秋は『きのこ』を食べて健康に!菌活と効果

美容と健康
この記事は約3分で読めます。

味覚の秋がそろそろやってきます。ここで見逃せないのが「きのこ」です。菌活は有名な健康方法の一つです。きのこで菌活をして健康になりましょう。

スポンサーリンク

秋の味覚「きのこ」がおすすめの理由とは?

健康を保つ菌活をするときの菌の中では特に、秋の味覚で人気の「きのこ」がおすすめなのです。きのこは国内に約5,000種類もあります。

おすすめの理由は、きのこは唯一人間の「目に見える菌」なのです。

さらに、健康効果が期待できるもう一つの理由は、菌のかたまりだからともいわれています。

きのこ菌活のメリット

菌類が含まれる食材を進んで摂取することを「菌活」といいます。

今から6~7年前に新しく出てきて、注目を集めた言葉なのです。

きのこ、納豆、チーズ、ヨーグルト、味噌、塩麹など、菌の働きを利用してつくる食品は、ビタミンをはじめとした豊富な栄養を含むことから、整腸作用や美肌効果、老化防止などが期待できるとされています。

菌がもっている健康パワー

菌には細菌(さいきん)と真菌(しんきん)の2つがあります。そこには、健康によいパワーが含まれているのです。

真菌が含まれているきのこ類は整腸・便秘予防・美肌効果・免疫力調整作用があります。

ここで細菌と真菌についてさらに分類されるので、一応紹介しておきます。

細菌(英語:バクテリア)には、乳酸菌、酢酸菌、納豆菌の3つあります。

乳酸菌は、整腸・便秘予防・免疫力調整作用があり食べものには、チーズ・ヨーグルトなどがあります。

酢酸菌には疲労回復・殺菌作用・メタボ予防効果があり穀物酢や果実酢などに含まれます。

納豆菌は、血栓溶解作用・骨の強化作用があり納豆などに含まれています。

真菌には麹菌・酵母菌の2つがあります。

きのこ類、麹、酵母に含まれていて健康には良いのです。

麹菌 はうまみ添加・食欲増進・消化吸収促進作用があります。

酵母菌には便秘解消、血糖値の上昇抑制作用があります。

秋になったらリズム運動も取り入れて元気に!

秋に向かう時は日照時間が減っていくと同時に、体のセロトニンが減っていきますので「落ち込んだ気分」「悲しいような気分」になることがあります。

セロトニンは、脳の神経伝達物質です。精神の安定や自律神経のバランス、体内時計の調整などに関与している重要な物質です。

セロトニンが減少すると、なんとなく体がダルい、気分が落ち込む、やる気がでない、過食気味、眠気がとれないなどになることがあります。

リズム運動をすると改善するので簡単なウォーキングなどするといいですよ。「気持ちが良い、またやりたい」と感じる程度が効果的なのです。

セロトニンは、疲れるほど運動すると逆に減ってしまうので注意が必要です。頑張らない程度が重要です。

まとめ

きのこには、ビタミンをはじめとした豊富な栄養を含むことから、整腸作用や美肌効果、老化防止などが期待できるとされています。

秋にはきのこを食べて腸内環境を整えましょう。きのこを食べるとダイエットになります。2キロはやせますので、きのこスープなどどんなきのこでもいいのでスープに刻んで入れて飲むと効果があります。

タイトルとURLをコピーしました