定年退職で高額な掛金の「生命保険」を見直す方法

保険と年金
この記事は約4分で読めます。

現役サラリーマン生活が終わる前後は、今までかけてきた生命保険の見直しをするのが一般的です。

保険料が高額な生命保険を見直す方法を説明します。

子育てや住宅ローン中と定年前後は生活が違います。

どのように見直したらいいのかポイントを簡単に解説します。

スポンサーリンク

定年退職で見直す生命保険

現役時代は、夫に先立たれると収入がなくなります。

そのため、生活するのが困難になるリスクを減らすために生命保険に加入するのが一般的です。

現役時代は子育て、教育、住宅ローンなど大変重要なポジションにいるので、万が一のことがあれば残された家族は生活に支障をきたします。

その理由で、生命保険をかけて安心を得ているのです。

しかし、定年退職を迎えると、現役時代に終止符を打つ時が来た時がきます。

年金生活にチェンジする時ではないかと思います。

スポンサーリンク

現役時代と定年退職後のリスクの違い

現役時代は説明した通りで、万が一があってはこまる時期なのですから生命保険の死亡給付金が5~6千万円など高額な契約をする場合が多いのです。

60才以降のリスクはなんでしょうか?

年を重ねるごとに体が動かなくなり、あちらこちらに不具合が出て病院に通うことが多くなります。

白内障や軽度のガンなどで手術や入院のリスクも増えてきます。

人生100年時代は、長生きが最大のリスクとなります。

もし、死亡しても貯金から葬儀代を捻出し、その後は遺族年金や貯蓄を切り崩して配偶者はなんとか生活のやりくりができます。

なので死亡時の給付金よりも、長生きのために入院と手術、さらには介護にかかる費用のリスクのほうが高くなるのです。

そのため、一番高いリスクが死亡よりも生きている間の「病気と介護」になります。

極端な見方をすれば、死亡給付に手厚い「生命保険」は不要とも言えます。

そのために、生命保険をやめて医療保険だけに見直しをしています。

生命保険をやめて医療保険だけにする理由

医療保険だけにする理由は、掛け金が安いからだとも言えます。

保険には「配当率」があります。

配当率とは、支払った保険金に対してもらえる保険金の割合です。

100%とは「かけた分だけもらえる」計算です。

保険の専門家の試算では、医療保険は掛け金が安いほど、配当率が100%を超えてくるのだそうです。

やすい保険料とは、特約やいらないサービスを除いた基本だけのシンプルな医療保険のことです。

シンプルな保険とは、入院給付金1日5,000円、手術給付金がでればOKという内容です。

理由は、長生きすればするほど、掛け金よりも多く保険金が貰えるのです。

あれこれ特約を付けた医療保険は支払保険料が高額になります。その結果支払いの方が多くなり配当率が100%を切ってくるので損する仕組みです。

高い特約を付ける営業が多いのはその為ですね。


生命保険を医療保険に切り替えた事例

現役時代は死亡すると生活に困るので、高い生命保険を支払います。特に30~40才までは、一般的に月額3万円超ほどを支払っているようです。

40才で教育ローンや家のローンで支払いが大変になり、見直して特約を止めて死亡時に6000万円だけが出る契約に見直すこともあります。

結果、支払額が約50%安くなります。

以下の通りです。満期以降の解約金は120万円です。

現役時代後期(40才~60才) 
生命保険 掛け金16,000円  *(30代の時は、30,000円/月)
死亡時6000万円 入院1日5000円
(満期以降:死亡180万円、解約:120万円)

これをリタイア時点で見直します。

生命保険を止めて「解約時の解約金」だけを貰えるようにします。

新規に「医療保険」だけを契約して月額6000円にします。

契約の概要は以下の通りです。

見直し後(63才以降)
医療保険 掛け金6,000円/月
死亡時0円
入院給付 1日5000円、通算1000日まで
手術5~20万円/1回 回数無制限
通院特約 疾病通院・災害通院 1日5000円
先進医療2000万円まで給付、手術無制限
三大疾病(心臓、脳、ガン)は、入院日数無制限

生命保険の解約金が約1,200,000円なので、それを医療保険代にすると200カ月分、つまり16年分が賄えるのです。

16年後、80才になっていて生きているかどうか危ないところです。

まとめ

生命保険と医療保険。

間違える事が多いのですが、良く調べて見直したいですね。

年代に応じてリスクが変わります。

それに本当に必要な内容だけの保険にすれば、無駄な保険料を節約できるのです。

保険料見直しの説明でした。

タイトルとURLをコピーしました