グアム風ピラフ【パパ家事】流の朝食

今朝のごはんは、グアム風のピラフです。グアムの朝食で美味しかった記憶があって、今朝天気が良かったので作りました。

グアム風ピラフは、残りご飯からスタート

朝起きたら、冷蔵庫の中に夕べの残りご飯がはいっていました。いろいろ考える。カレーが少し鍋に残っている・・・

その1.ピラフをつくろう

いつものタマゴチャーハンを作ろうと準備して、いざ鉄鍋の出番。

ごはんを投入したところ。前回の写真です。
ごはんを投入したところ。前回の写真です。

ここで、グアムを突然思い出しました、朝から天気が良く、気持ち良かったからです。

メニューの変更です。南の国といえば、イエローのピラフです。

クミン、ターメリック、オレガノ
クミン、ターメリック、オレガノ

そこで、ターメリックを投入します。ついでに、クミンとオレガノでちょっとリゾート気分を出します・・・

いつものタマゴチャーハンが出来上がる寸前に、入れてみます。

イエローのピラフに変わりました。簡単です。

あのホテルのピラフに見えます・・・

食べて見たら、美味しいです!中華のチャーハンとはまるで違う感覚になりました。

その2.まめサラダです。

夕べから冷蔵庫で冷やして置いたサラダに、マメをのせて完成です。たんぱく質がとれます。

マメのこだわりについて

マメは、スーパーで売っている「蒸し大豆」を使います。理由は、煮豆や茹でまでだと栄養が流れ出ている可能性があるから。蒸し大豆は、蒸すだけなので栄養がしっかりと残っていると信じでいます。

ダイエットのため、お酢を掛けて頂きます。

マメをトッピングした、朝サラダです。

その3.カレースープ

カレーを作って、ナベに少しだ残っています。スプーン4杯位です。

チョットだけカレーが残ったナベにスープカップ3杯分の水を入れて、火にかけます。しばらくすると、熱くなってきますので、おたまでナベのカベに付いているカレーをお湯で溶かしていきます。

すると残ったカレーと鍋のカベに付いていたカレーがお湯に溶けてカレースーㇷ゚になります。

それをカップに入れて、ネギのスライスを落とすと大変美味しいカレースープが完成します。

ナベに付いていたカレーも無くなり、洗うのが楽になります。この方法は、登山で使った食器を洗うの同時にスープになるので便利な方法です。山では、コンソメで洗います。

まとめ

残り物ですが、工夫で美味しい朝ごはんが完成しました。土曜日で久しぶりのママですが、朝から喜んでくれました。

なお(ライター@naoblog33.com)