『安全なミルクの作り方』ウォータースタンドは赤ちゃんに安心!

ウォータースタンドで赤ちゃんのミルクを安全に作れるのでしょうか?

そんな不安があるのではないでしょうか?

この記事では、ウォータースタンドの水の安全性から赤ちゃんのミルクを安全に作る方法まで総合的に解説します。

ウォータースタンドの水はミルクに最適!赤ちゃんに安心

ウォータースタンドは、赤ちゃんのミルクや離乳食が手早くカンタンに作れるので人気です。

赤ちゃんのミルク作りに安心だと定評のあるウォータースタンドは、妊娠や出産を機会に導入を検討する方が少なくありません。

水道水を使うウォータースタンドの水は、赤ちゃんのミルク作りに最適です。

その理由は、赤ちゃんの粉ミルクは「水道水」で作ることを前提にして開発されているので、水道水を使うウォータースタンドはピッタリなのです。

ウォータースタンドは、安全な水道水からさらに不純物を除去します。

日本の水道水は「水道法」で厳しく管理されているので世界でトップレベルの品質です。

毎日そのまま飲んでも安全です。

安全な水道水なら、どうしてウォータースタンドを使う必要があるのでしょうか?

なぜ、ミルクにウォータースタンドが必要なの?

水道水は安全なのですが、ミルク作りには次のことが気になります。

  • 水道水には「消毒用塩素」が含まれている。
  • 水道水は沸騰が始まるとき「トリハロメタン」が発生する。
  • 貯水槽でカビや汚れが混入することがある。

水道水は塩素消毒をするために塩素(カルキ)が含まれています。この残留塩素により髪や肌に影響することを気にする方も多数います。

また、水道水は沸かす段階で、発がん性が指摘されている物質「トリハロメタン」が発生します。

トリハロメタンは、水中の有機物質と残留塩素が反応して生成され、「沸騰直前に、最も増える」という特徴があります。

さらに、水道水は安全でキレイだとしても、下のイラストの様に途中の貯水タンクなどで汚れる場合があります。

出典:静岡県沼津市水道課

貯水槽水道の衛生管理は、その設置者が行うもので、定期的な清掃など適切な管理が行われないと、水質劣化や衛生上の問題が生じるおそれがあります。

引用:沼津市 https://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/sumai/suido/gyosha/chosui.htm

過度な心配はいりませんが、あまり気持ちのよいものではありません。

自宅の2階の水道に簡易浄水器(LIXIL)を取り付けています。

6ヵ月使ったフィルターと新品のフィルターを比較するとこんなに汚れています。

上が新品 下が6ヵ月後の汚れです
上が新品 下が6ヵ月後の汚れです

中空糸の簡易フィルターでも、茶色の汚れがべったりと着いています。

水道水が安全とは言え、そのまま赤ちゃんのミルク作りに使うのは、不安があるという方も少なくありません。

古くから安全なミルク用お湯を作っていた

日本では昔から赤ちゃんに安全なお湯でミルクを作ってきました。水道水を簡易浄水器でろ過して、水道水を10分以上沸騰させてから冷やして使いました。

トリハロメタンを取り除くには、水道水を10分以上沸騰させるので忙しい時には大変な待ち時間となっていました。

ウォータースタンドはこの2つの処理を一気に解消します。

ウォータースタンドの水

ウォータースタンド に使われているネオトラップフィルターは国内ダントツのトップクラスの能力をもっています。

出典:ウォータースタンド ナノトラップフィルター

 

それを実証するのが、水道水ウォーターサーバーの浄水能力を示す指標に「不純物除去率」です。

この表示は「家庭用品品質表示法」(JIS S 3201)で決められていて、不純物を80%以上除去すれば表示できます。

ウォータースタンドは除去率を99.5%と表示しています。

ウイルスまでも除去します。

JIS規格で定められている対象物質の除去はもちろん、一般的な浄水器では除去できないような微細なウイルスや塩素消毒では死滅しないとされる病原性微生物も除去することが可能です。

引用:ウォータースタンド公式サイト

トリハロメタンを除去した「温水」がすぐに使えるので時間の節約ができることです。

ウォータースタンドの温水は85℃~93℃と高温で業界ではトップクラスなので、きれいで安全なお湯を使って、赤ちゃんのミルクがすぐに作れることがメリットです。

ウォータースタンドがミルクに適している5つの理由

ウォータースタンドが、赤ちゃんのミルク作りに適している理由を説明します。

(1)ミネラル成分の影響が少ない水が使える

ミネラル分が豊富だと赤ちゃんは消化器官が十分発達していないため腎臓に負担をかけてしまうことがあります。

ウォータースタンドの水は硬度の低い「軟水」、ミネラル分が入っていない「純水(RO水)」のどちらのタイプでも赤ちゃんのミルクには適応しています。

ちなみにミネラル成分での違いは、「軟水」:0~100mg/L、「中硬水」:101~300mg/L、「硬水」:301mg/L以上です。

(2)「温水」+「常温水」で手早くミルクの温度調整

ウォータースタンドは「常温水」が使え、ミルクが手早く作れます。

ウォーターサーバーでは珍しく「常温水」が使えるのでミルク作りが手早くできます。

赤ちゃんのミルク作りは1日に何回も時間を問わずですね。

疲れて寝たい夜中などに、赤ちゃんに泣かれてミルクを作らなけらばならない時など、少しでも手早く作りたいですよね。

温水と常温水でミルクを手早く作る方法

冷水で温度調整をするのは意外とむずかしく失敗することもあります。

常温水ならミルクの温度をゆっくり下げられるので微調整が楽にできます。

ウォータースタンドは温水・常温水・冷水から不純物を除去しています。

温水・常温水をそのまま使うことができるのでミルク作りの時短になるのです。

湯冷ましを作って温度調整をしなくてもOK。

(3)簡単にミルクが作れる

ウォータースタンドは、片手で操作ができる。

ウォータースタンドは、片手で操作ができるので、赤ちゃんを抱っこしながらでもミルクを作ることができると好評です。

(4)重くて負担になるボトル交換なし

産後や妊娠中に10kg前後の重い水ボトルを交換するのは心配ですね。ウォータースタンドは「水道直結式」なので水ボトルが不要です。交換、注文、保管、宅配の受け渡しなど面倒な手間が不要です。

(5)子育て中の家計にやさしい

ウォータースタンドは定額制で使い放題

宅配水は使うほど水料金がかかりますが、ウォータースタンドはレンタル料が定額制なので水が使い放題です。水を使えば使うほどお得になります。

東京都の水道水は1リットル換算0.24円ほど。1日8リットル使っても1カ月で60円程度です。

ウォータースタンドで安全なミルクの作り方

ウォータースタンドで安全にミルクを作る手順を説明します。

常温水を使うのがミルク作りの時短と温度管理で失敗しないポイントです。

ウォータースタンドの「温水と常温水」でミルクを作る手順

ウォータースタンドは「常温水」がつかえるのでミルク作りにとても便利です。

(1)石鹸で手をよく洗う。
(2)消毒済みの乾いた哺乳瓶を用意する。
(3)哺乳瓶に粉ミルクと「温水」を入れ振って溶かす。
(4)哺乳瓶に「常温水」を少しずつ入れる。
(5)円を描くように混ぜ温度調整する。
(6)体温くらい冷めたらミルクの完成。

ポイントは、温水と常温水を上手に使うことと、哺乳瓶に専用のスプーンで粉ミルクを指定量を正確に計って入れることで母乳と同じにすることです。

自己判断で、濃くしたり薄めたりしないことです

はじめに温水を出来上がりの2/3ほど入れて溶かし、その後に常温水を入れて調整します。

厚生労働省「ミルクの安全な作り方」のガイドライン

安全なミルクの作り方のガイドラインが厚生労働省から公表されています。

大切な部分を紹介します。

  • ボトル入りの水も無菌ではないので使用前に沸騰しなければならない。
  • 電子レンジは、乳児の口に火傷を負わす可能性があるので、粉ミルクの調乳には絶対に使用してはいけない。

出典出典:厚生労働 乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン より抜粋

ウォータースタンドはお湯の温度や無菌など安心して使えます。

途中で解約する場合

1年以上使っている場合は、解約料金や機種の変更料金はかかりません。

設置から1年未満の解約や機種変更の場合、費用6,600円(税込)です。

引越し等の取り外し・再設置の場合の移設費用は無償です。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ウォータースタンドなら赤ちゃんのミルクが安全に早く作れます。

最新情報・お申し込み・問合せは公式ページへ

ウォータースタンドの公式ページへ行く

タイトルとURLをコピーしました