羽田空港パワーラウンジが無料「利用可能なクレジットカード」

役立つ情報とグッズ
この記事は約5分で読めます。

羽田空港で出発までの待ち時間を過ごす有料ラウンジがあります。

クレジットカード提示で無料利用できるサービスの使い方と利用できるクレジットカードを紹介します。

スポンサーリンク

空港ラウンジはとても便利です。

航空機を利用する場合は出発までの待ち時間をいかに過ごすかが問題です。

理由は時間がかなりあるからです。

そんな待ち時間をゆっくりとリラックして過ごせるのが「ラウンジ」です。

搭乗履歴やステータス等の条件によりJAL、ANA等の航空会社の待合室ラウンジでは、お酒やソフトドリンク、おつまみ、軽食の他、雑誌、新聞の読み物、フリーWiFi等が用意されていて自由に利用できます。

また、ソファーやテーブル、PC用の電源も配置されていて、ほぼ数時間いても疲れないでリラックスできる贅沢な空間なのです。

そんなラウンジの中で、羽田空港の国内線ターミナルにある「パワーラウンジ」を紹介したいと思います。

航空会社が提供しているラウンジとは別で、クレジットカードの提示により無料で使えるのです。

スポンサーリンク

羽田空港国内線のパワーラウンジ

はじめに、羽田空港国内線旅客ターミナルにある「パワーラウンジ」の概要を説明します。

第1ターミナルのパワーラウンジ(JAL、SKY、SFJ)

第1ターミナルは、JALグループ、SKY(スカイフライヤー)、SFJ(スターフライヤー)が就航しています。 SFJの北九州・福岡空港行き以外は第2ターミナルです。

第一ターミナルは3カ所あります。

  • POWER LOUNGE SOUTH  133席  6:00~21:00
  • POWER LOUNGE NORTH  150席  6:00~20:30
  • POWER LOUNGE CENTRAL 40席  6:00~20:00
    合計323席

第2ターミナルのパワーラウンジ(ANA、ADO、SNA、SFJ)

第2ターミナルは、ANA、ADO(エアドゥ)、SNA(ソラシドエアー)、SFJ(スターフライヤー)が就航しています。SFJの山口宇部・関西空港行き以外は第1ターミナルです。

第2ターミナルは3カ所あります。

  • POWER LOUNGE NORTH  140席 6:00~21:30
  • エアポートラウンジ(南)  100席 6:00~20:00
  • POWER LOUNGE CENTRAL  68席 6:00~20:00
    合計308席

サービス内容・利用料金

羽田空港国内線のパワーラウンジは、航空会社のラウンジとは違い飲み物はアルコール無しでソフトドリンクのみとなります。雑誌・新聞、無料WiFiが利用できます。

パワーラウンジのサービス内容・利用料金は共通です。

  • ラウンジ&化粧室の利用(全席禁煙)
  • 無料ドリンクサービス(ソフトドリンクのみ)
    無料WiFi、雑誌・新聞
  • 1名 1,100円(税込)
  • 4歳~12歳 550円(税込)
  • 0歳~3歳 無料

シャワーを利用する場合は別途1,100円(税込)かかります。

パワーラウンジの利用手順

パワーラウンジを無料で使うためには、クレジットカードが必要になります。

クレジットカードの種類も絞られますので、ご確認ください。

スポンサーリンク

無料での利用方法

(1)本人名義のクレジットカードと当日の搭乗券または控えをラウンジの受付に提示します。

(2)受付の方がクレジットカードをチェックします。

(3)受付が終わると無料で利用できます。

尚、通常本人の同伴者は、有料となります。

ただし、アメリカン・エキスプレスカードとポルシェカードのみ当日の搭乗券があれば同伴者1名まで無料で使えます。

スポンサーリンク

ラウンジ利用が無料になるクレジットカード

パワーラウンジの利用が無料になるのは以下のカードが対象となります。

  • ダイナースクラブ
  • Visaプラチナカード、 ゴールドカード
  • JCB (ザ・クラス、プラチナ、ゴールド・ザ・プレミア、 ゴールド)
  • UC(ゴールドカード・ ヤングゴールドカード)
  • MUFGカード(プラチナ、ゴールドプレステージ、プレミオ)
  • DC(ゴールドカード、ゴールドカードヴァン)
  • NICOS(ゴールドカード、プレミオ )
  • Orico(THE PLATINUM、The Gold、Gold UPty、THE WORLD)
  • ライフカードゴールド、ビジエンス・ビジネス、カードゴールド
  • TS3(ゴールドカード、レクサスカード)
  • 楽天(プレミアムカード、ブラックカード、ゴールドカード)
  • エポス(プラチナカード、エポスゴールドカード )
  • AEONゴールドカード
  • 三越 M CARD GOLD、MICARD GOLD、伊勢丹アイカードゴールド
  • アメリカン・エキスプレス(ブルーカード、および一部の法人カード、提携カードを除く)
  • アプラス(World Elite Mastercard®、World Mastercard®、Gold Card)
  • ジャックスカード(プラチナ、ゴールド)
  • OCS-VISAゴールドカード
スポンサーリンク

おすすめのカード

このカードの中からおすすめのカードは、三井住友VISAゴールドカード三井住友VISAプライムゴールドカードです。

三井住友VISAカードは、安心の銀行系VISAカード最大手となります。

ハードルの低い条件割引を利用して、メリットは年会費を抑えてゴールドカードが持てることです。

20才限定のカードもあり、学生でも利用が可能になります。

羽田空港パワーラウンジ(国内クレジットカードラウンジ)を利用できて、年会費もリーズナブルであるため、おすすめのカードです。

三井住友ゴールドカード

年会費(税別・最大割引後):4,000円(通常10,000円) *割引条件難易度は低い

条件:30歳以上で安定した収入があること

家族カード:1名無料 以降1名1,000円(税別)

三井住友プライムゴールドカード

プライムゴールドカードは、20才代専用のゴールドカードです

年会費(税別・最大割引後):1,500円(通常5,000円) *割引条件難易度は低い

ゴールドカードとほぼ同じ特典が受けられます。

条件:20才代のみ

家族カード:1枚無料で作れます。

スポンサーリンク

おわりに

羽田空港の国内線ターミナルで利用できるパワーラウンジを紹介しました。

合わせて利用するために必要なクレジットカードで国内大手のカード会社も紹介いたしました。

よく使う方には仕事や資料整理等、時間を有効に使えて便利なラウンジです。

情報:羽田空港国内線旅客ターミナル

なお(ライター@パパ家事)

タイトルとURLをコピーしました