ウォーターサーバーのエコモードの電気代は安いの?エコモードを比較してみた!

サーバー基礎知識

ウォーターサーバーのエコモードの電気代は、本当に安いのでしょうか?

もしかして、ウォーターサーバーのエコモードは、期待したような効果が無いと思っていませんか?

実は、ウォーターサーバーのエコモードは、思った以上に進化しています!

中には、電気代が通常の1/3までエコになったものもあれば、月「150円」という超エコなウォーターサーバーもあります。

今回はウォーターサーバーの、

・エコモードとは?
・2社のエコモード電気代の事例
・エコモードのあるウォーターサーバー

を紹介します。

ウォーターサーバーのエコモードの電気代が分かります。

ウォーターサーバーのエコモードとは?

冷水や温水のおいしい水がすぐに飲めて便利なウォーターサーバーが人気ですね。

しかし、ランニングコストが気になります。

ウォーターサーバーは、電気代が高くつくのでは・・・?

エコモードや節電モードは、そんなに電気の省エネ効果は期待できないのでは・・・?

と導入を迷っている方も少なくはありませんよね。

当然です!

つい最近まで、ウォーターサーバーは高くつくと言われてきたのですから・・・

ウォーターサーバーの電気代は、一般的に月々約1,000円前後と言われています。

電気ポットより少しかかる程度の電気代です。

ウォーターサーバーには、「エコモード」という節電タイプがあります。

電気代を節約する機能で、「エコモード」「省エネモード」「節電モード」などメーカーによって呼称はさまざまです。

この記事では「エコモード」と呼ぶことにします。

最新のエコモードを使うと電気代が、かなり節約できます。

エコモードのタイプは2つある

エコモードを調べてみると機能には大きく次の2種類あります。

  1. 暗くなると、自動でエコモードになる
  2. 使わないと、自動でエコモードになる

2つのエコモードの機能を順番に説明します。

(1)暗くなるとエコモードになる

この機種は、周りが暗くなると電気を節約するエコモードに自動で切り替わります。

例えば、夜になってリビングの照明を消すとウォーターサーバーは明るさを感知して自動でエコモードになります。

すると、温水の温度を下げたり、冷水の温度を上げたりして使う電気の量をコントロールしてくれます。

(2)使わないとエコモードになる

使わない時間に自動でエコモードになる機能です。

不在や留守、就寝等の理由でウォーターサーバーをある一定の時間使わないことがあります。

メーカーの中には、両方の機能を備えた機種もあります。

ウォーターサーバー2社のエコモード電気代の例

エコモードによる節電効果の高い代表的な2社のウォーターサーバーを調べてみました。

(1)ウォータースタンドのエコモード

最新の『瞬間冷温水機能』をもつ『ガーディアン』の電気代は、月150円です。

さかなクンのCMで話題のウォータースタンド は、エコモードが特に進んでいるといえます。

例えば、ウォータースタンド「ガーディアン」は、サーバーそのものがエコモードなのです。

瞬間的に冷水や温水にするので、温水・冷水を保温するタンクがありません。つまり、保温するための電気が不要なのでエコモードも不要なのです。

ウォータースタンド「ガーディアン」以外の機種では、温水・冷水のタンクがあるので、2つのエコモードが次のようにあります

  • 「節電モード」
  • 「省電力モード」

「節電モード」 は、部屋が暗くなると光センサーが感知して、自動的に節電状態になります。

「省電力モード」は、部屋が明るく光センサーが感知しない時でも、約9時間連続して使用しないとに自動的に切り替わります。

(2)フレシャスのエコモード

人気のフレシャス「デュオ」の電気代は、従来型の1/3程度になり、月330円です。

デザインで人気のフレシャス のエコモードは、

  • 「SLEEP機能」
  • 「エコモード」

の2つがあります。

「SLEEP機能」は、部屋の明るさを自動で感知し、温水の電源を一時的にオフにして、不要な電力の消費を抑えてくれます。

「エコモード」は、温水温度を低めの70度に設定します。ホットドリンクを飲まない季節の節電に効果的です。

エコモードのあるウォーターサーバー一覧

各メーカーでは工夫をこらしたエコモードを取り揃えています。

エコモードによる電気代の節電効果は、各社基準が違うので比較はできませんでした。

そこで、代表的なウォーターサーバーの通常の電気代と各社のエコモードの呼称を一覧にしました。

メーカー電気代
月額
エコモード
呼称
ウォータースタンド150~1200円節電モード
省電力モード
楽水800円ECOモード
ハミング
ウォーター
475円エコモード
フレシャス
ミニ
410円SLEEP機能
エコモード
アクアバンク1000円ECOモード
フレシャス330~750円SLEEP機能
エコモード
信濃湧水472円~エコサーバー
ECOモード
プレミアム
ウォーター
630~1,188円ECOモード
コスモ
ウォーター
400~500円エコモード
アルピナ1000円ECOモード
クリクラ765円エコモード
エコモード比較

ウォーターサーバーのおすすめエコタイプ5社

エコタイプのあるウォーターサーバー5社をピックアップしました。

エコタイプのウォーターサーバーを選ぶ時に、ぜひ参考にしてください。

ウォータースタンド

★目安:月4,378円で使い放題
・全て込みなのでかなりお得!
・節電モード、省電力モード
■特徴:水道直結型
・RO水、浄水から選べる。
・抜群のフィルター能力を誇る
■レンタル料 定額制(月額)
・浄水:4,378円(ネオ)~
・RO水:5,808円(S3)~
■水料金:0円
・使った水道料金のみ
■電気料金(月額)
・150円~1,200円

プレミアムウォーター

★目安:月に天然水24Lで4,233円
・ECOモード
■特徴:宅配水型 天然水
・天然水で人気の定番サーバー
・機種も豊富で選べます
■レンタル料:無料
■水料金
・2年契約:24L 4,233円
・3年契約:24L 3,972円
■電気料金(月額)
・通常:630円~1,188円
・エコ:500円~1,080円

フレシャス

★目安:月約2,231円で天然水
・天然水は有名な採水地。
・おいしい天然水が選べる
・SLEEP機能、エコモード
■特徴:宅配水型 天然水
■レンタル料(月額)
・550~1,320円
■水料金(税抜価格を計算)
・4.7L:999円~
 9.3L:1626.5円
■電気料金(月額)
・330円~750円

楽水ウォーターサーバー

★目安:月3,278円で使い放題
・ECOモード
■特徴 水道直結型
・浄水、RO水が選べる
■レンタル料 定額制(月々)
・浄水:3,278円
・RO水:4,378円
■水料金:0円
・使った水道料金のみ
■電気料金(月額)
・800円

コスモウォーター

★目安:月24L 4,180円で天然水
・天然水がこの料金はお得です
・エコモード
■特徴:宅配水型 天然水
■レンタル料:無料
■水料金
・12L 2,090円
・最低2個4,180円から
■電気料金(月額)
・400円~500円

タイトルとURLをコピーしました