食べたい分だけ作る『簡単ぬか漬けセット』一人暮らしにおすすめ!

家事をやろう!
この記事は約4分で読めます。

ぬか漬けは栄養があっておいしい漬物です。

植物性乳酸菌が豊富なので、おなかの腸内環境にも大変よい発酵食品です。

しかし、ぬか漬けを初めて作るのは大変だという方に簡単に作る方法があります。

ぬか漬けに必要な材料が全てそろっている「ぬか漬けセット」で作る方法です。

しかも、ぬか床で作ったのと同じように植物性乳酸菌もしっかり取れるのです。

わたしはぬか床から作っていて毎日ぬか漬けを食べています。

乳酸菌の効果もあり、お腹が実に快調で毎日スッキリしています^^

その日に食べる分だけ作れるので、一人暮らしの方に是非おすすめしたい一品です。

ぬか漬けセットとはどんなものかを紹介しますので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ぬか漬けセットは一人暮らしにおすすめ!

作りたてのぬか漬けは美味しい!
作りたてのぬか漬けは美味しい!

今回紹介するぬか漬けセットは、食べる分だけ作れます。

初めてでもで簡単に短時間で自家製のおいしいぬか漬けを作るセットです。

時間が無い方や、一人暮らしで手間をかけることが出来ない方にはおすすめです。

本来ぬか漬けは、ぬか床の素になる「米ぬか」の素を買ってきて作ります。

以下の手間を必要としないで、同じようにぬか漬けができるのです。

比較するために、どんな風にぬか漬けを作っているのか参考に紹介します。

わたしが作っているのは、ぬか漬けの素を買ってきてカメにいれて熟成させて作ります。

ぬか漬けの素
ぬか漬けの素

このようぬか漬けの素(米ぬか)を水と塩でこねてから手順を踏んで熟成させてぬか床を作ります。

それから、野菜くずを入れて3~5日置いてさらにぬか床を熟成させて、植物性の乳酸菌を育てます。

それから、はじめて野菜を入れてぬか漬けを作ります。

毎日ぬか床をかきまぜないと、アンモニア臭がしてきてとても臭いがきつくなります

また、ぬかが減ってきますので、時々足してあげます。

ぬか床の管理は手が抜けません。

夏は暑すぎるので冷蔵庫で管理します。

手間がかかりますが、でも「美味しい」のですからやめられません。

時間のある方は是非自分で作ることをおすすめします。

スーパーで100円で売っているぬか漬けとは一味ちがい、本当においしいです。

ぬか漬けセットは、このような手間をかけないで作れます。

そして、自家製のおいしい「ぬか漬け」が出来てしまうのです。

スポンサーリンク

ぬか漬けセットで簡単にぬか漬けを作る

ぬか漬けセットを利用すれば自家製ぬか漬けが簡単にできます。

今回紹介するのは90分で本格的な「ぬか漬け」が完成するという優れものです。

ぬか漬けセットを製造しているのは、インスタント飲料で有名なブルックスです。

粉末飲料が専門の会社で、NHKのおはよう日本「まちかど情報室」でも紹介されました。

さすがブルックスだけあって、本格的なぬか漬けを作るための手抜きはしていません。

使用している「米ぬか」は国産で安心できます。

その製法は、ぬか床を乾燥させて粉末にして作っています

ぬか床そのものと言ってもいいくらいです。

驚いたのは、植物性乳酸菌がタップリと入っていることです。

ぬか漬けの乳酸菌を育てるには、先ほど説明した自家製の場合は時間がかかるのです。

それが、すでにセットされていることが驚きです。

新鮮な野菜を使うので「自家製の作りたてのぬか漬け」が食べられるというわけです。

ぬか漬けセットの紹介

ぬか漬けセットは「かんたん ぬか美人」というかわいい名前です。

ぬか美人の説明を引用しますので参考にしてください。

大さじ2杯半(25g)で、きゅうり・なすなら2本、にんじんなら1本が漬けられます。欲しい分だけすぐに作れて便利なうえ、お好みで漬け込む時間とぬかの量も調整可能です。
使い捨てのため、従来のぬか床では難しいお刺身や生ハムなど意外な食材を漬けて楽しむこともできます。

抜粋:かんたん ぬか美人より

作り方は『かんたん ぬか美人』というぬか漬けの素をポリ袋に入れ水を加えます。

きゅりや、大根、なす、ニンジンなど食べたい分の野菜をポリ袋に一緒に入れます。

常温で約90分間ほど漬けておくだけで完成です

本格的なぬか漬けかをサッと作れるので、一人暮らしでも「自家製ぬか漬け」が楽しめるのです。

おすすめなので、是非ためしてみてください。

「かんたん ぬか美人」の詳細は公式サイトへ↓

【かんたん ぬか美人】

おわりに

ぬか漬けを簡単に作れる「ぬか漬けセット」を紹介しました。

ぜひ、美味しいぬか漬けをお楽しみください。

なお(ライター@パパ家事)

タイトルとURLをコピーしました