キャベツの千切りが・・・

キャベツの千切りに挑戦!

ブログは副業、本業は専業主夫なのです。

1年近くになります。

女房は、そとで自由に仕事ですが、わたしは専業主夫の家事手伝い。

女房のアドバイスで家事も少しできる様になり、やっとキッチンが自由に使えるようになったのです。

なかなか難しいのが、キャベツの千切り

半年前に初めて包丁でキャベツの千切りをやってみた。

キャベツは、幅が5~10mmもある千切りができて、もはや千切りではなくキャベツそのものに近い。

これじゃ、生では食べれない・・・

結局、野菜炒めに使われる羽目になったのです。

キャベツの千切りの方法を開発する!

あれから半年。キャベツの千切りの方法を開発したのです。

どうしたら、目標のとんかつ屋が作るキャベツの細い千切りができるのか?

あの細い千切りは、機械が切るのか? でも、同じものを作りたいのです。

うまく切れる方法を考えたのです

キャベツを1枚ずつ剥がして、数枚を重ねる。

それをぎゅっと棒状にクルクルとまるめる。

そして、お手拭きの様に丸まったキャベツを、はじから包丁で切るのです。

すると、切りやすくて、1mm幅のキャベツの千切りが完成したのです。

長い道のりでした。

それは、簡単で熟練の技術がいらない千切りの方法なのです。

※あとから調べたら同じ方法がすでにありました。

キャベツを外側から、はがしたのはだれだ!

恐ろしい声がきこえてきました。

キャベツを外側から剥がして使ったので、だんだん小さくなって、女房が使いにくくなったというのです。

なので、キャベツを半分に切ってから、それを千切りにすることにしたのですが、そうすると、また5mm幅の千切りになってしまうのです。

どうすりゃいいのか??専業主夫

そこで、あたまをひねって考えました。

キャベツを半分にしたら、片方を自由に使える様に女房から譲り受けることにしたのです。

これで半分のキャベツは、どう切ろうが自由になったのです。

そこからは、半分になったキャベツを、また、1枚ずつ外側から剥がして、まるめて、千切りにすることに成功したのです。

包丁を研いでからキャベツを千切りにすると、うま味が出てきて、さらに美味しさは別物になります!

女房は、はじめて上手だとほめてくれたのでした。

なお(ライター@naoblog33.com)