どこにでも置ける【水道水補充型】ウォーターサーバー

この記事は約3分で読めます。

在宅時間が増えたこの頃、お家でペットボトル水を飲むことが増えてきましたね。

ペットボトル水は本数が増えると結構な費用になります。

ペットボトルを買うより、リーズナブルな方法ではないでしょうか?

実は、ウォーターサーバーには水道水を補充して使うタイプがあります。

しかも、どこにでも置ける工事のいらないウォーターサーバーです。

手軽にウォーターサーバーの水が楽しめるので紹介します。

水道水を補充するタイプのウォーターサーバー

設置する時に工事が必要だったり、サイズが大きくキッチンやリビングには良くても、寝室や書斎、自分の部屋などには、難しいことがあります。

ウォーターサーバにはいろいろなスタイルがあります。

実はあまりPRされていませんが、水道水を自分で補充して使うタイプのウォーターサーバーがあります。

水道水を補充して使うウォーターサーバーです。

次のようなメリットがあります。

・設置工事がいらない
・コンセントがあれば置ける
・コンパクトなサイズ
・水道水を使うので安い

では、説明していきます。

設置工事がいらない

水道水を使うウォーターサーバーは、一般的に水道水につなぐ工事をしなくてはなりません。

設置工事が有料なメーカーもあります。

しかし、水道水補充型は水道水につながないタイプですから工事は不要になります。

水は、自分で水道水を汲んでウォーターサーバーに補充します。

なので設置工事が不要です。

もちろん撤去工事も不要なので、お手軽なのです。

コンセントがあれば置ける

どこにでも置けるのですが、条件が1つあります。

それは、コンセントが近くにあることです。

ウォーターサーバーでは、冷水、温水をつくるので電気のコンセントが必要です。

それ以外はなにもいりません。

コンパクトなサイズ

水道水を補充するタイプは、意外とコンパクトなサイズなのです。

卓上タイプもありますので、ひとり暮らしにはとてもいい感じで使えます。

必要なだけ水道水を補充すれは、ウォーターサーバーが浄水にしてくれます。

そして、冷たい水や熱いお湯がつかえます。

水道水を使うので安い

天然水やRO水とは違って、水道水のミネラル成分を残してきれいにおいしく仕上げた水です。

つまり、もとになる水は「水道水」なのです。

もともと安全な水をさらに不純物を除去してキレイにするのです。

水道水はとても安い料金ですから、水料金を気にせずにたくさん使えばそれだけお得になります。

この水道水を使うウォーターサーバーは、基本的にレンタル料金が定額制となっています。

おすすめの機種

ハミングウォーター

★目安:月3,300円で使い
・補充タイプなので工事が不要
■特徴:水道水補充型 浄水
・水道水をサーバーに補充
■レンタル料 定額制
・(月額)3,300円
■水料金:0円
・使った分の水道料金だけ
■メンテナンス料金:無料
・フィルタ初回2,200円
・4か月ごと無料交換
■解約料金・2年契約
・2年以上無料
・2年未満:16,500円
■電気料金(月額)
・475円

エブリーフレシャス・ミニ(every frecious mini)

★目安:月3,300円で使い放題
・卓上タイプならこの機種!
・一人用で人気が急増
■特徴:水道水補充型 浄水
・水道水をサーバーに補充 
・【卓上型】
■レンタル料 定額制
・(月々)3,300円
■水料金 0円
・使った水道料金のみ
■メンテナンス料金:無料
・6ヶ月に1回
・フィルターを自分で交換
■解約料金:3年契約
・3年以上無料
・1 年未満:22,000 円
・1ー 2 年未満:16,500 円
・2ー 3 年未満:11,000 円
■電気料金(月額)
・410円

アクアバンク

★目安:月4,378円で使い放題
【水素水】がこの値段はお得!
・主婦が選んだサーバー第1位
■特徴 水道水補充型
・【水素水】を作る
・水道水をタンクに補充
・給水工事が不要
■レンタル料 定額制
・(月々)4,378円
■水料金 0円
・使った分の水道料金
■メンテナンス料金:無料
・年位1回スタッフが訪問
■解約料金・契約1年
・1年未満:15,000円
■電気料金(月額)
・1,000円
■設置登録手数料金
・セルフ:2,200円
・業者依頼:5,500円

タイトルとURLをコピーしました