「このブログはアフィリエイト広告を利用しています」

野菜が苦手でも食物繊維がとれる!ブルックスのカフェサプリがおすすめ

食物繊維は健康にはとっても大切なものですね!

食物繊維は現代の日本人にはかなり不足していると言われています。

ところが食物繊維が豊富な野菜が苦手という方も少なくありません

そこで不足がちな食物繊維を補うのが今回ご紹介するドリップコーヒーで知られているブルックスの商品「カフェサプリ」です。

コーヒーなのに無理なく食物繊維がとれます。

「カフェサプリ」とはどんな商品なのかご紹介します。

野菜が苦手でも食物繊維がとれる?

厚生労働省によると、食物繊維はほとんどの日本人に不足している食品成分なので積極的に摂取することをすすめています。

そして食物繊維には次の機能があると説明しています。

食物繊維は小腸で消化・吸収されずに、大腸まで達する食品成分です。便秘の予防をはじめとする整腸効果だけでなく、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下など、多くの生理機能が明らかになっています。

引用:厚生労働省 食物繊維の必要性と健康

食物繊維は1日にどれ位とればいいのでしょうか?

その目安は18~64歳で次の通りです。

  • 男性21g以上
  • 女性18g以上

出典:厚生労働省策定の「日本人の食事摂取基準(2020年版)

ところが、現代日本人の平均食物繊維摂取量は一日あたり14g前後

つまり食物繊維がかなり不足していますね!

その不足量は大体以下の通りです。

  • 男性1日の目安:21g以上 ➡ 7gの不足
  • 女性1日の目安:18g以上 ➡ 4gの不足

これだけ不足している食物繊維なのですが、さらに野菜が苦手ならさらに不足気味になってしまいます。

具体的にはどのように食物繊維をとればいいのでしょうか?

食物繊維を手軽にとるには一日のうち1食の主食を「玄米ごはん」「麦ごはん」「胚芽米ごはん」「全粒小麦パン」などに置き換えるのがおすすめです。

さらに、豆類、野菜類、果実類、きのこ類、藻類などにも食物繊維は多く含まれています。

例えば1食あたり食物繊維が2~3gも含まれているものには次の食材があります。

そば、ライ麦パン、しらたき、さつまいも、切り干し大根、かぼちゃ、ごぼう、たけのこ、ブロッコリー、モロヘイヤ、糸引き納豆、いんげん豆、あずき、おから、しいたけ、ひじき

食物繊維を効率よくとるには、毎日の食事の中にこれらの食物を取り入れて食べることがおすすめです。

食物繊維は一日あたり3~4gを目安より増やして積極的に摂取することを厚生労働省では勧めています。

そこで利用したいのが今回ご紹介するのが食物繊維がとれるブルックスのカフェサプリです。

食物繊維がとれるブルックスのカフェサプリとは?

ブルックスの【カフェサプリ 食物せんい】 とは、コーヒーでありながら食物繊維がとれるサプリです。

コーヒーを1杯のむと食物繊維が4gも摂取できるのが特徴です。

カフェサプリは1日1杯が目安となります。

食物繊維4gは、ちょうど日本人が1日に不足する摂取量を補うことを助ける量ですね。

普段飲んでいるコーヒーを1杯だけカフェサプリに変えることで食物繊維が4gもとれます。

カフェサプリのお試しセット

カフェサプリとはどんな感じなのかわかりません。

そこで、カフェサプリをお試しできるセットがあります。

当ブログから申し込むと1,058円(税込・送料無料)で12日間のお試しセットが利用できます。

カフェサプリ:1,426円(税込)+ 郵送費350円 =1,776円 ➡ 1,058円です。

もしよかったら、ぜひお試しください。

12日間お試しセット価格:1,058円(初めての方:税込 送料 無料)

お試しセットの申込みは下記から
【BROOK’S 食物せんい】

タイトルとURLをコピーしました