男の家事って限界があるのかな~

1年間、家事の手伝いをしてきたのですが、やっぱり手伝いだったのか・・・

へまが多かった家事の1年です^^

家事見習いとは、すばらしい言葉です。

そのくらいの気持ちがないと、家事を教えてもらえません。

「男は社会の荒波で生死をさまよいながらも、家庭を守ってきた!」なんて、言いたのですが、そこまでやったかな~

言い訳で、いう事の方が多かった気がします。

さっと作ってしまうママ

忙しい中帰宅すると、そのまま腕まくりをして、サッと作ってしまうママがいます。

こちらは朝からメニューを考えて材料を買ってきて・・・

けっこう高くつく夕食になってしまします。

でも、ママの作る料理は、あっと驚くもので、短時間に、

あっという間に出来ているのです。

さきにお風呂はいってね!

これは私がママにいうことばです。風呂掃除をして、お湯張って、

たまには、入浴剤を入れて(炭酸が良く効くもの)

ゆっくり入ってもらおうと思っているとき出る言葉です。

しかし!

やっぱり、男がでてしまいます。

それは、「やってやってるのだ!」という驕慢さです。

なので見返りがほしいのです。本音・・

「よくやったね!ありがとう」の一言があれば、またやる気がでるのですが・・・

「いま、いそがしいから、先にはいって!」と夕ご飯の用意なのです。

まあ、そんなもんです。わがまま夫はね~

なかなか、クセがなおらない

毎日が勝負ですが、つかれるから適当にやります。

このへんが、主夫らしくなってきたかも・・・

なお(ライター@naoblog33.com)