女性50代からの薄毛対策は「食事」で改善

ダイエットと美容
この記事は約4分で読めます。

(最終更新日:2019年12月15日)

年々年を重ねると知らない間に薄毛の兆候を感じることがあります。

なってしまったら相応のシャンプーや育毛剤などを使うことにもなります。

しかし、それを使う前に食事を含む生活習慣を整える事から予防することが大事です。

女性の薄毛対策方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

生活習慣の改善が薄毛の予防になる?

人間の体は自然の中で生きているのではなく、生かされているのです。

体に血液を循環したり細胞を新しく作ったり酸素を取り込んだりと自分の気が付かないところでシステムが24時間働いているのです。

それによって生かされているのです。

スポンサーリンク

生活習慣を整える事で体も整う

生きる上で必要な、食事、睡眠、運動等の生活習慣を整える事で体も整えられていくのです。

不摂生をすると体に良くないことは、昔から言われている通りです。当たり前のことですね。

スポンサーリンク

薄毛につながる体のバランスの崩れ

この当たり前のことが出来れば、心身ともに順調になりもちろん薄毛にもつながるバランスの崩れを整えることができるのです。

薄毛、抜け毛、ハゲの初期段階では、生活習慣の改善を見直したことで改善が見られたケースが多数報告されています。

そもそも、薄毛の原因とは?

薄毛の原因は様々な要因が複雑に絡み合って起こります。

その中で大きく関係していることは、遺伝やホルモンであることが知られています。

第1の要因 生活習慣の乱れ

次の要因がもとになり生活習慣の乱れが起こりますので要注意です。

・偏った食生活
・睡眠不足といった生活習慣の乱れや
・お酒をよく飲む
・喫煙者

そのほか過度なストレスや過剰なヘアケアも挙げられます。

第2の要因  遺伝や男性ホルモン

次のような場合は、専門医や医療機関に早めに相談することをおすすめします。

・遺伝に起因する場合
・AGA:男性型脱毛症( 日本では壮年性脱毛症が正式名称)
・円形脱毛症などの抜け毛・薄毛の症状


男性ホルモンの一種であるテストステロンは5α-リダクターゼという酵素の影響を受けることによって、デハイドテストステロンと呼ばれる強力なホルモンに変質します。この変質には遺伝的な要素が関与していると言われ、デハイドテストステロンは頭髪の成長サイクルを狂わせると考えられています。

引用:アデランスWebマガジンより


薄毛の予防と対策とは?

日常生活で改善や予防が出来るのが、第2の要因「生活習慣の乱れ」のところです。予防はとても重要な事なのです。

薄毛の初期段階の抜け毛予防は、いつからでも始められます。

薄毛になってしまう前に予防を出来る限り努力しましょう。

頭髪に良い食事

規則的に3食をバランス良く食べる事です。

油物を抑えて野菜を中心に多種少量を腹八分目を目標に食べることです。

頭髪を育てる食品

髪の成長の基本成分であるケラチンは、上質なアミノ酸を含むタンパク質から摂取します。

その食材は、肉や魚のほか、大豆製品や牛乳、乳製品などが良いとされています。

そのほか、髪の発育を促進するヨード、血行を良くして抜け毛を防ぐビタミンEやA、頭皮の新陳代謝を促進するビタミンBといった栄養素を含む食品も積極的に取ると良いでしょう。

禁煙・禁酒・ストレス解消で改善

ビジネスで多いのがお酒の付き合いです。

業務目的のためにストレスを抱え喫煙、飲酒、寝不足等が続くと、頭髪が薄くなり髪の毛は細く、地肌が見える様になってきます。

禁煙、禁酒、油ものを少なくして野菜を中心とした食事に切り替えてみましょう。

抜け毛はかなり少なくなり、頭髪のボリューム感が増加しています。

洗浄力の強いシャンプーを止めて、お湯だけで洗髪をする方法も効果を上げている実感があります。

髪の毛がスベスベでサラサラになり、変な臭いやかゆみなどはありません。もう4カ月目になります。

まとめ

薄毛やハゲの初期段階ともいえる「抜け毛」の段階から予防をして、いつまでも若々しく過ごしたいものです。

なお(ライター@パパ家事)

銀クリAGA.com(gincli-aga.com)
タイトルとURLをコピーしました