ウォータースタンドの温度と活用方法|温水・常温水・冷水を使うコツ

ウォーターサーバー
この記事は約10分で読めます。

ウォータースタンドの温度は常温水、冷水、温水の3種類の温度設定があり使い放題です。

特に温水がの温度が高温だったり、業界では珍しく常温水が使えたりとSNSの口コミでも話題になっています。

それぞれの温度の活用方法や使い方のコツもお伝えします。

ウォータースタンドの温度は3種類

ウォータースタンドの冷水、常温水、温水の使い方は口コミにも多数投稿されています。

読んでみると、「実生活に合った便利な使い方ができる」ことが選んだ理由のようです。

ウォータースタンドで使える温度は3種類あって、「冷水」「常温水」「温水」です。

それぞれの温度は、生活密着型といえるように温度設定されています。

冷水の温度:5℃~7.3℃

冷水の温度低くがキンキンに冷えすぎていると、逆に飲みにくいしお腹にも刺激が強すぎるものです。

「冷たくておいしい水だな~!」と感じる5℃~7.3℃の温度に設定していることろは良く研究されていますね。

常温水の温度:20℃~35℃(一般的な常温水)

数多いウォーターサーバーの中でも、通常の温度の「常温水」を供えているのは、珍しいのです。

一般的なウォーターサーバーでは「冷水」と「温水」の2種類の温度設定となっています。

ウォータースタンドは「常温水」が使えて飲めるのが大きなメリットなのです。

詳しくは、次のところで説明します。

温水の温度:85℃~93℃(高温)

温水の温度は業界でもトップクラスの高温で93℃です。

家庭用の電気ポットの温度は保温で98℃・90℃・70℃が一般的です。

通常は節電もあり、お湯の温度は90℃あたりで保温しています。

ウォータースタンドの温度は93℃なので電気ポット並みのお湯が使えます。

ウォータースタンドには、このように冷水・常温水・温水が様々な場面で最適な温度で使えるようになっています。

お申込・資料請求 ➡ ウォータースタンド

ウォータースタンドの活用方法とコツ

ウォータースタンドの3つの温度の「冷水」「常温水」「温水」には、どのような活用方法があるのかを紹介していきます。

ドリンクバーとして使う

何といっても家族の健康には不純物のない質のよい水が必要です。

家庭の中で水がすぐ飲めるっていう安心感は「ドリンクバーみたい」と子どもたちにも好評です。

飲みたいときに飲みたい温度ですぐに飲めるのです。

コーヒーをドリップする

毎朝のコーヒーはウォータースタンドでドリップしましょう。

ウォータースタンドの温水の温度は93℃あるので、コーヒーをトリップして淹れることができまできます。

お湯をゆっくり注げるのも特徴です。

忙しい朝でも、コーヒーはしっかり味わうことができます。

子どもたちのジュースの代わりに

ウォータースタンドがあれば、外から「ただいまー!」と帰ってきてすぐに美味しい水が飲めます。

常温水でも冷水でも自由に飲めます。

お腹が弱いお子様は水の温度が常温がおすすめです。

お水が大好きになる子もいるようで、全然ジュースを買わなくなったという事例もあります。

リラックスタイム

ご主人が仕事から帰宅後の「軽く1杯」を毎晩楽しみにしているのではないでしょうか。

使える温度が冷水・常温水・温水とカバーしているので、いろいろ作れます。

ウォータースタンドの水だとお酒も、より美味しくなるみたいです。

マイボトルでお水の補給

人が1日に必要とする水分は約2リットルです。

ペットボトルのお水を買わずに、ウォータースタンドのおいしいお水をマイボトルに入れて飲みましょう。「どこでも飲めるというだけで、なんだかココロに余裕が生まれる」そんなゆとりも持てるようです。

冷たい冷水も美味しいのですが、温度が通常の水を同じ「常温水」は飲みやすいです。

いくらでも飲めるのが「常温水」です。

「500mlのペットボトルが11秒で満杯!」のスピード感は、待ち時間のストレスフリーです。

お米研ぎはキレイな水で

お米は最初の一研ぎがとても大切です。

それは最初につけた水を一番吸収するからです。

ウォータースタンドの水を使えば、ふっくらつやつやのごはんが炊き上がると好評です。

サラダは冷水に浸す

サラダはサクサクした食感が楽しいですよね。

ウォータースタンドの冷水の温度は5~8℃に設定してあります。

この冷水に野菜を浸してあげると、みずみずしさがよみがえってきます。

キレイな水を自由に使えるのも、ウォータースタンドの水が使い放題だからですね。

キッチンでの活用

キッチンで料理をつくるのに、たっぷりの水がつかえるのがいいですね。

パンを作るにはきれいで美味しい水が欠かせません。

パンの基本材料のひとつだからです。

また、シチューやスープにもたっぷりのきれいなお水が使えるし、野菜を洗う水にもウォータースタンドのお水が活躍します。

インスタント食品を作る

家族の「お腹が減った!」「すぐ食べたい!」に応えられるのは高温で温度が93℃の温水がすぐ使えるからです。

飲みごろ・食べごろに適した温度の温水が使えます。

ウォータースタンドのタンク内の設定温度は85~93度です。

キレイなお水が、「ポットで沸かしたような温かさ」で出てくるので、ポットややかんが不要です。

カップ麺に使うお湯の温度は約95℃を想定しています。

お湯を注ぐだけで食べたいときに、すぐ食べることができます。

好みにもよりますが、アツアツでなくても「ちょうどよい食べ頃で食べたい」、という方には程よい温度のお湯で食べることができます。

パスタを茹でる時に温水で時短

おいしい水でパスタをゆでられるので、出来上がりも一味違いますね!

パスタを作るのが楽しみになってくると好評です。

ウォータースタンドの高温の温水を使えばスピーディーにお湯を沸かして手早く作れます

料理の時短になります。

お申込・資料請求 ➡ ウォータースタンド

ウォータースタンドの裏技を紹介

ウォータースタンドの美味しい水を使った裏技を調べました。

様々なレシピや驚きの裏技もありました。

ウォータースタンドの公式サイトのホットな情報も参考にして、その活用方法をまとめてみました。

水出し茶で免疫力アップ

緑茶の中でビタミンCが一番多く含まれるのは煎茶ですが、ビタミンCは熱で壊れやすいのです。

そこでウォータースタンドを使って水出しするとビタミンCがしっかりと抽出できます。

ビタミンCは、活性酸素を除去する抗酸化作用があるため、美容に気をつけている方にとっても最適な飲み物です。

温水を使って料理の時短

麺類をゆでるお湯も、そばや冷製パスタをつくる時にさらす冷水も、ウォータースタンドの使い放題の美味しい水を活用しましょう。

温水・冷水を使いわけて麺料理に役立てましょう。

温度の高い温水を使えば、お湯を沸かす手間が省けて料理に時短になります。

また、きれいな冷水が使えるので、水道水を氷で冷やしたりする手間が省けます。

冷水を使ってしめる

うどんやそば・冷製パスタなどのめん類をゆでたあとは、必ず冷水で麺をしめます。

理由は、冷水でしめると余熱での麺ののびやぬめりを抑えることができるからです。

特に注意が必要なのは、パスタは冷やしすぎです。

麺がしまって硬くなりやすくなりますので気を付けましょう。

ウォータースタンドの冷水の温度は5~8℃の温度帯なので、氷水を使う必要がなくしっかりと冷やすことができます。

味噌汁を美味しく作る

味噌汁は、お水の純度が高いほど素材の味をしっかり引き出すことができます。

ウォータースタンドの水を使うと味が引き立つので、お味噌の量を減らすことができます。

そのため減塩効果も期待できます。

美味しいお水でつくる鍋

鍋や煮込み料理には、たくさんの水を使います。

ウォータースタンドなら定額性の使い放題なので、コストを気にせず美味しい水を気兼ねなく使えます。

特に水炊きは、水から煮ることで素材のうま味を存分に引き出すことができます。

水道水で作つくりよりも、美味しい水をつかって美味しく作ることができます。

美味しい水・氷で楽しむお酒

何といっても、お酒が好きな方にはお家でゆっくり「くつろぎタイム」ですね。

家飲みもウォータースタンドがあれば、お酒を割るお水やロックの氷にもこだわることができます。

美味しい水割りを作るコツ

代表的な水割りにはウィスキーや焼酎などの蒸留酒が適しています。

使用する水は「軟水」が適しています。

軟水はお酒になじみやすくて味や香りを引き立ててくれるからです。

ウォータースタンドは軟水のなかでも硬度の低い軟水にあたり、クセのないまろやかな口当たりでお酒との相性もよいのです。

ウォータースタンドなら、すぐに硬度の低いお水やお湯で割ることができます。

アルコール度数を下げたり、風味やキレを調整することもできます。

自分にあう割り方を見つけてお酒を楽しんでみてください。

美味しい焼酎のお湯割りを作る裏技

焼酎をお湯割りで楽しむにはお湯の温度が重要で、その温度は80~85℃が最適といわれています。

お湯割りの作り方は、まずウォータースタンドの温度が高温のお湯を湯呑に注ぎ、次にお好みの焼酎を適量注ぎます。

最初に湯呑にお湯を入れるのは、湯呑を温めることと、高温のお湯の温度を下げるためです。

後から入れた焼酎が湯呑の中でゆっくりと混ざりあい、焼酎本来の味や香りを引き出すことができます。

キレイなお水を健康と美容に

コットン拭きとりでお肌ケアにも

ウォータースタンドは水道水の塩素をしっかり除去しているので、お顔のふき取りもウォータースタンドの水が役立ちます。

化粧水を使う前に、コットンにたっぷり含ませたウォータースタンドの水を使えば、節約にも時短にもなります。

1日の水は約2リットル

成人が1日に必要とする水分は約2リットル以上で、5~6回に分けて小まめに補給するのが健康によいとされています。

ウォータースタンドは使い放題なので、水もコストを気にせず使えます

外出時は水筒に入れて水を持ち出せば、ペットボトルを買う必要もなくなります

うがいにも使いましょう。

不純物のないきれいな水でうがいすると、お口の中がよりスッキリします。

ペットボトルなど買った水はもったいないのですが、ウォータースタンドならそんな使い方もできますね。

外出から戻ったり、朝寝起きもうがいは風邪予防や健康にも役立ちそうです。

朝の白湯で腸もいい調子

白湯にはデトックス効果があると言われています。

適温は体温よりもちょっと高い温度の約50です。

ウォータースタンドの温水と常温水を混ぜるだけでカンタンに作ることができます。

赤ちゃんのミルクに最適な「常温水」

粉ミルクにはミネラル分があらかじめ配合されていいます。

なので、ミネラル分の多い硬水を調乳につかうと、赤ちゃんがおなかの調子を悪くしてしまう恐れがあります。

調乳にはミネラル分の少ない軟水、又は、純水がよいとされています。

赤ちゃんには、ウォータースタンドの水がおすすめです。

ミルクの温度調節には「冷水」を混ぜるよりも「常温水」を使うと楽になります。

「冷水」をまぜて温度調整をするのは、意外にむずかしく失敗することもあります。

温度が常温の水が使えるのでとても重宝します。

「常温水」が使えるウォータースタンドならではの機能です。

ーーーーー

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ウォータースタンドの温度は生活に未着した温度設定がなされています。

様々な場面で活用できるウォータースタンドの使い方を紹介しました。

お申込を簡単にしたい方、資料を取り寄せたい方は、下記公式サイトまで。

お申込・資料請求 ➡ ウォータースタンド

タイトルとURLをコピーしました