『さかなクンのウォーターサーバー』は水道水だけど大丈夫?

暮らしのグッズ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

水道直結式のさかなクンのウォーターサーバーですが、
水道から水を取るのですが安全は大丈夫なのでしょうか?

また、浄水した水はどんな感じなのでしょうか?

水道直結式ウォーターサーバーの疑問をまとめました。

・水道水を直結して使うのですが不純物や細菌やウイルスはろ過されるのか心配です。
・ろ過された水がどの様な水質なのか教えて欲しい。

家庭用としては、トップクラスの浄化フィルターです。

調べた結論を先に書きます。

「さかなクンのウォーターサーバー」はトップクラスのフィルターです。

  • 水道直結式で、水道管や貯水槽、水道水の不純物、ウイルス・バクテリア・細菌、放射性物質を全部ろ過します。
  • ろ過した水は安全な「純水(ピュアウォーター)」です。

■資料請求>>公式サイト:ウォータースタンド

お時間のある方は、以下に調査の根拠をまとめましたのでご覧ください。


ウイルス・バクテリア・放射線物質を除去します。

ウイルス、バクテリア、細菌、放射線物質を除去

さかなクンのウォーターサーバーには、調べると全部で4のフィルターが使われています。

水栓側から順に1~4のフィルターを水道水が通ってきれいにろ過されます。

  1. 「ネオセンスフィルター」:比較的大きな不純物を除去する前処理
  2. 「メンブレンフィルター(逆浸透膜)」:純水造水(*ROフィルター)
  3. 「イノセンスフィルター」:口当たりをまろやかにする処理(*ナノトラップフィルター)
  4. 「抗菌フィルター」:タンク内の雑菌の増殖抑制

    *赤字は、内蔵されているフィルターの正式名称です。下記で説明します。

フィルタータイプは大きく2種類に分かれます。

機器のタイプによりどちらかのフィルター1つか、あるいは両方がセットされます。

逆浸透膜(ROフィルター)なら純水(ピュアウォーター)になります。また、ナノトラップフィルターならミネラルのまろやかさを感じられます。

引用:ウォータースタンドより

・ナノトラップ・フィルター(Nano Trap Filter)

日本語では『静電吸着式フィルター』ナノ技術による静電吸着で有害物質を約99.5%除去

・ROフィルター英語(Reverse Osmosis Membrane)

日本語では『逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく)』と呼ばれています。
水分子のみを通す浸透膜を用い、クロスフロー方式で浄水します。
水分子以外の不純物を約99.9%除去可能です。

このフィルターで、完全な純水になります。

フィルターには3つの除去する機能があります。

その1:ウィルスやバクテリアを除去
その2:水の分子以外除去
その3:放射性物質の除去

フィルターが不純物を除去できる各性能を説明します。

その1:ウィルスやバクテリアを除去

・ナノトラップ・フィルター(静電吸着式フィルター)は、有害物質を約99.5%除去。NASAが技術特許を保有しています。

微細なウィルス(ノロ、ロタ、ポリオ等)や、病原性微生物(クリプトスポリジウム、O-157、コレラ等)を除去することが可能です。

完全とまで言えるくらい、純粋な水ができるのです。

水道水に残った塩素や不純物(クロロホルム、トリハロメタン等)がきれいに除去されます。

除去する不純物一覧(水道水)
クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ブロモホルム、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、総トリハロメタン、2-MIB(2-メチルイソボルネオール)、CAT(2-クロロー4,6-ビスエチルアミノ-1,3,5-トリアジン)、溶解性鉛、ジブロモクロロメタン

その2:「水の分子」以外除去

ROフィルター『逆浸透膜』は 水分子のみを通す浸透膜を用いて水分子以外の不純物を約99.9%除去可能です。

給水管や屋内の配管、貯水タンクなどを通って蛇口にたどり着くまでの間に混ざる健康被害のリスクに対して不純物除去の対策となります。

その3:放射性物質の除去

放射能物質の除去試験を行った結果がメーカーのサイトで見つけました。
会社名が途中で変更になっており、旧社名での表記でした。

試験結果の詳細

メーカーが測定依頼した結果、 放射性ヨウ素と放射性セシウムを除去しています。
■>>>放射性部室の除去結果へリンク

浄水後の水

さかなクンのウォーターサーバーでろ過した水は純水となります。

水分子以外の不純物がほぼ除去されているので「純水(ピュア・ウォーター)」

■資料請求>>公式サイト:ウォータースタンド

ROフィルター(逆浸透膜)という特殊なフィルターで抽出された水には、水分子以外の不純物がほぼ除去されているので「純水(ピュア・ウォーター)」とよばれています。

「純水(ピュア・ウォーター)」は安全性が求められる食品業界でも高い評価を得ているので、幅広い用途で使用されています。

ミネラル分を含むことが前提のミネラルウォーターとは大きく違い、胃腸機能が未熟な赤ちゃんのミルクや妊婦さんの飲水としても安心して使うことができます。

また、純水(ピュア・ウォーター)はマグネシウムやカルシウムなどの硬度成分が取り除かれた軟水なので、食材の素材本来の味と栄養を引き出します。

引用:ウォータースタンドのサイトから

ウォータースタンドの飼料請求先(無料)

  • 水道直結式で、水道管や貯水槽、水道水の不純物、ウイルス・バクテリア・細菌、放射性物質を全部ろ過します。
  • ろ過した水は安全な「純水(ピュアウォーター)」です。

純水が安全に飲めるので、おすすめのウォーターサーバーです。
ウォータースタンドの資料を見るだけでも選ぶ知識がえられます。

資料は下記の公式サイトから無料で送ってくれるので是非ご覧ください。

私立学校でウォーターサーバーの導入に携わり、安全な水を学生に提供する責任者を担当しました。そんな経験を踏まえて説明いたしました。参考にして頂ければ幸いです。  なお@パパ家事

参考>>「さかなクンのウォーターサーバー」分かれる口コミ。自宅利用はどうなの?

タイトルとURLをコピーしました