「さかなクンのウォーターサーバー」分かれる口コミ。自宅利用はどうなの?

ウォーターサーバー
この記事は約14分で読めます。

さかなクンのCMで話題のウォーターサーバーの特徴と使い勝手を紹介します。

さかなクンのウォーターサーバーの商品名は「ウォータースタンド」です。

ウォータースタンドの特徴を徹底的に解説します。

ウォーターサーバーは大きく分類すると2つのタイプがあるので使い方によって口コミも分かれます。

「家庭で使うときのポイント」もあわせて説明しますので、是非参考にしてください。

さかなクンCMのウォーターサーバーとは?

はじめに、さかなクンのウォーターサーバーと他のウォーターサーバーとの違いを説明します。

ウォーターサーバーには「水道直結式」と「水ボトル宅配式」の2つのタイプがあります。

(1)水道直結式

水道から細いホースでウォーターサーバーにつないて使うタイプです。水道水を浄水フィルターで不純物、細菌、ウイルス等を除去して使います。

さかなクンのウォーターサーバーはこの方式です。

不純物を99.9%除去したピュアウォーター「RO水」か、水道のミネラル分以外の99.5%除去した浄水を提供します。水のボトルの交換や保管の必要はありません。

(2)水ボトル宅配式

工場でボトルに水を詰めて定期的に宅配するタイプです。

天然水やRO水、RO水にミネラルを配合した水を提供します。自宅に宅配された水のボトルをウォーターサーバーに自分でセットして使う方式です。

このタイプは水ボトルの保管場所の確保や水の注文が必要です。使用済みボトルは回収してリサイクルする方式や家庭ごみで処分する方式があります。

水道直結式ウォータースタンドの3つの特徴

さかなクンのウォーターサーバーの3つの特徴を説明します。

特徴1.3つの高性能フィルター使用

ナノトラップフィルター、ネオセンスフィルター、イノセンスフィルターの働きできれいにします。

水道水からJIS指定不純物13項目を除去、水道水に含まれる「沈殿物」「苔」等の除去、不純物・バクテリア・ウイルスを99.5~99.5%除去します。

3つのフィルターにより塩素や臭いも取り除いた天然水の様なまろやかな水に仕上げます。この他に雑菌の繁殖からウォーターサーバーを守るフィルターが備えてあります。

特徴2:レンタル料が定額制

さかなクンのウォーターサーバーは、レンタル料金が定額制です。一般的な水のボトル式のウォーターサーバーは、「宅配の水ボトルの大きさ」と「契約する数量」で使える水の量と料金が決まります。

さかなクンのウォーターサーバーは水道水を使うので、使い過ぎや余った等の料金のストレスから開放されます。

特徴3:キレイな水が使い放題

さかなクンのウォーターサーバーは、水道水を浄水して使うためキレイな水が使い放題です。

飲み水やコーヒー、水割りばかりではなく、野菜の洗浄やお米の炊飯、みそ汁や料理、赤ちゃんのミルク作りなど使い放題です。

この様に「さかなクンのウォーターサーバーは、水が使い放題」という使い勝手が人気の理由になっています。

公式サイト ➡ ウォータースタンド

ウォータースタンドを家庭で使う3つのメリット

さかなクンのウォーターサーバーを家庭で使う3つのメリットを紹介します。

メリット1:水ボトルが不要

重い水ボトルの交換と保管場所がいらないことが第一のメリットです。

ボトルの注文を忘れたり、置き場所に困ることもありません。保管場所が不要なので一人暮らしやワンルームマンションでは限られたスペースを有効に使えるメリットがあります。

また使い終わった水のボトルの保管と返却や廃棄する手間が不要です。管理が楽なことも評価される理由です。

メリット2:取付と取外しが簡単

さかなクンのウォーターサーバーは、取付と取外しがとても簡単です。

アパートやマンション等への引っ越し先に簡単に持って行けるので継続して使えることがメリットです。

もちろんアパートは元通りに簡単に原状復帰が出来るので問題ありません。

取付や取外しの作業料金は無料です。

メリット3:赤ちゃんや子供に「安全で安心な水」

赤ちゃんや子供に「安全で安心な水」を飲ませることができます。

さかなクンのウォーターサーバーは、水道水の不純物を99.5%以上除去します。

ミネラル成分が入っていない[「RO水」か水道水にもともと含まれているミネラルが入っている「浄水」が選べます。

どちらも水道水の軟水を使うので、赤ちゃんや子供にも安心して飲ませることができます。特に赤ちゃんのいるご家庭では、ミルクが安心して作れる「安全な水」と評価されています。

また、育ち盛りの小さなお子さんにも、安心してキレイな水を飲ませることができると評価されています。

高温93℃の温水と冷水と常温がすぐに使えるので忙しい時にはとても嬉しい機能です。

小さなおこ様がいらっしゃってもチャイルドロックがあります。万が一いたずらしても、温水でやけどをすることはありませんので安心です。

ウォータースタンド2つの注意点

「ウォータースタンド」を家庭に導入するときの注意点が2つあります。

(1)設置する場所

ウォータースタンドを設置する場所は事前に決めておくことです。

理由は水道直結式なので、設置後に大きな移動になると配管の作業が伴う場合があるからです。

しかし、大掛かりではない通常の短い距離の移動なら問題はありません。

水道水が蛇口から取れる近いところで5m以内ならほとんど問題ないです。

(2)断水時について

水道直結式ですが、基本的に断水でも使えます。

ウォータースタンドは断水で使えないという口コミもあります。

その理由は、ウォータースタンドには構造上、貯水タンクが無いタイプが1つだけあります。この機種に限っては、タンクが無いので断水では使えません。

その他の機種では、キレイな水を貯めておくタンクがあるので非常用としても使えます

但し、長期にわたる断水になると水が不足することも考えられます。

レンタル料「定額制」で追加料金なし

さかなクンのウォーターサーバー「ウォータースタンド」は、月々定額制のレンタル方式を採用しています。

・レンタル料金には「設置費用」「メンテンナンス料金」等が全て含まれています。
・レンタル料金以外で費用の請求はありません。

通常プランと長得プランの違い

22か月目から「長得プラン」の方が安くなります。

レンタルプランは「通常プラン」「長得プラン」(ちょうとくプラン)の2種類があります。

違いは、長得プランは通常プランより月額528円(税抜480円)安くなります

長得プランは、初回に「長得登録料」11,000円(税抜1万円)がかかります。

しかし、22ヶ月目以降は継続するほど、通常プランよりもお得になります。

公式サイト ➡ ウォータースタンド

定額レンタル料の事例(ネオの場合)

人気で売れすじのウォータースタンド「ネオ」の定額レンタル料金を参考にします。

(1)通常プランの場合

月額レンタル料金:4,378円(税抜3,980円)

定額制のレンタル料金なので、以下の料金は全てレンタル料金にふくまれています。これ以外で請求されることはありません。(長得プランも同様)

初期設置、フィルター交換、定期メンテナンス・清掃、通常使用による故障修理対応、経年劣化による本体交換

(2)長得プランの場合

月額レンタル料金:3,850円(税抜3,500円)

初回に「長得登録料」11,000円(税抜1万円)がかかります。

水道代・電気代の比較

さかなクンのウォーターサーバーの電気代と水道代はいくらかかるかを説明します。

ウォーターサーバーで気になるのが水代と電気代ですね。レンタル料が無料でも水料金が高かったり、或いは電気代がかさんだりして、こんなはずじゃなかったとう心配があります。

そこで、実際にどれくらいの金額がかかるのか水道代と電気代に分けてみました。

ウォータースタンドの水料金

ウォータースタンドは水道水を使います。

つまり水料金は水道代になります。

ある調査によると、ウォーターサーバーで使う水の量と人数は概算で次の通りです。

・一人暮らし: 20リットル
・夫婦2人: 30リットル
・3人家族(夫婦+子供1人): 36リットル
・4人家族(夫婦+子供2名): 48リットル

ウォータースタンドを4人家族で使った場合、水道水48リットル:水道料約12円です。

4人家族でネオを使った場合

レンタル料(ネオ・長得プラン):3,850円(税込)
水道代:4人家族48リットル:約12円
電気代:月約859円
合計月額:4,721円

料理などにも広く使うと月に240リットル程度です。

この場合は次の通りです。

レンタル料(ネオ・長得プラン):3,850円(税込)
水道代:240リットル:約58円
電気代:月約859円
合計月額:4,767円

水が水道水なので、240リットル使ってもトータル金額はあまり変わりません。

レンタル料が定額制なので水を使えば使うほどお得です。

天然水のサーバーでは500mlで約70~80円なので使えば使うほど水代が増していきます。それに比べ、水道代は、1リットル当たり約0.24円なのでダントツな安さです。

仮に月に水50リットル(2Lのペットボトル25本分)使った場合を比較してみます。

さかなクンのウォーターサーバーは水道代とレンタル料で約月3,900円(税込・長得プラン)です。

一方、水のボトル式のウォーターサーバーは水代(天然水)だけで約月7,000~8,000円です。

水のボトル式ウォーターサーバーは、例えレンタル料、宅配料が無料でも水料金が高いことが分かります。両者の経費の差は、年を追うごとに広がっていきます。

使い放題か天然水か、利用目的によって選ぶことが大切です。

公式サイト ➡ ウォータースタンド

ウォータースタンドの電気料金

ウォータースタンド「ネオ」の場合メーカーによると次の通りです。

月額電気料金:約859円

《電気料金の算出根拠》 電力は、冷水18L・温水18L(合計36L)を使用した実測値(日本宅配水&サーバー協会 消費電力測定基準に基づく) / 電気代の単価は、新電力料金目安(税込):27円/kWh(平成26年4月公益社団法人・全国家庭電気製品公正取引協議会 新電力料金目安)

引用:ウォータースタンド

電気代はどのウォーターサーバーも省エネで大差は無くなっています。

ウォータースタンドで最も安い機種「ガーディアン」

さかなクンのウォーターサーバーの中で、電気代が最も少ないのは、瞬間冷温水タイプのガーディアンで月150円です。電気代が安い理由は「保温・保冷」用に電気を使わないからです。また、温水・冷水を貯めるタンクが不要なのでスペースは23cm×23cmとコンパクトになります。

「消費電力」で他社との比較をしてみた

各社が公表しているウォーターサーバーの電気料金は基準がバラバラなので簡単に比較ができません

そこで各社売れ筋のウォーターサーバーを選び基準をそろえて比べてみました。

比較基準は、冷水と温水を使った場合の「最大消費電力(W)」です。

メーカー機種最大消費電力冷水温水
ウォータースタンドネオ415W115W300W
アクアクララAQUA FAB570W105W465W
フレシャスAQUWISH430W80W350w
コスモウォーターSMARTプラス435W85W350w
ウォーターサーバーの電気使用量の比較【2020年12月8日現在】

各社のウォーターサーバーの最大消費電力は大差がないことがわかりました。

途中で解約するときの費用等

契約から1年以上経過していれば、解約金や取外費用は発生しません

設置から1年未満の解約の場合、撤去費用10,000円(税別)かかります。

設置から1年未満の機種変更の場合、機種変更手数料10,000円(税別)かかります。

引越し等の取り外し・再設置の場合の移設費用は無償です。

※移設に伴いご利用者が変更となる場合は別途見積りとなります

公式サイト ➡ ウォータースタンド

ウォータースタンドの口コミと評判

さかなクンのウォーターサーバーの口コミを調べてみると水道直結式を選んだ「なるほど」という理由がありました。

レンタル料金がかかっても、それ以上のメリットがあるというのです。

さかなクンのウォーターサーバー「ウォータースタンド」に決めた理由、他社から乗り換えた理由を3つにまとめてみました。

理由1.共働きで子育ても忙しい

・朝、お湯を沸かす時間がない
・ミネラルの無い水か軟水
・お湯の温度が高い
・コンパクトな大きさ

共働で忙しく、特に朝の出勤前はお湯を沸かす時間が無いという理由です。

「まだ子供が小さい場合ので保育園や幼稚園までの送迎もあり、お湯を沸かす時間がない。なので多少お金がかかっても、背に腹は代えられない」
「赤ちゃんのミルクがすぐに作れることと、水にミネラルが入っていないのを探していました」
「ウォーターサーバーを置く場所が無いのでコンパクトな卓上型を探していました」

ウォータースタンドの温水は業界トップクラスの93℃なので、電気ポット90℃、沸騰98℃に匹敵する温度なので、お湯を沸かす手間が省けます。

理由2.水を運ぶのが大変

スーパーで買った重い水を毎回買って運ぶことが大変だという理由です。

「レジから駐車場まで運び、車に積んで、駐車場からEVまで運んで自宅マンションの玄関まで運ぶので2Lのボトル2本4kgが限界」

スーパーで安売りの2Lのペットボトル6本の箱だと12㎏ですから気合が入ります。

他にも買い物の袋があるので往復することもあります。

次のようにスーパーまで無料の水を毎回もらいに行くのが大変だという理由もありました。

「スーパーにボトルを持っていって浄水を2リットル無料で貰っていました。夫は別に天然水を買いお酒を割ってます。毎回水をもらいに行くのが大変。米とかお味噌汁や好きなコーヒーにたくさん使えるウォーターサーバーもいいかなと検討した。」

スーパーの無料水は、ROフィルターでろ過した「ピュアウォーター」なので、さかなクンのウォーターサーバーと同じ水です。しかし、4Lボトルは4kgなので重いです。

水の品質にこだわる人はウォーターサーバーが良いと思いますが、そこそこ費用がかかるんですよね。飲料水を宅配してもらう必要もなく、特に在宅勤務に便利です。水をたくさん飲む人には節約にもなります。

理由3:安全な水が使い放題

毎日、日常使いのキレイで安全な水が使い放題だということです。

飲料用だけではなく、赤ちゃんのミルク用、お米の炊飯やみそ汁に使ったり野菜の洗浄や食器の洗い物など様々な場面でキレイな水が豊富に使えること理由です。

「使い放題で水ボトルの水料金を気にしなくてもいいから」

その他レンタル料が定額制なので、故障してもお金がかからないことを上げている方もいました。

公式サイト ➡ ウォータースタンド

ウォータースタンドの水の特徴

さかなクンのウォーターサーバーの水道水をろ過したキレイな水は、飲み水以外にも広く使えるのが特徴です。

そのままでおいしい水

「プレミアムラピア」シリーズはミネラル成分が入っていないピュアな水が好評です。

また、「ナノラピアシリーズ」はミネラルが入っていますが、そもそも水道水の成分なので赤ちゃんへの利用にも安心です。ミルクはもともと水道水を使うようにできているからです。

水道水の不純物やいやな臭いやカルキも無いので、飲み物用として赤ちゃんのミルクからコーヒー紅茶、水割りまで広く安全で安心が水が使えると評判です。

赤ちゃんのミルクに適した水

特に赤ちゃん用には「プレミアムラピアシリーズ」のミネラル成分が無い水(RO水)が評判です。

また、「ナノラピアシリーズ」はミネラルが入っている軟水ですが、そもそも水道水の成分なので赤ちゃんへの利用にも安心です。

ミルクはもともと水道水を使うようにできているからです。

赤ちゃんは消化器官が十分発達していないため、赤ちゃんに飲ませるお水は注意が必要です。

硬度(*)の低い「軟水」か、ミネラル分が入っていない「純水(ピュアウォーター)」が適していると言えます。

また、WHOが定めている調乳に適した温度(70℃以上)のお湯が使えます。

最大93℃とウォーターサーバーではトップクラスのお湯の温度です。

(*)水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル量を表すのが「硬度」です。

ピュアな水は料理に好評

ミネラルが含まれない(RO水)や軟水であることが料理にはメリットになります。

特に日本料理では素材の味わいを損なうことなく料理することができます。

ウォータースタンドを通した水で野菜を茹でると色鮮やかに引き立ちます。

コーヒー・水割がおいしくなる

水がおいしいと出来上がりもおいしい
水がおいしいと出来上がりもおいしい

ピュアな水なので、素材の味がそのまま美味しく引き立ちます。

ミネラルが入っていないか軟水なので、「コーヒー」「紅茶」「水割り」の本来の味が引き立つのです。

この水で麦茶を作ると麦に含まれる豊富なミネラルが美味しく感じます。

カップ麺・ドリップコーヒーも可能、93℃のお湯が出る。

ウォーターサーバーで93℃のお湯が出る製品はなかなかありません。

業界でもトップクラスのお湯の温度です。

お湯の温度は93℃まであるので、カップ麺やドリップコーヒーも可能です。

カップ麺は熱湯をメーカーでは推奨していますが、ウォータースタンドでは食べごろのお湯93℃で作ることができると説明しています。

ちなみにインスタントコーヒーは約80℃のお湯が美味しく、粉をドリップする場合の適温は、沸騰直後の90~96℃の温度です。

ウォータースタンドは、このお湯の温度をカバーしています。

体には良質な水の補給

人間の体は水で出来ているといっても過言ではありません。

お母さんのお腹の中の胎児は体重の約90%が水で、生まれたばかりの新生児で約75%です。子どもは約70%、成人は約60~66%、老人では50~55%です。

健康維持のためにキレイで安全で質の良い水の補給が常時できることです。

年をとるごとに全身の水の割合が減っていきますので、良質な水を補給することで健康維持につながります。

さかなクンのウォーターサーバーは「キレイな水をたくさん使いたい方」には経費的に安く安全な水が使い放題なので向いています。

公式サイトウォータースタンド

タイトルとURLをコピーしました