火災保険『見直しのタイミング』知って得する基礎知識

保険と年金
この記事は約4分で読めます。

火災保険は一般人にとっては難しそうな分野でつい保険会社にお任せですね。しかし、ポイントを知っておくと詳しい知識が無くても得することもあります。火災保険の見直しのタイミングについて簡単に分かる様に紹介します。

スポンサーリンク

火災保険を見直すタイミング

火災保険は火災の補償ばかりではなく台風での屋根の破損修理や地震災害での補償も含まれる重要な保険です。しかし、一度加入するとそのまま見直しをせずにいるといざという時に慌てないように基本的なポイントを押さえておきしょう。

火災保険を見直すタイミングは、人生の中で生活変化が起きた時がそのタイミングです。住宅の購入や引っ越し、結婚、子どもの誕生、就職、仕事の転勤、一人暮らしの開始、両親との同居や離別などがあり、この時期が見直すタイミングとなります。

なので、生活していてこのような大きな変化があった時は、是非火災保険を見直すタイミングが来たと覚えておきましょう。では、主な生活上で見直すタイミングとポイントを説明します。

火災保険と住宅購入

住宅を購入した時は火災保険に加入しましょう。火災保険なので火災が発生した時の補償です。家財の消失や破損などもあったり、お隣さんへ火が燃え移った場合の補償なども火災保険には決められています。

さらに台風や水害などの自然災害で被害が出た時も火災保険で補償されますので覚えておきましょう。地震保険は火災保険に加入しないと補償されないでの火災保険に加入するときにしっかりと確認しましょう。

火災保険と賃貸住宅

アパートやマンションなどの賃貸住宅に住む場合は火災保険に加入するのが前提となる場合が殆どです。でも、火災保険の加入は義務ではありません。

アパートやマンションを借りて引っ越すときなど「現状回復義務」があるので、もし加入していないと水漏れや火災などが発生した場合費用を自分で負担することになります。賃貸物件を借りる時に不動産会社から火災保険に加入することを紹介されることもありますが、それとは別に自分で選んでもいいのです。

賃貸契約の場合「借家人賠償責任保険」「個人賠償責任保険」の特約を付けた火災保険の加入が条件になる場合もあります。不動産会社に詳細は相談してくださいね。

火災保険と住宅の増改築

住宅の増改築があった場合に見直しに気付かないときがあります。すると増改築部分の補償がされないので注意が必要です。

増築・改築して住宅の面積が変わった時は、火災保険料が変更になることがあります。なので「住宅の再評価・必要保険金額」を見直す再設定が必要になります。このような場合も見直すタイミングなので覚えておきましょう。

火災保険と家族構成の変化

家族人数が変わるとなぜ火災保険の見直しが必要なのでしょうか?その理由は人数が変わることで家財道具が変わるからです。

親が同居することになった場合は、親の家財道具が増えるためその分の火災保険の家財補償部分の見直しをしないと補償されない場合があります。逆もあります。

火災保険の満期が来たとき

火災保険の満期の時期が来ると事前に保険会社や保険代理店から通知が送付されてきます。長年の住宅ローンが完済した時も同様に送付されてきます。

それまでと同じ内容で継続する場合は「契約更新」の手続きをします。この時が火災保険を見直すタイミングとなります。この先をよく検討して「補償内容がこのままでいいのか」「家財補償はどうなのか」などを見直すチャンスです。もちろん火災保険会社を変更することも可能です。

火災保険で台風被害を補償

私ごとですが住宅ローンが完済し25年間何事も無く無事だったのでもう火災保険は不要かなと思ったのです。しかし高額な保険料では無いので念のため加入しておいた方が良いと判断して保険会社を変更して契約しました。

それから半年後に大型台風19号が来て屋根の修理、次の時がベランダの破損と2回に渡って火災保険で修理代が全額保証されたのです。この時は加入して良かったと思いました。見直すときは特に自然災害(風、水)等の被害の場合を保険会社に確認することをおすすめします。

おわりに

火災保険を見直すタイミングについて説明しました。一生の間に見直しのタイミングがあるのでしっかりと確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました