住宅ローンは60才からが大変?65才前に完済するのが理想

住宅ローンとくらし
この記事は約4分で読めます。

住宅ローンは、何才で終わるのがいいのでしょうか?

ぼくは住宅ローンのプロではありませんが、体験があるので一例として紹介したいと思います。

住宅ローンは、60才からの返済がとても大変になります。

その60才からが大変なワケと65才前に完済する理由を体験から説明します。

スポンサーリンク

住宅ローンは現役時代はなんとかなる。

現役時代はパパと家族が頑張る!
現役時代はパパと家族が頑張る!

住宅ローンは家族が一緒に暮していれば、苦労はあっても仕事についている現役時代はなんとななるものです。

というか、家族の協力で何とか乗り越えられるものです。

それは、若さと体力と気力がたくさんつまっているからです。

やりくりやアルバイト、パート等を駆使して乗り越えるのですが、簡単ではありません。

でも、何とかなってしまうのですね。

家族の力は不思議です。

フィナンシャルアドバイザーの方の想像を超える力が出てくるのが家族なのです。

わたくしごとですが、妻と3人の子供と両親と犬1匹(ご飯たくさん食べる犬)を家族みんなで頑張って乗り越えてきました。

自転車操業にもならず「今日だけを考えて乗る超える」そんな毎日が懐かしいのです。

若いので、なんとかなります。

定年退職後が最も大変になる

退職金がどんどん減っていく!
退職金がどんどん減っていく!

問題位は、意外と軽視されている定年退職後の住宅ローンの支払いです。

定年退職後は、退職金があるのでなんとかなるであろう・・・

と思うのが大間違いなのです。

3千万円前後の普通のサラリーマンの退職金なら、数年で底をついてしまいます。

定年後に65才まで継続で働くなら別ですが、会社は想像以上に高齢者には厳しいものです。

体力も視力も衰えた老人に若い新入社員と同じレベルの仕事をさせるのが一般的な現在の現実ですから。

なので、65才まで仕事に体がついて行けないことと、体力が持たないので大体62才で完全に無職になるケースが多いのです。

無職で収入が全く途絶えた62才以降は、退職金や貯金を崩して生活するのです。

公的年金が支給される65才までの3年間は、退職金から使うのです。

退職後は結構お金がかかるのです。

この段階でまだ住宅ローンが残っていると大変な出費になります。

例えば、生活費が夫婦2人月20万円まで落としたとして年間で240万円。

住宅ローンが月12万円としても年間144万円です。

合計約400万円が出ていきます。

これが3年間続くので、合計1200万円が退職金からでていきます。

老後のお金など、どこかに消えてなくなってしまいます。

住宅ローンにボーナス払いが付いていれば、さらに大きくのしかかってきます。

ならば、アルバイトでもして頑張ろうか!と気持ちはあるのですが、体はもう動きません。

働く会社もなく、厳しい現実が待っているのです。

また「年金カット法」なる物議をかもして強硬採決されたこの法律。

正式な名称は「公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改正する法律」と呼びます。

簡単に言うと「物価が上がって生活の出費が増えたとしても、年金が減る可能性もある」ということです。

年金が減る方向に向かう法律の施行が2021年4月からスタートしたのです。

将来の年金が減ることはあっても増える見込みはないかもしれません。

おすすめは65才前に完済すること

老後はローン無しでゆっくりと!
老後はローン無しでゆっくりと!

つまり、現役時代は何とか家族と協力して頑張ることにして乗り切れるのです。

大変なのは、定年退職60才から65才に住宅ローンが残っていることです。

少なくとも62~63才には完済するようにするのがおすすめです。

現役時代にやりたいことをガマンしてでも払いきった方が楽で安心な老後がむかえられます。

まとめ

フィナンシャルアドバイザーでもなければ、銀行の行員でもないので専門的なことは深く分かりません。

しかし、現実に住宅ローンを組んだことの経験と、残されたローンの返済を考えると、

定年後なるべく早い時期に住宅ローンの返済を終わらせる計画が良いと感じます。

タイトルとURLをコピーしました