おいしい料理は水で決まる?水道水の上手な使い方

料理をおいしく作りたいときに、水道水を使っても大丈夫でしょうか?

水道水は安全だけどおいしいとは限りません。料理にあう水はどんなものがよいのでしょうか?

実は、水道水でも料理がおいしくなる方法があります。国内ならどこでも使える水道水を上手に使う方法を紹介します。

スポンサーリンク

水道水は料理にあうのか?

日本中ならどこでも安全に使えて料金がダントツに安い水道水です。世界でもトップクラスの水質です。その理由は水道法によって水質の基準が厳しく定められているからです。

つまり、水道水はそのまま料理に使ってもまったく問題はありません。さらに日本の水道水はほとんどが軟水です。軟水はミネラルの含有率が低いのでとってもまろやかな水です。軟水は日本にはとっても合う水です。

緑茶は軟水が最もおいしく飲めるし、和食も軟水が適しています。そして主食のご飯は軟水で炊くとふっくらと炊けるので、水道水は何ら問題ない水質なのです。

ところが水道水だからこその問題点があるのです。

水道水の問題点とは?

とっても水質が良くて軟水の水道水だからそのまま料理に使っても問題はありません。

しかし、料理をおいしく作るには水道水の問題点を改善する必要があります。理由は水道水を安全に保つために塩素で消毒をしているから、その影響が料理に出てしまうからです。

この水道水に含まれる塩素を「残留塩素」と言います。残留塩素の影響で「カルキ臭」とよばれる、あの独特の臭いがします。時にはカルキ臭がきついこともあります。

このカルキ臭、残留塩素の影響で飲み物がおいしく感じなかったり、風味に影響がでたりすることがあります。特にご飯を炊くときにカルキ臭のある水道水で洗米すると、カルキ臭がお米に移ってしまうことから注意が必要です。

料理や飲み物をおいしくするためには残留塩素、カルキ臭を除去することが大切です。

水道水でおいしい料理にする方法

日々家事をしていると、料理や飲み物をつくる時に水道水を使います。水道水は安全なのですが、でもカルキ臭で味が良くないこともあります。

水道水をおいしくする方法は、当ブログでも度々ご紹介してきました。

そのポイントは水道水からカルキ臭、残留塩素などを除去することです。そのためには、つぎの5つの方法があります。

①汲み置きする方法、②レモンを入れる方法、③水道水を冷たくする方法、④簡易浄水器を取り付ける方法、⑤水道水を使うウォーターサーバーを使う方法、などが代表的な方法です。

詳細を説明すると長くなるので、以下の記事をご覧下さい。水道水がおいしくなります!

この方法の中でぼくがおすすめする方法は、やはり水道水を使ったウォーターサーバーです。

簡易型の浄水器の場合はとっても安く簡単にできます。でも水の出が細く、ヤカンを満杯にするまで時間がかかります。フィルターが汚れてくるとさらに時間がかかり、忙しい時には面倒になり、直接水道水を使ってしまうこともありました。

日々の家事で使うには、それなりの水量が欲しいものです。お米を洗う時、野菜を洗う水をためる時、料理に使う水を鍋に汲むとき、等々。

そこでやっぱり家事におすすめなのは水道水に直結したウォーターサーバーを超えるものはありませんでした。水ボトルが無いことから、交換の手間が不要で、途中で水が切れるストレスもありません。なにしろ、水道代とウォーターサーバーの定額レンタル料金だけなのでランニングコストがとっても安くあがることです。

料理・和食に向いている水道水ウォーターサーバー

その機種でおすすめなのは「ウォータースタンド」で、水道直結型のウォーターサーバーです。

その理由は、ものもと軟水で料理に向いている水道水からカルキ臭、残留塩素、不純物を高精度で除去するウォーターサーバーがあります。もちろん軟水なので料理には抜群の相性となります。

いま人気で10万台を突破した実績を持つ人気のサーバーです。水道水を使うのでコスパは抜群で、料理や飲み物はもちろん野菜の洗浄やお米を洗ったりと、たっぷり使えることが人気の理由です。

ウォータースタンドの最新情報・資料請求

この機会にぜひ一度チェックしてみてください。

詳細はこちらウォータースタンド

ウォータースタンドの口コミ情報

ウォータースタンドの口コミ情報をまとめています。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。今回は、水道水をおいしくしたい、水道水をおいしくする方法、おいしい水は家族の願い、についてご紹介いたしました。

生活がおいしくなる水道水ウォーターサーバーは家事にピッタリです。

タイトルとURLをコピーしました