育毛シャンプーの解析と効果的な使い方

薄毛ハゲ予防

(最終更新日:2019年12月15日)

育毛シャンプーの解析をして機能の特徴を調べ、薄毛や抜け毛の対策に効果的に使う方法を説明します。

スポンサーリンク

薄毛・抜け毛の要因は生活環境の変化

数年前まで髪の毛に悩むのは中年以降の男性が殆どでしたが、最近では女性や若い人でも、薄毛や抜け毛、脱毛に悩む人が増えています。

近年の生活環境の変化によって、主にはストレスや偏った食生活、飲酒、喫煙があげられます。

さらにダイエットによる過度な食事制限なども加わり、原因は多方面にわたっています。

スポンサーリンク

育毛シャンプーの力を借りる

これらの原因は生活環境を整える事で改善につながるのですが、どうしても無理な場合も現実にはでてきます。

その様な時は、育毛シャンプーの力を借りるのがおすすめです。

一般的なシャンプーと成分の違い

一般的に家庭で使っているシャンプーはスーパーやドラッグストアの陳列棚に多数並んでいる普通の低価格のシャンプーです。

アルコール系のシャンプーが一般的です。特徴は洗浄力が強く頭髪や頭皮の汚れを強力に洗浄する事です。

洗浄力はシャンプーの成分によるのですが、一般的に洗浄力を高めるために化学薬品が多く使われています。

そのため、頭皮が弱い人には向かない事があります。

頭皮が強いか弱いかの原因は、頭皮の皮脂の量によります。

皮脂が多く出る人は洗浄力が強いので効果的ですが、皮脂が少ない人にはあるいは普通の人には洗浄力が強すぎて不向きなのです。

育毛シャンプーの成分を解析する。

育毛シャンプーは主に天然由来の材料を使っており、そこに含まれる「アミノ酸」を成分として作られています。

アミノ酸はもともと人間の体に大切な成分です。「必須アミノ酸」のことは学校で習った通りですね。

そして髪の毛はアミノ酸が基になっているので、頭皮にも髪の毛にも優しいという理由はこのことなのです。

育毛シャンプーは頭皮にある程度の皮脂と水分を残して洗浄するため、皮脂を洗い落とす強力なアルコール系のシャンプーとは違う機能となっています。

育毛シャンプーの効果的な使い方

薄毛、脱毛、ハゲの原因は、生活環境の変化で頭皮環境が悪化して起こるものです。

頭皮も髪の毛もダメージを受けているか近い状況にあります。

そのため、育毛シャンプーを使うことが頭皮と髪の毛をケアすることに繋がるのでおすすめなのです。

育毛シャンプーといえども、洗い方を間違えると切れ毛、脱毛にもつながるので洗い方に注意が必要です。

育毛シャンプーを使った洗い方

育毛シャンプーはしっかりと泡立てて使いますが、頭皮に無理な力を加えない様にしてダメージを与えない洗い方をします。

洗う時は必ず指の腹を使うようにします。爪を立てて洗うと頭皮を痛めて、最悪では雑菌が入り抜け毛の元になることがあります。

最後に、すすぎはしっかりと十分におこないましょう。

おわりに

育毛シャンプーはどこが一般のシャンプーと違うのかを説明しました。

頭皮の弱い方はもちろん普通の人でも頭皮をケアするには、育毛シャンプーがおすすめの理由です。

しかし、育毛シャンプーでも洗い方によっては、切れ毛や脱毛への影響が出る可能性もあるのです。

育毛シャンプーの正しい使い方を確認して、効果的な頭の洗い方でケアしましょう。

なお(ライター@パパ家事)

タイトルとURLをコピーしました