ウィルキンソンが日本で生まれた意外なワケ?

炭酸水のウィルキンソンは日本製だった。

そのルーツは意外なストーリーを秘めていたのです。おいしさは歴史だったのです。

ウィルキンソンって日本製だったのです。

あのデザインはどうみても第一印象は海外製品。

炭酸水のボトルに「・・・100年を超える伝統の強刺激」と印刷されています。

正真正銘の日本で生まれ日本で作られているのです。

でも、日本では意外にも知らない人が多いのが不思議なのです・・・

日本のどこで製造されているのか?

兵庫県明石で製造されています。

始まりは、1890(明治23)年に「仁王印ウォーター」の名で販売しました。

時を経て、平成3年からは「アサヒ飲料株式会社 明石工場」で生産をしいて現在に至っているのです。

ここからルーツを紹介します。

130年前に宝塚の山中で発見!がルーツです。

アサヒ飲料の資料によると、1889(明治22)年ころに英国人ジョン・クリフォード・ウィルキンソン氏が、狩猟に行った宝塚の山中で「炭酸鉱泉」を発見したのが始まりと言われています。

世界でも有数レベル「良質なミネラルウォーター」

この「炭酸鉱泉」を母国のイギリスに送り分析したところ、世界でも有数のレベルの良質なミネラルウォーターだったのです。

「ウィルキンソン」は、英国人の名前だった。

ネーミングは、「英国人ジョン・クリフォード・ウィルキンソン氏」に由来していたのですね。

マメ知識

「タンサン」はウィルキンソンの商標

今では「タンサン」という呼び方が一般的になっていますが、はウィルキンソンの商標なのです。

「タンサン」という名称は、ウィルキンソン氏がイギリス領事に相談して決めたと言われています。

おわりに

ウィルキンソンが日本製だったことが分かりました。

宝塚の山中で130年前にウィルキンソン氏が発見したという「タンサン」は、いまも人気の飲み物です。

なお(ライター@naoblog33.com)