家事代行サービス「他人が家に入る不安」知っておきたい注意と対処方法

家事をやろう!
この記事は約3分で読めます。

共働きが一般的になってきた子育て世代の間では、
家事代行の人気が高まっています。

しかし、その代行料金と
他人が自分の家に入るということが
いちばん大きな不安となっています。

実際に他人が家に入ることについて
家事代行サービス会社は
不安解消にどの様な対策をしているのかを
調べました。

スポンサーリンク

家事代行で他人が家に入る不安

いままで家事代行を依頼したことのない人は
他人が自分に家に入って家事を代行することに
大きな不安を感じます。

どんな人が家に入って家事をするのかが
わかりません。

スポンサーリンク

どんなトラブルは何が多いのでしょうか?

起こってほしくないトラブルですが
どんなことが起きているのかを
リクルートグループのSUMOで調べてみました。

家事代行サービスのトラブルで一番多いのが、家財道具の破損。いくら家事のエキスパートとはいえ、スタッフにとって利用者の家は初めて行く不慣れな場所。不必要に散らかっていたり、気付きにくい場所にものが隠れていると、うっかり壊したり傷つけたりといったケースが少なくないようです。また、貴重品を誤って処分されてしまった、置いてあった現金や貴金属がなくなったといった窃盗のトラブルもあるようです。

出典:SUUMOジャーナル2017年3月17日号より

やはり不安に感じていることが発生することもあるようです。

家事代行サービスのスタッフは初めての家に入るので
不安もあるようです。

散らかっていて目に付かない所に貴重品があったり
待ちがって踏んでしまったりなど
破損が生じるトラブルも発生するようです。

家事代行サービス会社は保険に加入

多くの家事代行会社は損害保険に加入していいます。

つまりこのようなトラブルが発生した場合
保険によって相応の補償をしてもらえます。

しかし、注意点があり事前に確認しておくことが
安心して依頼することにつながります。

保険に加入していない会社もあるかもしれません。
サービスを依頼する前に、保険加入の有無や、
破損や盗難などのトラブルがあった際に
どの様に対応するのかをよく確認しなけらばなりません。

家事代行サービス会社の安心対策

ユーザー側が持っている
「他人が上に入る」という不安に対して
家事代行サービス会社側では、様々な対応をしています。

スタッフの教育をしっかり実施

家事代行スタッフに教育を行っている会社があります。

特に注意していることは
作業前に触ってはいけないもの、
入ってはいけない部屋を確認する事。

さらに貴重品がある場合はユーザーに事前に
管理することを依頼するように徹底している
代行会社もあります。

トラブル発生時の対応方法が明確

また、不意のことで貴重品を破損したりした場合の
対処方法が明確になっている会社もあります。

例えは貴重品を破損した場合、
写真を撮影して報告させるルールを設けている会社があります。

また、現金が落ちていたり
おいてあった場合なども写真撮影して報告するようです。

利用する側の注意点

利用するユーザー側もしっかりと自己管理することが必要です。

現金や貴重品は事前に金庫なりカギのかかる場所や
別室に保管したり自己管理するような準備が必要です。

スタッフさんと、コミュニケーションをよく取って
メモや打ち合わせをしっかり行うことで
不安も解消されるようです。

料金の確認はしっかりと

意外とトラブルになるのが
当日の急用で不在となりキャンセルになる場合です。

キャンセルでは当日100%という支払いが
生じることもあります。

キャンセル料金がいついくら発生するのかを
事前にしっかりと確認しましょう。

おわりに

家事代行サービスは安心して利用したいものです。

代行業者とスタッフと利用者でよくコミュニケーションを取ることで

安心して利用できる方法を紹介いたしました。

なお(ライター@パパ家事)

タイトルとURLをコピーしました