

まとめ

キャッシュレス化は、今後まちがいなく進んでいくと思います。

IDやパスワード等を管理することが大前提ですから高齢者にとっては大問題です。

先日、スマホを置き忘れた高齢の方が、IDとパスワードを忘れてしまい、交番に駆け込んでも、スマホショップで相談してGPSで捜索するも、不明のままで打つ手がないと言われてしょんぼりしていました。いまだに探しています。

外国に行ってしまったのでしょうか?

初期設定方法が老若男女だれもで簡単に登録できるようなシステムの登場を待ち望んでいます。

なお(ライター@naoblog33.com)