ウォーターサーバーのエコモードの電気代は安いの?エコモードを比較してみた!

ウォーターサーバーのエコモードの電気代は、本当に安いのでしょうか?

もしかして、ウォーターサーバーのエコモードは、期待したような効果が無いと思っていませんか?

実は、ウォーターサーバーのエコモードは、思った以上に進化しています!中には、電気代が通常の1/3までエコになったものもあれば、月「150円」という超エコなウォーターサーバーもあります。

今回はウォーターサーバーの、

・エコモードとは?
・2社のエコモード電気代の事例
・エコモードのあるウォーターサーバー

を紹介します。

ウォーターサーバーのエコモードの電気代が分かります。

ウォーターサーバーのエコモードとは?

冷水や温水のおいしい水がすぐに飲めて便利なウォーターサーバーが人気ですね。しかし、ランニングコストが気になります。

  • ウォーターサーバーは、電気代が高くつくのでは・・・?
  • エコモードや節電モードは、そんなに電気の省エネ効果は期待できないのでは・・・?

と導入を迷っている方も少なくはありませんよね。

当然です!

つい最近まで、ウォーターサーバーは高くつくと言われてきたのですから・・・。ウォーターサーバーの電気代は、一般的に月々約1,000円前後と言われています。電気ポットより少しかかる程度の電気代です。

ウォーターサーバーには、「エコモード」という節電タイプがあります。

電気代を節約する機能で、「エコモード」や「省エネモード」「節電モード」などメーカーによって呼称はさまざまです。この記事では「エコモード」と呼ぶことにします。

最新のエコモードを使うと電気代が、かなり節約できます。

エコモードのタイプは2つある

エコモードを調べてみると機能には大きく次の2種類あります。

  1. 暗くなると、自動でエコモードになる
  2. 使わないと、自動でエコモードになる

2つのエコモードの機能を順番に説明します。

(1)暗くなるとエコモードになる

この機種は、周りが暗くなると電気を節約するエコモードに自動で切り替わります。例えば、夜になってリビングの照明を消すとウォーターサーバーは明るさを感知して自動でエコモードになります。すると、温水の温度を下げたり、冷水の温度を上げたりして使う電気の量をコントロールしてくれます。

(2)使わないとエコモードになる

使わない時間に、自動でエコモードになる機能です。不在や留守、就寝等の理由でウォーターサーバーをある一定の時間使わないことがあります。メーカーの中には、両方の機能を備えた機種もあります。

ウォーターサーバー2社のエコモード電気代の例

エコモードによる節電効果の高い代表的な2社のウォーターサーバーを調べてみました。

(1)ウォータースタンドのエコモード

最新の『瞬間冷温水機能』をもつ『ガーディアン』の電気代は、月150円です。

CMで話題のウォータースタンド は、エコモードが特に進んでいるといえます。

例えば、ウォータースタンド「ガーディアン」は、サーバーそのものがエコモードなのです。

瞬間的に冷水や温水にするので、温水・冷水を保温するタンクがありません。つまり、保温するための電気が不要なのでエコモードも不要なのです。

ウォータースタンド「ガーディアン」以外の機種では、温水・冷水のタンクがあるので、2つのエコモードが次のようにあります

  • 「節電モード」
  • 「省電力モード」

「節電モード」 は、部屋が暗くなると光センサーが感知して、自動的に節電状態になります。「省電力モード」は、部屋が明るく光センサーが感知しない時でも、約9時間連続して使用しないとに自動的に切り替わります。

(2)フレシャスのエコモード

人気のフレシャス「デュオ」の電気代は、従来型の1/3程度になり、月330円です。

デザインで人気のフレシャス のエコモードは、

  • 「SLEEP機能」
  • 「エコモード」

の2つがあります。

「SLEEP機能」は、部屋の明るさを自動で感知し、温水の電源を一時的にオフにして、不要な電力の消費を抑えてくれます。「エコモード」は、温水温度を低めの70度に設定します。ホットドリンクを飲まない季節の節電に効果的です。

エコモードのあるウォーターサーバー一覧

各メーカーでは工夫をこらしたエコモードを取り揃えています。エコモードによる電気代の節電効果は、各社基準が違うので比較はできませんでした。そこで、代表的なウォーターサーバーの通常の電気代と各社のエコモードの呼称を一覧にしました。

メーカー電気代
月額
エコモード
呼称
ウォータースタンド150~1200円節電モード
省電力モード
楽水800円ECOモード
ハミング
ウォーター
475円エコモード
フレシャス
ミニ
410円SLEEP機能
エコモード
アクアバンク1000円ECOモード
フレシャス330~750円SLEEP機能
エコモード
信濃湧水472円~エコサーバー
ECOモード
プレミアム
ウォーター
630~1,188円ECOモード
コスモ
ウォーター
400~500円エコモード
アルピナ1000円ECOモード
クリクラ765円エコモード
エコモード比較

まとめ

ウォーターサーバーは冷水温水を使うため電気を使います。

エコモードで省エネタイプを選べば維持費も節約できます。

選ぶ時はエコモードなども調べましょう!

タイトルとURLをコピーしました