ウォーターサーバー『お湯』比較!高温の温水はどの機種?

この記事は約7分で読めます。

ウォーターサーバーは冷水だけでなく、かんたんにお湯が使えることもメリットですね。

しかし、あまり知られていないのがウォーターサーバーのお湯の温度です。

「ウォーターサーバーのお湯はぬるくない?」

「お湯の温度はどれ位あればいいの?」

「どのウォーターサーバーが高温のお湯が出るの?」

そんな疑問があるのではないでしょうか?

実際に自宅に導入してみて初めて大切さに気が付くのが「お湯の温度」です。

飲み物やインスタント食品、料理の時短でお湯を使ったりします。

その時にもっとお湯の温度が高かったら・・・そんなことを実感します。

そこで、ウォーターサーバーのお湯の温度を徹底比較してみました。

スポンサーリンク

ウォーターサーバーのお湯の温度は何℃が適温?

お湯を使う用途によって、お湯の温度は何度位が適温なのかをまとめました。

お湯の温度は何℃?お湯の温度の目安
ミルクの調乳最低70℃以上
インスタントコーヒ-適温80℃
ドリップコーヒー90℃~96℃
カップ麺熱湯100℃

ミルクの調乳では、最低70℃以上でつくる

通常ミルクを作るときは、沸騰した水道水を冷まして70℃以上で調乳します。

そしてできたミルクを約40℃まで冷まして、ひと肌になったら赤ちゃんに飲ませます。

世界保健機関(WHO)及び国連食糧農業機関(FAO)がガイドを公表しています。

ガイドラインによると使用する湯温は70℃以上を保つこととしています。

インスタントコーヒーは、約80℃のお湯が美味しく飲める

インスタントコーヒーは約80℃のお湯で作ると美味しく飲めます。

本格的にコーヒーをドリップする場合の適温は、沸騰直後の90~96℃の温度です。

メーカーに多少差がありますが、ほぼこの範囲で美味しく淹れることができます。

カップ麺は熱湯の100℃が美味しい。

カップ麺メーカーでは、お湯は熱湯を使うことを想定しています。

カップ麺のメーカーではカップ麺のお湯の温度を次のように説明しています。

製品の調理方法に記載されています「熱湯」は沸騰しているお湯を指します。ポットの保温湯(95℃以下設定)では、めんがうまく湯戻りしません。おいしくお召し上がっていただくため、「熱湯」(沸かした直後のお湯)をお奨めします。

引用:日清食品グループ

ポットの保温湯95℃以下設定では、めんがうまく湯戻りしないので「熱湯」(沸かした直後のお湯)をすすめています。

ウォーターサーバーのお湯の温度を比較

人気のウォーターサーバーで、「お湯の温度が高い順」に並べて比較してみました。

お湯の温度はメーカ-が公表しているデータです。

ウォーターサーバーお湯の最高温度特徴
ウォータースタンド ネオ最高93℃水道直結型
ウォータースタンド ガーディアン最高93℃水道直結型
ウォータースタンド ステラ最高93℃水道直結型
SIPHON+サイフォンプラス最高90℃宅配水型
AQUWISHアクウィッシュ最高90℃宅配水型
Slatスラット最高90℃宅配水型
amadanaウォーターサーバー最高87℃宅配水型
amadanaスタンダード最高87℃宅配水型
フレシャス デュオ 最高85℃宅配水型
スリムサーバーIII ロングタイプ最高85℃宅配水型

次にウォーターサーバーの特徴をまとめました。

ウォータースタンド ネオ 最高93℃ 

水道水を99.5%ろ過する水道直結型の定番のタイプで一番人気の機種です。

お湯の温度は93℃とトップクラスの温水です。

■公式サイト ウォータースタンド

ウォータースタンド ネオ
・お湯の温度:85℃~93℃

・電気代月額:約859円
・お湯のタンク容量:1.0L

ウォータースタンド ガーディアン 最高93℃

水道水を99.5%ろ過する水道直結型のタイプで瞬間的にお湯を沸かすタイプ。

お湯を保温しないので電気量が月150円と最安レベルの料金です。

お湯の温度は93℃とトップクラスの温水です。

■公式サイト ウォータースタンド

ウォータースタンド ガーディアン
・お湯の温度:高/約93℃ 中/約85℃ 低/約75℃

・電気代月額:約150円
・お湯のタンク容量:瞬間湯沸でタンク無し

ウォータースタンド ステラ 最高93℃ 

水道水を99.9%ろ過する水道直結型のタイプでROフィルターを使った最高レベルの機種です。

お湯の温度は93℃とトップクラスの温水です。

■公式サイト ウォータースタンド

ウォータースタンド  ステラ
・お湯の温度:85℃~93℃

・電気代月額:約635円
・お湯のタンク容量:1.0L

SIPHON+サイフォンプラス 最高90℃ 

SIPHON+サイフォンプラスでベーシックモデルでロングタイプとショートタイプがあります。

最高温度は90℃で、コンビニにおいてある電気ポットと同じ温度です。

湯量タンクの量が1.8Lと1.3Lがあります。

公式サイト フレシャス

SIPHON+サイフォンプラス
・お湯の温度: 80〜90℃

・電気代月額:エコで約330円(通常の1/3)
・お湯のタンク容量 1.8 or 1.3リットル

AQUWISHアクウィッシュ 最高90℃ 

ベーシックモデルでロングタイプとショートタイプがあります。

最高温度は90℃で、コンビニにおいてある電気ポットと同じ温度です。

公式サイト フレシャス

AQUWISHアクウィッシュ
・お湯の温度:80〜90℃

・電気代月額:エコで約330円(通常の1/3)
・お湯のタンク容量 1.8 or 1.3リットル

Slatスラット 最高90℃ 

機能性とデザイン性を兼ね揃えたフレシャスの売れ筋の「デザイナーズモデル」です。

お湯の温度は通常85℃ですがリヒート機能があります。

リヒート機能があり一時的にお湯の温度を90℃まで上げることができます。

■公式サイト フレシャス

Slatスラット
・お湯の温度:80〜85℃、(エコ70〜75℃)

・リヒート機能:約90℃まで温める。
・電気代月額:エコで約380円(通常の1/3)
・お湯のタンク容量:1.5リットル

amadana ウォーターサーバー 最高87℃ 

木の台に置くタイプで日本の文化を取り入れたデザインで人気です。おしゃれに使うにはトップを競うデザインです。

お湯の温度は、最高87℃です。

■公式サイト プレミアムウォーター

amadanaウォーターサーバー
・お湯の温度:約87℃

・電気代月額:約980円
・お湯のタンク容量:0.9L

amadanaスタンダード 最高87℃ 

amadanaスタンダードはロングタイプです。

お部屋のインテリアによく似合うデザインで人気のある機種でお湯の最高温度は87℃です。

■公式サイト プレミアムウォーター

amadanaスタンダードサーバー
・お湯の温度:約87℃

・電気代月額:約1,060円
・お湯のタンク容量:2L

フレシャス デュオ 最高85℃

GOOD DESIGN を受賞している人気のウォーターサーバーです。テーブル上に置ける小さな「デュオ ミニ」もあります。

お湯の最高温度は85℃です。

■公式サイト フレシャス 

フレシャス デュオ
・お湯の温度:80~85℃(エコ:65~75℃)

・電気代月額:エコで約330円(通常の1/3)
・お湯のタンク容量 1.5リットル

スリムサーバーIII(ロングタイプ)最高85℃

レンタル料が無料の定番の人気機種です。

カラーが本体4色、水のカバーが3色あり組み合わせが出来ておしゃれになり人気です。

■公式サイト プレミアムウォーター

お湯の温度:約85℃
電気代月額:約630円(エコ500円)
お湯のタンク容量:1.8L

「お湯の温度」比較した結果

どのメーカーの機種も、ミルクを調乳する温度の70℃以上は満たしていました。

また、コーヒーを飲む場合にはインスタントコーヒーはどの機種も適温で飲むことができます。

しかし、ドリップ式でコーヒーは90℃以上が目安なので、93℃まで熱くなるウォータースタンドが最高温度となります。

カップに必要な熱湯100℃はどの機種も出ません。

カップ麺を作る時は、95℃以下になると上手く作れないという口コミもあります。

フレシャス「Slatスラット」はリヒート機能があります。一時的に温度を90℃に上げる機能でカップ麺の食べごろが作れると説明しています。

また、お湯の高温93℃と高いのがウォータースタンドでは、カップ麺が食べごろで作れるとメーカーが説明しています。

高温の温水を使うなら93℃のお湯が出る「ウォータースタンド」がおすすめです。

公式サイトウォータースタンド

タイトルとURLをコピーしました