犬はどうして人の気持ちがわかるのか?不思議なパートナー

雑記「家事」
この記事は約3分で読めます。

近所の知人が「子犬が捨てられていたの・・」と、小さなまるまるとした茶色の犬をわが家に連れてきたのは20年以上前でした。

それから15年も一緒に暮した雑種の犬のことです。

トップの写真は、別のかわいいワンちゃんです。

スポンサーリンク

どうして犬は人の心がわかるのでしょうか?

どうみても、野犬のようです・・・

子犬だったので、そうとうやんちゃなことをしでかす犬でした。

家で飼ってから、すぐに玄関の下駄箱を食いちぎってしまったり、玄関の上り口の木をバリバリとかんだりしました。

それから、車の下に隠れたかと思ったら出てきて、横むいて知らん顔しているのです。

車のエンジンをかけようと、ブレーキを踏んだら、まったく抵抗が感じられないのです。「す~っ」とブレーキペダルがなんの重さも感じずに、踏み込めるから変なのです。

車を確認すると、車のしたにあるブレーキホースを、子犬が食いちぎって遊んでいたのでしょう。

ブレーキが利かないはずです。すぐ修理工場へ・・・

ずいぶん、修理や壊した家の後始末でお金がかかる犬でした。

もしかして、オオカミでは・・・

どう見ても、オオカミか?
どう見ても、オオカミか?

だんだん子犬が大きくなってくると、どうも犬の様ではない感じがするのです。

目が茶色で鋭く、背中は茶色に黒色のケガ混じり、どうみてもオオカミに似ているのです。

立っている姿は、胸がギュッと張っていて、胴が細くなりしっぽがフサフサとオオカミです。

そんな茶色の感じなので、名前が「ブラッキー」という名前です。

メスの「ブラッキー」ですが、一度、火事になるところを、大声で吠えて教えてくれたので、危機一髪、火災にならないで済んだのです。

これで、家や車を壊されたけど、火事から救ってくれたのでがおあいこです。

どうも人のような気がする・・

やっぱり、犬ではないのか・・・
やっぱり、犬ではないのか・・・

犬は、口が長くなっているので、人間とは顔が全く違うのです。

でも、違和感なく「人」に見えるのです。

なぜだろう・・・

人はあんなに長く口元が飛び出ていないけど、犬は飛び出ている。

でも、どう見ても「人」に見えるのです。

「申し訳ない・・」という顔をする。

たまに悪さをして、しかると「目をそらして・・、怒られるかもしれない・・」という顔をするのです。

そして、しかると「頭を下げて、上目遣いで、申し訳ない・・・」という、なんとも愛らし顔をするので、ついつい許してしまうのです。

でも、女房は同じ女性と雌だからか、結構きびしいのです。

ぼくの順位は2位で、いつも1位は女房なのです。ぼくがなにか指示しても、バカにしているのかもしれませんが、ゆうことを聞かずに笑ったような顔をするのです。

女房が一発「こら!」というと、しっぽを丸めて、小屋に入ってしまいます。

犬は、なぜ人の心がわかるのだろうか?

知人のはなしでは、犬は古の昔から「群れ」で暮らしていた経緯があるという。

なので、仲間との関係や、仲間との距離や、仲間とのコミュニケーションをとることができるのだと説明してくれました。

だから、ぼくがどんな気持ちでいるのかを、感覚で感じ取るのでしょう。

どんなに強くあたっても、文句も言わずに、次に会う時はまた、笑顔で寄ってくるのです。

人を恨まないのだといいますが、マネはできません。

さらば「ブラッキー」

そんな「ブラッキー」ですが、15年も一緒にくらしたのです。

最後は、しっかりとした目をして、ぼくを見つめてから、静かに息を引き取りました。

今でも、いい仲間だったと心の中に生きています。

タイトルとURLをコピーしました