おいしいお茶が飲みたい!お茶の香りと味が良くなる方法

料理のコツ
この記事は約3分で読めます。

「このお茶へんな味がしない?」
「お茶がにごっているようだ・・・」
「お茶の香りがしないお湯のようだ・・・」

こんな経験があるのではないでしょうか?

安全でキレイな水道水で淹れたお茶なのになぜかまずい味になってしまいます。

原因はどこにあるのでしょうか?

この記事では、おいしいお茶と水の大切な関係を紹介します。

スポンサーリンク

お茶の楽しみを邪魔する水道水の成分とは?

本来、品質の良い水でお茶を淹れると、香りがよく味も本当においしいお茶になります。

しかし、家庭の水道水をそのまま沸かしてお茶を飲んでも、おいしく感じません。

水は安全安心なのになぜおいしくないのでしょうか?

その原因は、水道水に含まれるミネラルと消毒用塩素(カルキ)、不純物などが原因の場合があります。

お茶の味に、ミネラルはどのように影響するか?

水道水に含まれる成分の中には、お茶に含まれる成分と混ざったときに反応するものがあります。

お家の水道水に含まれているミネラル成分が反応することです。

ミネラル分には、マグネシウムやカルシウムといった成分が含まれています。

ミネラル成分は健康に害ではありませんが、様々な影響を起こす場合があります。

お茶をミネラル成分が多い水で淹れると、香りと味を変えてしまいます。

お茶本来の風味を完全に引き出すことができなくなり、見た目もにごったり表面に縞模様ができたりと変化することがあります。

一般的にお茶の種類に関係なく、おいしいお茶になるかどうかのポイントはおいしい水です。

おいしいお茶を淹れるポイント

おいしいお茶を楽しむにはお茶の種類に関係なく、お茶に適した水を使うことがポイントです。

水道水の場合は、浄水器でろ過した水でお茶を淹れるとお茶本来の深い味と風味が味わえます。

水道水をそのまま使ったときと比べて全く別物といっても良いほど違います。

お茶の保管のポイント

お茶でもティーバッグに入っているお茶を保管する場合、袋を密閉して光が入らない場所で保存するのがポイントです。風味を損ないません。

お茶の抗酸化効果

また、お茶に含まれるポリフェノールは、抗酸化物質として作用するので体にいいとされています。お茶に少量のレモン汁を加えると抗酸化効果がさらに高まります。

おいしいお茶がたのしめる「ウォータースタンド」

最高のお茶はミネラルの少ない水でこそ味わえるのですが、家庭で使用している水道水は塩素臭や不快なカルキっぽい味がして、お茶の味に悪い影響を与える場合どうしたらいいでしょうか?

そんな時に、水道直結型のウォータースタンド が役立ちます。

ミネラルを多く含む水が及ぼす悪い影響を減らします。お茶やコーヒー等の品質を向上させるのに役立つでしょう。

公式サイトウォータースタンド

タイトルとURLをコピーしました