梅干し【自家製】かんたんで美味しい作り方:その2

先日6月21日に買ってきた梅は青かったのでしばらく放置していました。6月24日に7割くらい黄色になりました。

半分くらい黄色く熟してきました。

左が6月21日で右が6月24日です。70%位黄色く熟してきました。しかし、だんだん梅がシワになってきました。去年は気が付きませんでした。

なので、黄色いところだけ700gを先に仕込むことにしました。

梅を傷つかないように良く洗います。

洗ったらキッチンペーパーで良く水分をふき取り、それから、つま楊枝でへたの黒いところを取ります。

梅と塩を交互にいれます。

次に、用意した容器に梅と塩を交互にいれます。適当に入れていきます。

梅1㎏と塩200gを交互にいれる。容器は氷を入れるタンブラーにした。
梅1㎏と塩200gを交互にいれる。容器は氷を入れるタンブラーにした。

小皿をかぶせます。

この様になった所で、上から重しをのせるのですが、小皿をかぶせてゴミが入らない様にラップをかぶせます。

お皿を乗せてラップでゴミが入らにようにする。
お皿を乗せてラップでゴミが入らにようにする。

石をのせます。

次に、重しを乗せます。今回は漬物石があったので、似合いませんが重ければいいので、乗せてみました。

なんとも不格好ですね。

梅干しタンブラーに重しを乗せてける
梅干しタンブラーに重しを乗せてける

この調子で、3日位待ちます。この作業は6月24日の夜やりました。

予定では、3日後の6月27日には、水が上がっていることになります。

楽しみです・・・


実は、さらに白加賀梅1㎏を700円で買ってきました。

スーパーで白加賀梅が700円で売ってました。この梅は実が大きいのです。スモモみたいです。

すでに黄色く熟しているので、一晩おいてから今日6月25日に仕込みました。手順は同じです。

白神梅1kgです、熟して黄色になって売っていました。
白神梅1kgです、熟して黄色になって売っていました。

らっきょう用のビンに漬けます。

らっきょう用のビンが余っていたので利用します。

らっきょう用のびんにいれました。梅1㎏、塩200gより多く230gにしました。さらに長持ちするようにです。
らっきょう用のびんにいれました。梅1㎏、塩200gより多く230gにしました。さらに長持ちするようにです。

オモリは、2Lの水筒です。ビンの中の梅の上に適当な小皿をのせてラップかけて水筒をのせました。

重ければいいのです。水筒には水を入れて2㎏程の重さにしました。

3日後に水があがるのを待ちます。

3日後に確認したいと思います。塩が馴染んで水が上まで上がってくる予定です。

次回につづく・・・

■前回までの記録 >>> こちら

■次回へつづく >>> こちら

なお(ライター@naoblog33.com)