そのニオイ、ワキガと思い込んでいませんか? チェック方法と予防について

最近、ワキガによるニオイが気になる人が増加していますね。

ニオイって結構敏感なものです。自分では気が付かなかったり、逆にニオっていると思い込んでいたり様々ですね。

ワキガのニオイの原因はなに?

ワキ毛のあるところに、アポクリン腺とエックリン腺があります。

そして、その発達がよい場合にニオウのです。

主としてアポクリン腺が臭いエックリン腺が多汗に関与します。アポクリン腺から分泌する脂肪酸に皮膚の常在菌などの雑菌がまざり、臭いを出すのです。

アポクリン腺は、ワキの下、へその周り、性器、肛門の周辺など、体の一部にだけ分布しているのだそうです。

ニオっているのか、いないのか、しっかりと確認です!

あたり前ですが、思い込みは気持ち的にも行動的にも損しますよね。本当は大丈夫なのに、過敏になって「大丈夫かな?」などと行動も消極的になってしまいます。

日本人は清潔志向が高い国民なので、本当はそんなにニオっていないのにワキの下にちょっと汗をかいても、ワキガ体質だと勘違いする人も多いのかもしれません。

しっかりと確認することが必要です。

ワキガの体質の可能性はどうかな?

まずは、ワキガ体質の可能性があるかどうかを確認する一般的なチェックリストで確認しましょう。

当てはまる項目が多い時は、ワキガ体質の可能性もたかくなるようです。

自己チェックリストです。

□耳アカが湿っている
□ワキ毛が多く、太い
□衣服のワキの部分が黄ばむ
□ワキガ体質の肉親がいる
□両親のいずれかの耳アカが湿っている
□ワキの下に汗を多くかく
□肉中心の食生活である

心配な場合は、相談しましょう。

チェックが入った項目が多かったり、心配な場合は医療機関で相談しましょう。ワキガは軽度の場合を除き保険が適応されるので安心ですね。


普段から体は清潔に保ちましょう!

どの様にしたら清潔にしかもニオイを予防できるのかを調べました。すると世の中にたくさんの方法が紹介されています。

その中から自分で出来そうなことを選んでみました。

ワキの下は、いつも清潔にする

シャワーを1日に1回以上を浴びて、ワキの下の汗を流し、そこの皮膚などにいる細菌の数を減らすことです。

シャワーの後で良く乾かす

シャワーを浴びた後に、ワキの下をタオルでよく拭き、しっかり乾かすことです。皮膚が渇くと細菌は増えにくくなるからです。

吸汗性にすぐれたシャツを着る

汗をかいたら、まず着替えるようにすることです。吸汗性に優れたシャツ汗を吸うので、汗によるワキの下の細菌の繁殖を抑えられるからです。

デオドラントや制汗剤を使用する

デオドラントは、皮膚を酸性にして細菌の活動をおさえ、制汗剤は、汗を抑えるのです。

汗を抑えて細菌の活動をおさえると、臭いもおさえられるという仕組みですね。べビーパウダーも汗には良いので使う人もいるようです。

>>> ニオイが気になったら、殺菌成分×制汗成分で消臭対策

まとめ

日本人は大変きれい好きで清潔感の高い国民なのです。思い込みで「ワキガ」ではないかと悩む方もいるので、是非、チェックしてみましょう。

大切なのは、当たり前ですが、特にワキの下を日々清潔にたもつことと、継続する努力ですね。

なお(ライター@naoblog33.com)