最新エアコン3台で電気代月1万円安のお得感

役立つ情報

最新のエアコンに入れ替えたら、8月の電気代が1万円安くなりました。

省エネエアコンの入替の節約方法を紹介します。

スポンサーリンク

10年目のエアコン2台を廃棄!

エアコン購入でお金はかかったのですが、電気代が格段に安くなったのです。

10年過ぎてもまだ動くのですが、思い切って古いのを廃棄しました。

スポンサーリンク

電気代どれ位安くなったか?

ざっくり計算します。

前年の8月は、10年超の古いエアコン2台を使っていて、8月の電気代は3万円をこえていました。

今回猛暑の夏は、新しく交換したエアコン3台をフル回転で使いました。

8月の電気代は、月に約2万円でした。

エアコン交換で月1万円の差が!

つまり、古いエアコン2台を最新のエアコン3台に交換しても月1万円の電気代が安くなったのです。

これには驚きました。

大きめのエアコンアは、キッチン・ダイニング・6畳和室の3部屋を1台でj十分網羅できます。10畳用です。
大きめのエアコンは、キッチン・ダイニング・6畳和室の3部屋を1台で十分網羅できます。10畳用です。

お金を工面して古いエアコンを最新の省エネタイプに交換して、大成功でした。

2台を3台に増やした理由

第1の理由

近年の異常気象で、ガマンしてなんとかなる時代は終わったからです!

リビングはエアコンが不要の風通しの良い部屋でしたが、猛暑には勝てませんでした。

第2の理由

孫たちがやってくるようになり、1台追加して合計3台が必要になった。

子育てが終わっても、孫という投資先がでてまいりました・・・

第3の理由

年金生活が始まりました。

今後は家計が厳しくなるので、今のうちに交換することにした。

エアコンを交換する決断

定年で年金暮らしとなると、節約が基本なので光熱水費は頑張って行かなければなりません。

あと何年かすると、体も厳しくなる

まして、高齢になってくるので体調も今まで通りの管理では済みません。遠慮なく使えないと、熱中症で死んでしまします。

まだ、お金が残っている間に

お金のある内に、他は削ってもエアコンを先に交換しようと思ったのです。

1時間あたりの電気代の求め方

ここで電気代の計算方法を確認しておきます。

電気代(円)=消費電力(kW)×27(円) ※

※ 電力料金目安単価27円/kWh(税込)[平成26年4月改定]で算出。

10畳用エアコンの例  

エアコン1時間の消費電力 550W(=0.55kw)
電気代=0.55KW×27円

1時間:14.85円です。

10時間使っても約150円です。1台30日で約4500円ですね。

命を守る保険代とすれば、安いものです。

生命を、守る時代です。

地球の温暖化は確実に進んでおり、従来の過ごし方とは変わってきています。

扇風機と水まき、風鈴と行水・・・

優雅な夏の時代は終わり、命を守る事が必要な危険な高温へと変わってきました。

新しいエアコンには、最新のフィルターが付いていてPM2.5 や花粉も除去してくれるので、家の中がクリーンな空気になります。

おまけにフィルター自動洗浄機能付きでナマケモノには嬉しい機能なのです。

おわりに

新しいエアコンは機能も進化しており、年間使うので、古いエアコンは交換することをおすすめします。

なお(ライター@パパ家事)

タイトルとURLをコピーしました