穴場の温泉施設「月のあかり」会津東山温泉で納得の一泊!

ちょっとシェアハウスっぽい温泉を見つけて宿泊してみました。想像では安いので「チョット・・・」と思っていましたが、予想を超えていたので紹介します。

1泊朝食付き温泉が5,010円(税込)

福島県会津若松市から山間に入ったところにある「東山温泉」は、昔から地元でも大変人気のある温泉です。

いつもは大型施設の東山グランドホテル(大江戸温泉グループ)があり利用しています。夕食のバイキングと朝食付きで平日で9,600円台~、土曜日13,800円~です。いプランで10,000円前後を選んで温泉を満喫しています。

その東山グランドホテルの手前にあるのが「月のあかり」というプチホテルとも旅館ともいえない、新しいジャンルの温泉宿泊施設がリニューアルオープンしたのです。

サービスを極力省力化していて、必要な所にお金をかけたともいえる宿泊施設です。これをリノベーションと呼ぶのでしょう。

予約は楽天トラベルにネットから予約して、現地での清算としました。

楽天トラベル

フロントで前清算なので宿泊費を支払いました。楽天のポイントが100Pあったので使いました。2人で10,020円なので、1人税込み5,010円なのです。

ちなみに仕事で使ったことのある、東横イン会津若松駅前では、シングル土曜(ネット予約:クラブ会員6,935円、一般が7,300円)ほどです。

部屋がキレイで、広い

ちょっと狭い畳がありますが、2人で1部屋だから実質13畳以上の広さです。冷蔵庫、グラス、湯沸かしポット、テレビ、自動洗浄トイレと洗面台があります。浴衣と洗面用具、タオル、バスタオルも用意されています。

かけ流しの温泉がある。

アルカリ泉の温めの温泉です。癖が無く入りやすいのです。

サービスで、すきなシャンプーを小さなカップに入れてお風呂に持っていきます。もちろんお風呂にもすべて用意してあります。

川のせせらぎが見える温泉です。ぬるめの温泉です。

きれいに掃除されていて気持ち良く入浴できました。

ラウンジが使い易い

海外からの観光客でも十分使えるデザインです。窓のブラインドの向こうには、緑一杯の景色が望めます。

ユースか民宿か?図書コーナーがあり結構いろんな本が用意されています。

ドリンクがサービス

ソフトドリンクはサービスです。生ビールは1杯500円でサーバーからカップに注ぎます。ウォーターサーバー、氷のサーバーも用意してあります。

朝食は、かんたんな仕出しおかずと「超おいしいごはん」

東山温泉ではそれぞれ得意分野があってコラボしているようです。専門に美味しい素材を作っている店とネットワークを組んで提供しているようです。

このシステムは、現代の協業なのでしょうか、よく考えています。

ごはんは超美味しいのです。

なぜこんなに美味しいのかと聞いたら、コメはもちろんですが、「水」が違うからなのだそうです。

ごはんだけで、満足なのです。

焼魚、卵焼き、納豆、山菜の煮物などが美味しいのです。

さすが会津のごはんはおいしく、3杯もいただきました。

総合評価は、満足です。

建物自体は新しいものではありませんが、リフォームではなくリノベーションをしたのだと思います。

リノベーションはリフォームと違うのです。

リフォームは、 原状回復のための修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処なのに対して、

リノベーションとは、
機能、価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修を行うことなのです。

よく利用されていました。

近辺の温泉旅館が空き家となっている中で、老舗旅禍と肩を並べてお客さんがたくさん入っていました。

特に仕事で宿泊されてる方が見受けられ、ビジネスホテルから温泉付きでもビジネスホテルよりも安く泊まれるところに価値をおいた宿泊施設だと感じました。

わたしはビジネスホテルは全国で100以上出張で利用していましたが、ここはおすすめの宿泊施設です。

決して交通の便は良いとは言えないのですが、車のお客さんは来ていました。

なお(ライター@naoblog33.com)