カレーを鍋のママ冷蔵庫へ!食後のカレー鍋の簡単な洗い方。

年代・シーズンを問わず大人気のカレー。残ったカレーの保存とカレー鍋の簡単な洗い方をご紹介します。シンクをカレーで汚すことなく簡単に処理できます!

カレーは大人気ですね!

老若男女問わずカレー好きの日本人。春夏秋冬シーズンを問わず食べるカレー。夏は暑いから「夏カレー」で元気に、真冬は「体を温めるカレー」とレシピも読み切れません。

一人ではレトルトをたまに買いますが、やはり作ったカレーはおいしいのです。

残ったカレーをどうする?

カレー鍋とカレー
カレー鍋とカレー

さてみんなでワイワイと食べたカレーが鍋に残ってしまったらどうしますか?

そのままにしておくと、悪くなります。

そのままにしておくと、酸っぱい匂いがしたり、変な味がしたりと悪くなります。特に暑い夏は危険ですよね。一晩でも悪くなることもあります。

裏話ですが、そっとお玉でナベから直接、お口へ・・・ ありますね~ ちょっとだけってね!

これも、悪くなるスピードを早めます。よだれが混入すると悪くなるのも早いですから、気を付けましょうね。話しを戻します。

残ったカレーは、一般的に移し替えが面倒なのでお鍋ごと冷蔵庫に保管しますね。無精者にはとても簡単な方法です。保存は3日位は持ちますが、なるべく早く食べたほうが良いです。

もしカレーが、 お玉に2~3つ位の量が残ったら・・・

そのくらいの量でも、鍋ごと冷蔵庫に保管しておきましょう。翌日にでも、カレーうどんを作るのです。

冷蔵庫から取り出したカレー鍋に少々水をいれて火にかけてカレーを溶かします。そこに、好みで「めんつゆ」を入れます。

そうです、そこにうどんの玉をいれて「カレーうどん」にしてしまいます。ねぎを散らせば、立派な和風のカレーうどんが出来上がりです。

カレーうどん
カレーうどん

これでカレー鍋はキレイになりました。

では、カレーを完食した後の鍋はどうする?

お悩みは次の通り、食べ終わった後のカレー鍋の処理方法です。

・カレー鍋にカレーがくっついていて取れない、洗うのが大変。
・お玉にも、カレーが結構ついていて取るのが面倒
・洗剤もたくさん使うし、シンクもカレーの油で汚れる
・簡単に洗いたい

ここからが、アイデアのレシピです。

解決策がこれです!

特製カレースープにしてしまいます!

カレースープ
カレースープ

カレー鍋にスープを飲む人数分の水を入れます。

1.カレー鍋を火にかけて温めます。

2.残ったカレーが溶けて鍋のカベやナベ底から溶けます。

3.しつこく付着したカレーは、お玉でお湯をかける様に取ります。

4.鍋の内側をカレーを溶かしながら1~2周します。ほぼ終了。

5、コンソメ1個入れます。コショウをふりかけて出来上がり。

これは、実においしいのです。「カレーコンソメスープ」です。コンソメが無くてもいいですね。

結果

カレー鍋とお玉についていたカレーは、これで殆ど残っていないのです。

皆さんのお腹の中に消えました。おかげで、シンクを汚すことなく、洗剤も少量で済みます。

この技法は、山岳での食事から学びました。高山の登山ではテントの中でカレーを食べた後にこのような処理をして最後の1滴まで、キレイに利用するのです。

カレー鍋を簡単にキレイにする方法を紹介しました。

なお(ライター@naoblog33.com)