Googleの「量子コンピュータ」なんだこれは!次元が違う超高速処理とは?

生きている間にこんなことに出会うのはラッキーなことです。Googleの量子コンピュータというすごいスペックのコンピュータが出現したのです。

Googleの量子コンピュータとはなんだ?

米Googleは10月23日(現地時間)に計算能力が、スーパーコンピュータなど従来型のコンピュータを上回ることを示す「量子超越性」を実証したと発表したのです。

Googleのブログ記事によると、次の様につたえているのです。


「当社のマシンは200秒で目標の計算処理をこなした。われわれは実験における測定結果から、世界最速のスーパーコンピューターが同じ結果を出すには1万年かかると結論づけた」

引用:Google AI Blog

乱数を生成する「ランダム量子回路サンプリング」という問題を量子コンピュータに解かせたのせす。

この計算にはスーパーコンピュータで1万年かかる計算を、わずか200秒(3分20秒)で解いてしまったというのです。

その計算能力は想像もつきません。革命的なデータ処理手法の開発のなかでの成果、「量子超越性」というものだそうです。

Googleが独自開発した量子プロセッサー「Sycamore」は、53個の量子ビットを搭載しているのです。

従来の汎用プロセッサーとの違い

現在使われているコンピュータのプロセッサーはムーアの法則にしたがって発展してきたのですが、近年その成長に陰りが見えてきたところに現れた今回の量子コンピュータ。

しかし、このコンピュータを使うには扱いにくく相当な利用環境の制約があるため、現在私たちが使っているようにはいかないようです。

なので、「従来型のコンピュータの加速装置」としての位置づけで必要とされるようです。

まとめ

過去にスーパーコンピュータの計算速度を説明する時に「光が30cm進む間に、1回計算する」という例えを用いた時代を経て来た私たちは、あらたなステージの量子超越性という理論を実証したことは、当時はとても信じられないことでした。

それが現実となり、今後金融関連や新薬開発等の分野で卓越した計算能力により、わたしたちが受ける恩恵は相当なものとなるのでしょう。

なお(ライター@naoblog33.com)