エブリィフレシャス(every frecious)「mini」と「tall」の違いと選び方

エブリィフレシャスは水道水を浄水して使うウォーターサーバー定額制使い放題。

エブリィフレシャスには「mini」と「tall」の2種類があります。

今回はどんな違いがあるのか詳しく解説します。

エブリィフレシャス「mini」と「tall」の違いとは?

エブリィフレシャスには2種類あり、どちらも水道水を浄水して使います。

  1. 「mini」(ミニ)
  2. 「tall」(トール)

はじめに「mini」と「tall」の違いを一覧表で比較しましょう。

エブリィフレシャスminitall
置き方卓上型床置き型
月額料金(税込)3,300円3,300円
除去物質数23種類23種類
タンク容量5.0L8.7L
水の温度冷水
ECO冷水
ECO温水
温水
冷水
ECO冷水
常温水
ECO温水
温水
高温水(再加熱機能)
電気代(月)約410円約360円
エブリィフレシャス「mini」と「tall」の比較表 2023年1月現在

1.エブリィフレシャス「mini」(ミニ)

エブリィフレシャスminiは卓上型です。

とってもコンパクトなサイズなので置き場所に困りません。

居間やキッチン、寝室などでもじゃまにならないサイズです。

2.エブリィフレシャス「tall」(トール)

エブリィフレシャスtallは、床置き型です。

縦長なので立ったままで使えるのがminiと違うところ。

tallもminiも浄水性能は同じ。

エブリィフレシャスが向いている方

違いは温水と冷水のタンクの容量です。

データから見るとtallは8.7リットリあるのにminiは5リットルと少ない容量。

miniの方は個人向けや2人に向いていると言えます。

一方tallはたっぷり温水と冷水の容量があるのでファミリーに向いてます。

電気代はtallの方が省エネで安いです。

実は、tallの方が最新のウォーターサーバーなので改良されているようです。

設置工事が不要

エブリィフレシャスはminiとtallどちらも水道水を補充して使うので設置工事が不要です。

つまり、水道水の蛇口近くに設置する必要はありません。

場所を選ばないので。家庭用100Vのコンセントがあれば基本どこにでも置けます。

エブリィフレシャスの選び方

miniとtallのどちらを選ぶかは、利用する目的によって変わります。

とはいえおすすめはtall。

床置き型の「tall」は場所さえ確保できればおすすめです。

理由は、省エネで電気代が安いこととタンク容量が5.7Lと大きいので水の補充が3日に1回位と楽になります。

エブリィフレシャスの新しいタイプの床置き型「tall」はそれまでの卓上型「mini」に新機能が以下のように追加されました。

★床置きの方「tall」の新しい機能

  • タンク容量:3.3L → 5.7L
  • 温度設定:4段階 → 6段階
  • 常温水が使える
  • 電気代:mini410円 → tall360円

温度設定が「ECO(弱)」、「高温水」、「常温水」が増えたことです。

ミルク調乳などが楽になり使い勝手が良くなったという口コミもあります。

また常温水が使えるので冷水が苦手だったりお腹の弱い方にもメリットがあります。

常温水が飲める水道水ウォーターサーバーは多くはないです。

常温水が使える水道水ウォーターサーバーは以下の機種が設定しています。

エブリィフレシャスは「mini」と「tall」の詳細はこちらから!

●エブリィフレシャス「tall」の公式サイト

●エブリィフレシャス「mini」の公式サイト

まとめ:エブリィフレシャス「mini」と「tall」の違いと選び方

エブリィフレシャス「mini」と「tall」の違いと選び方を解説しました。

miniはコンパクトで使いやすいですがファミリーよりも個人利用や2人に向いています。

tallは温水冷水のタンク容量が大きいのでファミリー向けにおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました