日々の「お風呂掃除」を楽しむ方法

ブログ「パパ家事」が目指す家事のジャンル「お風呂」です。日々の家事の中で重労働なのが「お風呂掃除」です。

仕事が超多忙で疲れているパパではありますが、意外と担当をまかされているのがお風呂の掃除。

お風呂掃除が義務になると、疲れが一気に増してきます。でもお風呂掃除を楽しめるように改善すれば、逆に自らやりたくなってくるものです!

そんなことあるのか?と思われますが、実はやってみると意外にもやりがいと楽しみになるのです。

スポンサーリンク

お風呂掃除はダイエット!

お風呂掃除は体力を使います。掃除をする場所がとっても広いからです。

浴室の天井、カベ、床、窓、浴槽、バスタブのフタ、石鹸やシャンプー置き場、ゴムパッキンやカベの溝などのカビや汚れなど、かなりの部分が掃除の範囲となります。

これらの掃除をするだけでもウォーキングやジョギングに匹敵するようなカロリーを消費します。

なのでお風呂掃除はスポーツジムに通っているのと同じだと考えれば、無料のジムになります。

お風呂掃除の方法を研究

お風呂掃除は説明したように、掃除する守備範囲がとても広いです。そのため、掃除の場所ごとに専門知識が必要になります。とっても奥が深いのです。

ゴムパッキンの黒カビの取り方、鏡に着いたうろこ状の汚れの落し方、床の石鹸汚れの落とし方、浴槽を気付つけない洗い方など、掃除を研究するにはやりがいがあります。

お風呂掃除を楽しむ方法

お風呂掃除が習慣になると、そこからいろいろやり方が進歩していきます。お風呂掃除の場所ごとにノウハウが生まれ、その度に改善しながらお風呂はきれいになっていきます。

きれいになるとなぜかスッキリさっぱりして嬉しくなります。この感覚をつかめばお風呂掃除の達人の領域にに達するのかもしれません!

その中から、いくつか掃除の方法を紹介します。この方法は、実際に行ってみて効果があったものばかりですから、ぜひ試してみてください。

パパの皆さん仕事でお疲れさま。家事「お風呂」への取組を考えます。

なんで、「パパが家事するのか?」ということです。それは、忙しいから分担して家庭を運営しましょう。という事です。

家事分担は、夫婦どちらも平等にやってあたり前というスタンスです。家事はママのお手伝いではないのです。あくまでも家事分担だから、やってあたり前というスタンスです。厳しい~!

そこには、どうしてもパパの力が必要なのです。

いろいろ学びながら快適な「お風呂」のジャンルを充実されていきたいと思います。

お風呂は奥が深い家事のジャンルです。

お風呂を洗ってお湯を張る。それだけでは、まだまだ甘いのです。お風呂のジャンルは、タイルのカビ取り、排水口の髪の毛取りとヌルヌルの清掃。

カベの汚れを落とし、換気扇の掃除、そしてバスタオルやフェイスタオルの洗濯、石鹸、シャンプーの補充、風呂釜内部の垢掃除、などなど・・・

かなりの専門技術を要するジャンルで手ごわいのです。簡単には無いり込めないから、ママによ~く教わりながら要求をしっかりとメモしてスタートするのです。

おわりに

パパの家事に対するスタンスは、手伝いという「なまやっさしい」ものではありません。ノウハウがあり奥深いジャンルだからこそ、パパの力と知識が必要なのです。がんばって「風呂掃除」に励みましょう!

タイトルとURLをコピーしました