『ウォータースタンド』水道直結式に乗り換える本当の理由

ウォーターサーバー
この記事は約4分で読めます。
ウォーターサーバーが欲しいと思っているのです。でも中には「いらなかった」という人がいるのも事実です。
ウォーターサーバーを契約してしまってから「いらない」ということになる前に、そこにはどんな理由が存在しているのかを知りたいのです。そして何を注意すればいいかを教えてほしいのです。

このような悩みをお持ちの方向けに紹介しています。

ウォーターサーバーの経験を生かして自宅でウォーターサーバーを使う場合のアドバイスをしています。わたしも導入では悩んだので良くわかります。是非参考にしてくださいね。

ウォーターサーバーを自宅に入れたのはいいのですが、実は「いらなかった」という人が現実にいることです。

なぜ「いらない」と思ったのか?そこには意外な理由があったのです。

ボトル交換式ウォーターサーバー乗り換えの3つの理由

ウォーターサーバーは、必要ですか?

導入の感想をリサーチすると見えてきました。わたしがかつて学校で体験してきた問題と同じです。そのには「いらない理由」が3つありました。

その①:水のボトルがどんどん送られてくる。
その②:水ボトルの交換が重い。
その③:ふつうの水道水で間に合うから。

この3つの理由をはじめに確認しましょう。

その①:水のボトルがどんどん送られてくる。

『宅配式』でウォーターサーバーを契約すると、契約に従って水のボトルが宅配で送られてきます。スーパーに行って重い水を買うことから解放されて嬉しいのです。

問題は別のところにありました。

毎月だいたい同じ量の水を飲んでいるなら問題はありません。時にはそんなに水を飲まない時期もありますよね。でも契約通りに水が送られてくるというのです。

飲まない水ボトルが床にどんどんたまってくる。

メーカーによっては契約で決めたボトル数までは毎回送られてきます。でも契約本数を下回ると休止手数料が発生する場合があることです。

このような事がないように「無料でキャンセル」できるシステムかどうかをチェックしましょう。

その②:水ボトルの交換が重い。

実際に「宅配式」のウォーターサーバーを導入すると重さを体感します。

水ボトル約10kgを持ち上げてウォーターサーバーにセットする

各社のウォーターサーバーの資料を見ると出ています。10L程度のボトルが一般的ですから大体10kg強あります。

10kgを持ち上げてウォーターサーバーにセットするのは重さを十分感じます。家庭用の水ボトルの重さを事前にチェックしておきましょう。

その③:ふつうの水道水で間に合うから。

この理由が一番多かったのです。ふつうのキレイな水が飲めればいいという事です。

別にわざわざお金をかけてまで、ウォーターサーバーの水を飲まなくてもキレイな水道水で十分満足。

という理由です。例えば東京都には「東京水」といって水道水が美味しいことをと水道局がPRしています。

なのでわざわざウォーターサーバーの水を飲まなくても東京にいれば東京都水道局のキレイな水が飲めまるのです。でも一つ配管と貯水槽の問題があります。

ウォーターサーバーがいらない本当の理由?

ウォーターサーバーはミネラルの入った天然水が飲めるので美味しい水として導入していますので美味しい水が特徴です。

ここまでの3つの理由でこのウォーターサーバーがいらないということなのですが、できれいな水は飲みたいし使いたいのです。

つまり水以上に「面倒なボトルの取り扱い」「維持費と水代」に原因があったようです。

実はキレイで安心な水を使いたい

一方ウォータースタンドはキレイな水をふんだんに使い放題で実用差を求めていることではないでしょうか。

この問題を解消するのが水道に直結したウォータースタンドという製品で最近人気がでています。ウォーターサーバーの市場が飽和状態のなかでも乗り換えが増えている背景です。

水道直結式のウォータスタンドが問題を解消

ここまでの内容をまとめると「ウォーターサーバーがいらない」のではなく、「ボトル交換と保管が面倒だ」「維持費と水代」というのが本当の理由でした。

この問題は水道直結式のウォータースタンドが解消できます。

水道水をろ過して使うので重いボトル交換や保管など手間な不要できれいな水が使い放題になります。

水道の本管まではキレイな水が来ていてそのまま飲めるなら問題はありません。

しかし、そこから各家庭やマンションに分岐するための水道管や貯水タンクの問題があるのです。きれいな水道管や貯水タンクばかりとは限りません。

コスパ抜群のウォータースタンドの機種はこちら

ウォータースタンドを自宅で利用を考えている方向けに紹介しています。

導入経験から「維持費を安く」「狭いスペースでも可能」そんな要望に応える機種を選びました。是非参考にしてください。

資料請求の公式サイト(無料)

ウォータースタンドの資料は下記公式サイトから無料で入手できます。

タイトルとURLをコピーしました