運動不足とストレスで男性の冷え性が増えている?

最近では男性が冷え性になるケースが増えているそうです。原因は運動不足による筋肉の低下によるものです。

冷え性の原因は、3つあります。

筋肉量が少ない

熱は筋肉からつくれれるんです。だから、筋肉量が少ないと作られる熱量が少ないので冷え性になるのです。

男性より女性の方が多いのは、女性の方が筋肉量が少ないからです。

自律神経のバランスの乱れ

熱が全身に行きわたらない時に体が冷えるのは当然です。ストレスや不安が原因で自律神経のバランスが乱れると起こります。

また、食べすぎると血液が胃腸に集まり、熱を作る筋肉に回る量が減るため冷える事があるといわれています。

体に不要な水分が多い

体内の水分が尿や汗などで排出されていないのに、体に良いからと2Lも水を飲んだら、体内の水分が多すぎて冷えてしまうというのです。

男性に冷え性が増えた原因を推測してみる

冷え性の原因が分かったところで、なぜ男性が冷え性になるのかを調べました。

すると、第1に「運動不足で筋肉の量が減っている」だったのです。

なかなか運動が出来ないのが悲しいところ。土日は疲れてドテ~っと飲んで食べてねていたりしたら、筋力は低下確実です。

通勤ラッシュで少し運動になっている程度ですね。

さらに「食べすぎ、飲みすぎ」も原因だそうです。

筋肉が減ると発熱量が減るし、食べすぎると胃腸に血液が集まってしまし肝心の熱を作る筋肉への血流が減って冷えるのですね。

おまけに、会社でのストレスや不安、職場のクーラーでの冷えも手伝って、男性の冷え性が増加しているのです。

PCメインの仕事は動かない

PCを使う仕事は、1日中座りっぱなし。だから、冷え性になるかも。

土日の空き時間に筋トレをしたり、食べ過ぎず飲み過ぎずが大事なのですね。

ストレスは自己管理なので、なんとかいい方法を考えて解消することです。

森林浴は、ストレス解消も運動もできる

森の中を散歩しただけで、ストレスが減少するという研究結果もでていますから、散歩でもOKですね。

バランスよく食べて、散歩、運動して筋トレして、ストレスを解消すれば、冷え性も改善するのです。

なお(ライター@naoblog33.com)