家事に疲れたときは?ずぼらになる方法

家事に疲れたときはどうしたらいいのでしょうか?

何にも手につかない時もあるはず。

そんな時は、ずぼらになることも必要。

本記事では

  • 家事に疲れた時
  • 家事も休暇が必要
  • 家事にずぼらになる方法

について紹介します。

また元気に家事に取り組めます。

家事に疲れた時

生活している以上、家事が無くなることはありませんよね・・・

だから、時にはとっても疲れてしまい家事が手につかないこともあります。

そんな時は、条件のせいにしたり、パートナーにあたったり、ストレス満杯の状態になっているのではないでようか?

真面目に家事に取り組めば取り組むほど、手を抜けないから疲れてしまうのですね。

家事も休暇が必要

家事も立派な仕事だから、24時間家事に向かい合っていると、人間だから疲れてしまいます。

いくら家事を分担したとしても、疲れた時は、それすらしんどくなるもの。

休みたくても家事は休めない・・・

でも、本当にそうでしょうか?

自分がいないと家事が回らない・・・と考えているかもしれません。

疲れた時は、弱音を吐くことも大切です。

家事に疲れたと、SOSを出すことで、家族が手伝ってくれることもあります。

まずは家事に疲れて休みたいという意思表示を出してみることです。

家事にずぼらになる方法

家事は分担しただけでは、疲れを解消することは難しいのです。

しかし、「家事をまったくしなくていい!」という状況を作ると、不思議なのですが、それだけでゆっくり休めることもあります。

ぼくは、家事に疲れた時は奥さんにぼくの分担した分を、全てお願いすることにしています。

たいがいは「ゆっくりやすんでね!」と言ってくれます。

1日中、ずぼらな日を作って自由になり家事から離れ、好きなことをすることにします。

そして家事の休暇をもらっただけでも、家事の疲れやストレスが解消するものです。

「明日の朝5時から起きて家事をしなくてもいい!」となると、気分も解放され夜もぐっすりやすめるから、体も元気をとりもどすことになります。

思った以上に早く元気になり、家事に復帰できます。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

今回は、家事に疲れた時、家事も休暇が必要、家事にずぼらになる方法、について紹介しました。

時には家事から解放される時間を作ることも、家事が長続きする方法なのです。

ずぼらな1日を作りましょう!

タイトルとURLをコピーしました