温泉にでも行きたいけど、ガソリン価格が高い!価格はどのように決まるの?

新型コロナとくらし

自粛生活もちょっと中休みだから、温泉にでも行こうと思ったら、異常なガソリンの高値が続いている。

ガソリンの価格はだれが決めているのでしょうか?

本記事では

  • ガソリンの価格はどう決まるのか?
  • 今後ガソリン価格はどれ位値上がりするのか?
  • 高いガソリン価格への対策

生活に直結するガソリンの値段について調べてみました。

スポンサーリンク

ガソリンの価格はどう決まるのか?

ガソリンの価格はどのように決まるのか、まずは基本をしっかりとおさえておきたいと思います。

ガソリンの価格が決まる背景には、ガソリンの原料の「原油価格」の変動があります。また、為替の動向やガソリンの需要と供給のバランスなど複雑な要因によって変わっていきます。

つまり「原油価格」が高くなると、ガソリン価格も高くなります。では原油価格はどのように決まるのでしょうか?

原油価格は需要と供給のバランスで決まります。

今回のガソリン価格の高値の原因は次の通りです。

OPEC加盟国と非加盟国のロシアやメキシコなどで構成する「OPECプラス」は、コロナ禍で昨年から「大規模な協調減産」を続けていることが挙げられます。世界的なコロナのパンデミックによりガソリンの需要が減少することから原油の大規模な減産を続けているというのです。

10月4日に、OPECプラスの閣僚級の会議を開かれましたが、コロナ感染の先行きが不透明との理由で原油の増産は見送ることになりました。世界的な航空機の減便や物流の停滞など、この先解消されるかどうかが見えないことも理由のひとつではないかと言われています。

新たなコロナの変異株によって世界経済がまた停滞するかも知れない不安もありますよね。なので、原油の増産には慎重になっているのではないかと思われます。

このため需要が増えつつあっても供給が少ないのでガソリン価格も高騰しています。

さらに、アメリカを襲った複数のハリケーンの影響で原油施設が被害を受けたことも影響していると言われています。

そればかりか、円安が進んでいて原油を調達する価格の上昇もガソリン価格の高騰を後押ししています。

最終的なガソリンの小売価格はガソリンスタンド各店舗が決めるので、経営が厳しいガソリンスタンドでは価格に反映させることにもなります。

このような複雑な経済の仕組みの中でガソリン価格は決まっていくのですね。それも日々変動しながらです。

今後ガソリン価格はどれ位値上がりするのか?

経済産業省 資源エネルギー庁が令和3年10月20日に公表した「石油製品価格調査の結果」によれば、ガソリン、軽油、灯油の現金小売価格は次の通りです。

石油製品価格調査の結果

10月18日(月)時点のガソリン等の店頭現金小売価格調査の結果は以下のとおりとしています。

  • レギュラーガソリン:164.6円/L 前週の162.1円と比べ2.5円値上がり(7週連続の値上がり) 
  • 軽油:144.4円/L 前週の141.9円と比べ2.5円値上がり(7週連続の値上がり)     
  • 灯油:103.3円/L(1,860円/18L) 18L価格は前週の1,814円と比べ46円値上がり(7週連続の値上がり) 

直近1ヶ月の動き

引用:経済産業省 資源エネルギー庁 石油製品価格調査の結果 令和3年10月20日公表
引用:経済産業省 資源エネルギー庁 石油製品価格調査の結果 令和3年10月20日公表

ガソリン小売価格の都道府県別の動き

引用:経済産業省 資源エネルギー庁 令和3年10月20日公表

7週連続の値上がりが続いています。

この先ガガソリンの価格は値上りは続くのでしょうか?

市場関係者の情報によると、レギュラーガソリン1Lの価格は年内170円台にまで値上がりするとの予測もあります。一般的には「年末までは原油価格の高騰、高止まりが続く」との見方が多いようです。

値下がりするためには、①産油国が増産に踏み切ること、②円高になること。③新型コロナが収束に向かい経済活動が回復すること。この条件により原油価格が下がるのではないかとのとして見方をしています。

参考資料:経済産業省 資源エネルギー庁「石油製品価格調査の結果」
(令和3年10月20日(水)14時公表)https://www.enecho.meti.go.jp/statistics/petroleum_and_lpgas/pl007/results.html

高いガソリン価格への対策

家庭においてはガソリン価格は家計に大きく響きます。そればかりか、灯油については暖房に直結するためこれから冬に向かう季節は過度な節約はできませんね。

必要なところには無駄なく使い、がまんできるところは我慢することが大切だと思います。しばらくは経済活動へ協力しつつ回復を期待して、原油価格が安くなることと、新型コロナの第6波が小さな波で収まることを願うことかもしれません。

まとめ

ガソリン価格の高騰は、様々な条件が関連しあってそのバランスで決まることがわかりました。この記事をまとめると次の通りです。

  • ガソリンの価格は原油価格、為替、新型コロナの動向等が複雑に関連して決まる。
  • ガソリン価格は年内は高値が続く予測
  • 対策は、無駄をなくすこと、コロナ収束への予防など、個人でもできる協力をしていくこと

とはいえ、冬に向かうこれからの季節、灯油の高騰は厳しいものがあります。私たち一人一人の地道な節約が必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました