家事見習い1周年記念

今日の晴れ間は大切です。あさから洗濯機を回しっぱなしで、合間にブログを書いています。

家事の見習いが1年を経過しました。

自宅が仕事場になってから早一年がたちました。炊事、洗濯、風呂掃除、部屋の拭き掃除、風呂掃除など、だんだん身についてきました。

しかし、まだ1年なので甘さがあると言われます。皿の洗い方が足りなかったりします。

できる様になった料理のレシピは数種類です。

野菜炒め、タマゴチャーハン、カレー、鶏肉のトマト煮、みそ汁・・・

1年でこれだけ。

ごはんを炊くことができます。

麦を入れて炊くのですが、水の量を少なめにして炊きます。残った時にチャーハンが作りやす野です。これは、好評でした。

梅雨の合間の晴天で朝から洗濯です。

今日は、貴重な晴天です。

洗濯機は2回目を回しています。おおきなバスタオル、多数のタオルがメインの1回目。

2回目は、手洗いのシャツやいろいろ・・・

ベランダの物干しざおが洗濯物でいっぱいになりました。

洗濯機のゴミトリのアミに結構ごみがたまってきたので、掃除しました。

朝食の準備

今朝は、トーストとサラダとコーヒーです。

トーストの焼き方が、上手になってきました。

食パンにマーガリンをぬります。ワザを編み出しました。

まな板の上に食パンをおいてマーガリンを塗ります。普通か・・・

トースターで焦がさない方法

ちょっと目を離すと、焦げてしまいます。これでも美味しいです!
ちょっと目を離すと、焦げてしまいます。これでも美味しいです!

トースターのタイマーを「熟練のメモリ」でセットします。

熟年のメモリとは、何度も失敗を繰り返しながら見つけた最良のメモリです。その日の気温、感じる湿度、パンの厚さなどを組み合わせて、その日に一番良いメモリを見つけたのです。

パン屋さんになった感じです。

熟練になるまで、毎朝パンを焼いて1カ月かかりました。

トースターに張り付いて観察します。焼けてくると、トースターの隙間から湯気が昇り始めます。

この湯気の太さが8㎟位の太さになったら止めます。

すると、こんがりで中がもっちりとと焼けたトーストの完成です。

時にはここに、マーマレードを塗り、ヨーグルトをトッピングして食べると美味しいです。

今朝の一コマでした。

なお(ライター@naoblog33.com)