天然水でなくても、おいしく飲める水道水?

天然水はミネラルが豊富でおいしい水ですよね!

でも、天然水でなくても水道水がおいしく飲める方法があります。

本記事ではどこでも飲める水道水をおいしく感じる方法を紹介します!

水道水はもともと料金がとっても安くて安全です。

その水道水が「おいしい!」と感じる方法とは・・・

スポンサーリンク

水道水はきれいで安全なので安心!でも・・・

水道水こそ、日本が世界に誇るきれいで安全なトップクラスの「水質」です。

こんな水が日本全国の水道の蛇口から豊富に出てくるから、日本はとっても恵まれています!

これだけ恵まれた水道水があるのに、実はここ10年「ペットボトル水」の消費が約1.5倍に増えているのです。おいしくて安全な水を求めているからではないでしょうか・・・

ミネラルウォーターの出荷量が以下のように1.5倍に増えています。
・2011(平成23)2,582,600㎘
・2020(令和2)3,843,200㎘
(データの引用:一般社団法人全国清涼飲料連合会)

ところで、水道水を「おいしくない」と感じたこと、ありますよね。

水道水がおいしく感じないのはなぜでしょう?

どうしておいしく感じないのか?

安全な水道水がおいしく感じないのには理由があります。

それは、水道水を殺菌するために塩素が含まれていて、「残留塩素」の臭いや他の不純物が原因でおいしく感じないのです。

それ以外には、途中の古い水道管、貯水タンクの汚れなどが原因の場合もあります。

なので、せっかく安全な水道水なのにおいしく感じないのですね。

水道水をおいしく感じるようにするには、どうすればいいのでしょうか?

水道水がおいしく感じる方法とは?

それは、原因となる残留塩素や不純物を取り除くことです。真水自体は無味無臭だから、それに近い水になるようにきれいにすることでいやな臭いや味が無くなります。

つまり、水道水から不純物を取り除くことです。

その方法には、次の5つがよく行われています。

  1. 水を沸騰させる。
  2. 水を空気にさらし残留塩素を飛ばす。
  3. 冷蔵庫で冷やすとおいしく感じる。
  4. レモンを加えるとおいしく感じる。
  5. 簡易浄水器を蛇口に取付ける。

詳しい方法をまとめた記事がありますので参考にしてください。

5番目の蛇口につける簡易型浄水器は水の出が細かったり、安いものではフィルターの性能が低かったり、浄水能力をよく調べてから用途に応じて購入することが大切です。

もっと「おいしい!」と感じる方法とは?

実は、簡易型浄水器では除去しきれないバクテリアやウイルスまでも取り除く高機能フィルターを持つ浄水器があります。その上、浄水したおいしい水が冷水、温水、常温水でいつでも使えるメリットも備えています。

その浄水器とはどんなものかを簡単にご紹介します。それは水道直結型のウォーターサーバーです。テレビCMでも話題となり人気となっています。

特徴は、

  • 不純物を99.5%除去する浄水能力。
  • ミネラルバランスがよく、まろやかでクセの無いおいしい水。
  • ボトルが無いので交換が不要。
  • レンタル料金が定額制(税込月2,200円~)

レンタル料金が定額制なので水を使えば使うほどお得になります。

ウォータースタンドは、卓上型でボトルがないため交換や使用後の廃棄などの手間がかかりません。それで大人気となっている商品です。

ウォータースタンドの最新情報・キャンペーン

現在行っているキャンペーンでは、初期設置費用9,900円(税込)が無料になる「他社のりかえキャンペーン」があります。

この機会に下記公式サイトから、今すぐチェックしてみてください。無料で商品案内などがもらえます。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。天然水でなくても、水道水をおいしく飲める方法を紹介しました。水道水は安全で安いメリットがありますが、おいしく感じないのも事実です。

水道水がおいしく感じるための5つの方法はもちろんとして、今人気となっている水道直結型のウォータースタンドを活用するのも見逃せない方法のひとつです。

タイトルとURLをコピーしました