「このブログはアフィリエイト広告を利用しています」

お風呂掃除は毎日したほうがいい?掃除の頻度とコツ

お風呂掃除は、ちょっと面倒ではないでしょうか?

しかし、面倒だからと、掃除をなまけると、ぬるぬるに!

そこで、お風呂掃除の効果的な頻度と掃除のコツを紹介します。

「PR」

お風呂掃除は毎日したほうがいい?

お風呂掃除は、毎日したほうがいいのでしょうか?

ハウスクリーニングの専門家の情報では、次のように説明しています。

お風呂掃除の頻度は、毎日行うのがおすすめです。

お風呂掃除を毎日する、理由は次の通りです。

お風呂場は、高温多湿だからです。

その結果、「カビや雑菌が繫殖しやすい環境」と言えます。

つまり、定期的に掃除をすることが重要です。

毎日掃除することで、カビや雑菌が繁殖しない清潔な環境を保つことができます。

しかし、お風呂掃除は重労働で、疲れていたりすると、やりたくない時もあります。

そんな時は、どうしたらいいのでしょうか?

お風呂に入った時に、掃除も一緒にやる?

改めて、お風呂掃除をするとなると、面倒になります。

衣服が濡れたり、お風呂用のサンダルを履いたりと、手間がかかります。

そこで、楽な方法は、最後にお風呂にはいった時に、掃除してしまうことです。

それが、なぜいいのか理由が3つあります。

  1. お風呂場が暖かくなっているので、汚れが落ちやすい
  2. 体が濡れたままなので、水がかかっても気にならない
  3. バスタブなどは、そのまま入って掃除できる

お風呂場が暖かくなっているので、汚れが落ちやすい

お風呂に入った時に掃除をするとラクです。

理由は、お風呂の壁も、床も、バスタブも、イスも風呂おけも、温かくなっているからです。

そのため、少ない洗剤でも汚れがよく落ちるから、経済的です。

バスタブのお湯は捨てるので、それを有効利用することができます。

体が濡れたままなので、水がかかっても気にならない

人の体は防水なので、濡れても気にならない。

お風呂掃除をすると、洗剤が服についたり、服が濡れたりして、気になるもの。

しかし、お風呂に入った時に掃除すれば、濡れたり洗剤が多少ついても、シャワーで洗い流せます。

なので、バシャバシャとお風呂掃除が、気兼ねなくできるメリットがあります。

バスタブなどは、そのまま入って掃除できる

お風呂に入った時に掃除すれば、バスタブに座ったまま、周りをしっかり掃除できます。

バスタブの掃除は、腰を曲げてさかさまになって洗います。

それは、頭に血が上り、つらい掃除となります。

疲れが違います。

お風呂掃除は、一気にやらない!

お風呂掃除を、全部の場所をやろうとすると、これはかなり疲れます。

そこで、おすすめの方法は、掃除するところを小分けにしてやること。

  • 浴室の天井
  • カベ
  • 浴槽
  • バスタブのフタ
  • 石鹸やシャンプー置き場
  • ゴムパッキンやカベの溝

これらの部分を、1日に少しだけ掃除するのが、毎日やるコツ!

今日は、排水口をやろう!

今日は、目の前の壁のカビだけとろう!

今日は、イスだけ洗おう!

こんな感じでやると、お風呂に入っている時に掃除します。

その結果、負担が少なく、数分あれば、毎日でも掃除ができてきれいになります。

お風呂掃除はダイエットになるメリット!

体力がある方は、お風呂掃除でダイエットしましょう!

お風呂掃除をする場所が、とっても多いから、体力を使い、ダイエットが期待できます。

  • 浴室の天井
  • カベ
  • 浴槽
  • バスタブのフタ
  • 石鹸やシャンプー置き場
  • ゴムパッキンやカベの溝

などのカビや汚れなど、かなりの部分が掃除の範囲となります。

これらの掃除をするだけでも、ウォーキングやジョギングに匹敵するような、カロリーを消費します。

なのでお風呂掃除は、汗もかくのでダイエットにもなります。

お風呂掃除は毎日したほうがいい?(まとめ)

お風呂掃除の頻度は、毎日するのが、おすすめです。

しかし、毎日は大変なので、小分けにして掃除すれば、続けることができます。

ぜひ、チャレンジしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました