シャワーヘッドを交換したい!種類と選び方

シャワーヘッドを交換するときにどんな商品を選んだらいいのでしょうか?

種類が多く最新の機能をもったシャワーヘッドが販売されています。

この記事では最近のシャワーヘッドの動向をはじめシャワーヘッドの種類と選び方を解説します。

最新のシャワーヘッドの動向とは?

発端はあの油性マジックで肌に書いた汚れが消えることで話題になった「ミラブル」

そしてTSK田中金属製作所の「Bollina(ボリーナ)アヴァンティ」、アラミックが発売している「3Dアースシャワー」

さらには1954年創業で水回り専門の老舗メーカーSANEIが2022年10月12日から販売開始したウルトラファインバブルシャワー「FBレイニーメタリック」を開発してがんばっています。

このように、最新のシャワーヘッドにはユーザーが求めるメリットにいままでとは違う変化が起こっているとも言えます。

シャワーヘッドに求める機能と効果

それまでのシャワーヘッドは「節水効果」があることが大きなメリットでした。

ところがここにきて節水効果はあたりまえ、そこに洗浄力や美容を重視するニーズが高まってきました。

「自宅での入浴やシャワー時間をもっと充実したものにしたい!」とする方が急増したのが要因。

ではシャワーヘッドの交換の具体的なメリットとはなんでしょうか?

シャワーヘッド交換のメリットとは?

シャワーヘッドを交換するとどんなメリットがあるのでしょうか。

1.節水効果へのメリット

シャワーヘッドはいまや節水型を選ぶ方は珍しくはありません。

理由は水道代が相当節約できるメリットがあるからです。

そのため節水型シャワーヘッドは少ない水でも水圧が高くなるようになっていて水を勢いよく出すことができます。

さらに手元でストップできる機能をもつシャワーヘッドでは、水の出っ放しを解消できるので節水効果もたかまるメリットがあります。

2.塩素除去のメリット

水道水に含まれる塩素は肌荒れやアトピーの方にはそのまま使うことに抵抗感があるのではないでしょうか。

新しいシャワーヘッドには浄水機能がある製品も出ているので塩素を取り除いた水が使えるメリットがあります。

3.美容へのメリット

特にウルトラファインバブルを生み出すシャワーヘッドの人気は相当高くなっています。

その理由は美容への実感が期待できるからです。

毛穴の汚れまできれいに除去できる機能は美容にとっては欲しい機能です。頭皮への効果も期待できるシャワーヘッドが発売されています。

ウルトラファインバブルについてもう少し詳しく説明します。

ウルトラファインバブルは超微細な気泡のことです。目で見える気泡ではありません。

この気泡が毛穴や頭皮まで入り込み汚れを洗い出し清潔にします。さらにウルトラファインバブルは毛穴の奥まで浸透するので保湿・保温効果が高くなります。

ウルトラファインバブルの直径は0.0001mmと驚くほど微細な気泡です。ちなみに毛髪の直径は約0.08mmなのでその微細さがわかります。

シャワーヘッドの種類と選び方

シャワーヘッドを交換する目的は様々なので種類も多く選び方も様々です。

大きく次のようにシャワーヘッドの種類と選び方を分けてみました。

1.節水効果のあるシャワーヘッドを選ぶ

節水効果のあるシャワーヘッドには70%も水の量を減らせるものもあります。

年間での水道料金で比較すると相当な金額になります。東京都水道局のデータでは普通のシャワーで使用する水の量は3分につき約35.6リットルです。10分なら118.8リットルになります。

水道料金は東京都の場合1リットル換算で約0.64円。つまり10分間だと76円です。

1カ月30日とすると1日10分シャワーを使った水道代は「2,280円」。

節水型シャワーヘッドで70%節水した場合、水道代は月に「684円」まで安くなります。

2.美容目的のシャワーヘッドを選ぶ

美容目的ならおすすめはウルトラファインバブルのシャワーヘッドを選ぶことです。

理由は説明した通り毛穴の汚れを落とせることと、保温・保湿効果が得られるからです。

価格も高くなりますが、メリットのほうが大きいため購入する方が増加しています。

例えば新製品で話題の「ミラブルゼロ」があります。どんな機能なのか下記会社のウェブサイトで確認できます。

ミラブルゼロの機能説明株式会社サイエンス 公式サイト(会社のウェブサイトです)

■購入は正規代理店からとなります ➡ ミラブルゼロ正規代理店

3.手頃な価格のシャワーヘッドを選ぶ

シャワーヘッド交換の条件のトップは「価格」です。できれば1万円以内で使えるシャワーヘッドがあれば間に合うという場合の選び方です。

それは、シャワーヘッドに手元ストップ機能が付いていることです。これがあるのとないのとでは節水効果に違いが出てきます。

まとめ

シャワーヘッドはどんどん進化しています。使う機能や目的は人それぞれですが、最低でも節水機能は欲しいものですね。

ぜひ目的にあったシャワーヘッドを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました