納豆のダイエット効果と納豆の食べ方

ダイエットと美容
この記事は約3分で読めます。

納豆のダイエット効果と
納豆菌が健康に良い理由を紹介します。

納豆に含まれる納豆菌の生命力
効果はどれほどあるのでしょうか?

また、納豆ダイエットにも効果的な食べ方を
わかりやすく紹介します。

スポンサーリンク

納豆に含まれている「納豆菌」とは?

納豆菌は、納豆に含まれていて、
血栓溶解作用・骨の強化作用がある
とされています。

あのパックに入っている納豆には、
1gあたり約10億個の納豆菌
がいるのだそうです。

スポンサーリンク

納豆菌は生命力が強い

納豆菌は、自分が生きれなくなる環境になると
胞子と呼ばれる種を作って
自分自身を守ります。

芽胞(がほう)状態といいます。

この、胞子は乾燥しても
100℃以上の高温に触れても
死なないのです。

納豆菌には、このような強い生命力があるのです。

納豆菌と乳酸菌の違い。

乳酸菌は胃酸で死んでしまう?

乳酸菌には、
胃酸や胆汁酸などでほとんどは
死んでしまうのです。

一方、少ないのですが
生きたまま腸まで届くものも
あります。

そのどちらにも、
健康に効果があるとされています。

特に、生きて腸に達した乳酸菌は、
腸内で増えて「乳酸」を作ります。

そして他の微生物のエサになり
腸にいる有害な菌を減らして
腸を調子よくする効果があるのです。

この様な効果のある菌を善玉菌といいます。

代表は「乳酸菌」で、
その仲間には「ビフィズス菌」があります。

なので、生きたまま腸まで届けて
効果を上げる
腸まで届く乳酸菌」の商品も開発されてます。

ずいぶん恩恵を受ける事が出きる様になりました。

一方、納豆菌は強いので腸まで届くのです!

豆菌は、高温や胃の酸で死なないのです。

その効果は?

納豆菌のダイエット効果

整腸作用や便秘解消
良いとされています。

それ以上に大きな特徴があります。

ナットウキナーゼの効果

納豆には「ナットウキナーゼ」
含まれています。

「ナットウキナーゼ」
タンパク質分解酵素です。

血栓を溶かして
血液をサラサラにする効果
があるのです。

ダイエットの効果

「ナットウキナーゼ」 は血栓を溶かして
血液をサラサラにしてくれる働きが
ダイエットに効果的だと言われています。

血行を良くすることで
『代謝を上げる』ことができます。

つまり代謝によるダイエット効果があり
痩せやすい体になるということが知られています

動脈硬化・脳梗塞の予防につながる

納豆は動脈硬化や脳梗塞の予防
良いとされているのです。

また、納豆菌は腸内で
「ビタミンK2」を作りだします。

丈夫な骨をつくる

このビタミンK2」は、
丈夫な骨を生成するためにも
欠かせない成分
なのです。

恐るべしそのパワー「納豆菌」

納豆の食べ方

毎日食べ続けているレビュー

仮定でも昔から
「健康にいいから、毎日食べなさい!」
言われている納豆です。

毎日食べ続ける事の重要性

一番大事なのは、
毎日続けないと効果が期待出ない事です。

調理方法はいろいろありますし、
夜食べるのがいいともいわれます。

1日だけでも食べないよりはいいのですが。

36年間、食べ続けている効果は?

36年もよく食べたなと感心します。

菌は3日で体外に出てしまうのですから、
毎日食べる意味が
今になってわかりました。

その間、便秘したことは
一度もありません。

ダイエットの効果は
太りにくい体を作れたことです。

大したことではありませんが
そんなところです。

なお(ライター@パパ家事)

タイトルとURLをコピーしました