【水道直結】水道水ウォーターサーバーの料金には2つのメリット。

雑記
この記事は約4分で読めます。

「ウォーターサーバーは、料金が高くつきそうだ・・・」

こんなお悩みをお持ちのあなたに、おすすめしたいのが「水道水」を使ったウォーターサーバー「ウォータースタンド」です。

この記事では、さかなクンのCMで話題の「ウォータースタンド」を事例に説明します。

・水道水ウォーターサーバーとは?
・水道水が見違えるほどのおいしさ
・料金に2つの決定的メリット

について紹介します。

水道水ウォーターサーバーのお得さが見えてきますよ!

水道水ウォーターサーバーとは?

水道水ウォーターサーバーとは?
水道水ウォーターサーバーとは?

ウォーターサーバーには、2つの種類があります。

一般的な「天然水」宅配のウォーターサーバーと、「水道水」を使うウォーターサーバーです。

今回、この記事では水道水を使うウォーターサーバー「ウォータースタンド」を紹介することにします。

仕組みはとっても簡単です。

キッチンなどの水道から細いホースをウォーターサーバーにつないで使います。

水道水から高度なフィルターで不純物を取り除き、きれいでおいしい水にしてしまいます。

メリットは、

・宅配水の受取り、廃棄が不要
・とってもコンパクト

・水料金は、使った水道水だけ

です。簡単に説明します。

宅配水の受取り、廃棄が不要

一般的なウォーターサーバーは、宅配で定期配送される水の受け取りがあります。

水道水ウォーターサーバーは、
受け取りも、注文も、保管も、使用後の廃棄の手間も不要です。
なので、とっても楽なのです。

とってもコンパクト

重い水ボトルが不要なので、とってもコンパクトです。

調理台の上、カウンターの上にも置ける大きさです。

もちろん床に置く場合は、専用の置台もあります。

水料金は、使った水道水だけ

何といっても、最大のメリットは、水料金は水道水を使った分だけです。

水道水は、1リットルが約0.24円です(東京の概算)

ミネラルウォーター500mlが100円とするなら、水道水は0.12円です。
1円もしないので、とってもお安く上がります!

しかも、不純物無しのおいしい水なので、お得感はハンパではありません。

水道水が見違えるほどのおいしさ!

水道水が見違えるおいしさに!
水道水が見違えるおいしさに!

水道水が、見違えるほどおいしくなります!

水道水に含まれている消毒用の塩素(カルキ)と不純物を除去するからです。

その精度は99.5%除去します。
99.9%の機種もあり、使いたい方を選べます。

ぼくも浄水を使っていますが、お米を炊くときに使います。炊きあがりが、まるで違います。ふっくらとお米のおいしい香りがして、それまでとは、別物です。

また、生野菜を洗って食べたりするので、1日に10リットルは軽く使っています。

料金に2つの決定的メリット

ウォータースタンドは2つのお得!
ウォータースタンドは2つのお得!

水道水を使う「ウォータースタンド」は、料金に、とってもお得な特徴があります。

(1)定額制の料金

ウォータースタンドの料金には

「初期設置費用」
「撤去費用」
「フィルター定期交換」
「故障修理費用」等

メンテ関連費用が全て定額制の料金に含まれます。

例えば人気の「ネオ」の場合は次の料金となります。

レンタル料金定額制
・月額 4,378円(税別3,980円)

この料金以外は、いくら水を使ってもかかりません。

(2)最低契約年数は1年間

ウォーターサーバーを契約する時に、意外と見逃す料金があります。

それは、途中で事情があって契約を取消す場合の違約金です。

通常のメーカーでは、最低2年間、或いは3年間の契約が一般的です。

なので、2年になる前、3年になる前に契約を取消すと、高額な違約金が発生する場合があります。

「ウォータースタンド」は、その最低契約期間が、1年と短いのです。

とても良心的な契約となっています。

1年未満解約:11,000円(税込)
1年以上の場合:無料

水をたくさん使う方に、おすすめ!

お水をたくさん使う方に向いています。
お水をたくさん使う方に向いています。

ウォータースタンドは、水を使えば使うほど得になるウォーターサーバーです。

「きれいな水が使い放題」ということは、実用的であり現実的です。

日常的にマイボトルに水を詰めて持ち歩いたり、ご飯を炊いたり、料理に使ったりできます。

赤ちゃんのミルクを作ったり、カルキの無い水を使いたい時なども便利に使えます。

資料請求・お申込み方法

資料が無料でもらえます。また、申込や相談も公式サイトから簡単にできます。

公式サイトをみてみる

ウォータースタンド

タイトルとURLをコピーしました