簡単にできる!水道水をおいしくする5つの方法

水道水はおいしくならないの?そんな水の悩みをお持ちでは・・。

本記事では

  • 水道水がおいしくないと感じる原因とは?
  • 水道水をおいしくするには?
  • 水道水がおいしくなる5つの方法

を紹介します。

実は安全できれいな水道水なのでもっとおいしく飲みましょう!

スポンサーリンク

水道水がおいしくないと感じる原因とは?

水道水は本来はきれいでおいしい水ではないでしょうか。

しかし、なぜきれいで安全な水道水がおいしく感じないのでしょうか・・・

どんな原因があるのか調べてみました。

原因1:残留塩素の影響

水道水がおいしく感じない原因のひとつは水道水を消毒する「塩素」の影響です。

一般的に水道水に含まれる「残留塩素」は、カルキ臭といういやな臭いがして味覚も嫌われているのです。

水道水はコンビニやスーパーで売っているペットボトル水に比べると、おいしくないと感じてしまうのです。

原因2:過マンガン酸カリウムの影響

水に有機物質が含まれていたりすると、有機物質を殺菌するために「過マンガン酸カリウム」を使用することがあります。

過マンガン酸カリウムが水道水に多めに入っている時は、渋い味や口当たりが劣ります。その結果、おいしくないと感じます。

原因3:カビの臭い

夏の季節になり水温が上がってくると水道水がカビ臭くなり、おいしくないことがあります。

専門的になりますが、カビの臭いの原因は、「ジェオスミン」「2-メチルイソボルネオール(2-MIB)」という物質で、水の中にいる藍藻類や放線菌によって作られます。

そのため、ダム、湖、沼、河川等を水源とする水道水は、気温が上がるとカビの臭いがして、おいしく感じません。

原因4:古い水道管や汚れた貯水槽

水道管が錆びていたり、アパートやマンションの貯水槽の管理が不行き届きで汚れていることがあります。その結果、水道水がおいしくなくなります。

具体的には静岡県沼津市の公式サイトに分かりやすい説明がありましたので、参考に引用します。

出典:静岡県沼津市水道部水道総務課

貯水槽水道の衛生管理は、その設置者が行うもので、定期的な清掃など適切な管理が行われないと、水質劣化や衛生上の問題が生じるおそれがあります。

引用:静岡県沼津市 貯水槽水道と小規模貯水槽水道について 

その結果、水道水の色が不自然だったり、おいしく感じないだけではなく水質の問題になる場合もあります。

水道水をおいしくするには?

水道水がおいしく感じられなくなる4つの原因を説明しました。

もともと安全でおいしい水道水をおいしくするには、ここまで説明した「残留塩素」「過マンガン酸カリウム」「カビの臭い」「古い水道管や汚れた貯水槽」の4つの原因を取り除くことになります。

そのためにさまざまな方法がありますが、本記事ではお家で簡単にできる水道水をおいしくする5つの方法をご紹介いたします。だれでも簡単にできるので是非試してみてはいかがでしょうか。

尚、「古い水道管や汚れた貯水槽」が原因とわかっている場合は管理者に相談することも必要です。

水道水をおいしくする5つの方法

水道水をおいしくする方法を紹介します。簡単にできるのでチャレンジしてみてください。

おいしくする方法1:水道水を沸騰させる

カルキの臭いを消すには水道水を沸騰するまでよく沸かすことでおいしくなります。

残留塩素を取り除く方法で良く知られています。さらに発がん性のあるトリハロメタンが含まれることがありますが、この物質も沸騰させることで取り除くことができます。

沸騰した水道水は注意が必要です。理由は、塩素が含まれていないため雑菌が繁殖しやすくなります。もし保管するときは常温をさけて冷蔵庫に入れて、その日のうちに飲み切ることが大切です。

おいしくする方法2:水道水を汲み置きする

半日から1日ほど空気にさらすことです。容器にいれてふたをせずに、置いておくだけで塩素が無くなりおいしくなります。

時間がかかる方法ですが、ほっぽらかしで構わない手軽さはあります。ゴミが入らないように注意が必要です。

おいしくする方法3:水道水にレモンを入れる

水道水にレモンを入れる方法があります。水道水に含まれる残留塩素は、レモンに含まれる「ビタミンC」にしっかりと反応します。その結果、残留塩素がなくなりカルキ臭が消えておいしくなります。

さらに、レモンのさわやかな香りとほんのりとした味でおいしくなり、水道水の臭いも気にならないというメリットがあります。水道水を沸騰させないし、水道水そのままにレモンを入れるだけです。

急な来客などでおいしい水が欲しい時にはとても便利な方法です。

おいしくする方法4:水道水を冷やす

水道水を冷蔵庫で冷やすといやな臭いや味が感じなくなり、おいしく感じます。

沸騰させていないため、消毒用の塩素が含まれたままなので冷蔵庫保存も安心です。

キレイな瓶に水道水を入れて冷やすと、見た目にも美味しく映ります。

おいしくする方法5:浄水器を使う

一番実用的な方法は、水道水を浄水器でキレイに不純物を取り除く方法です。

水道水に含まれる残留塩素をはじめ汚れや不純物まで取り除くので、確実においしくすることができます。

水道の蛇口に取り付ける浄水器はたくさん開発されていて、ホームセンターやAmazonで手に入ります。臭いやカビの他に水道水に含まれる不純物や有害物質もある程度取り除けます。ただし、簡易的な浄水器はフィルター交換回数が多かったり、浄水の水量が細かったりします。

そこで、家庭で飲料の他に料理や炊飯などに使う場合は水道水を浄水するウォーターサーバーがおすすめです。ランニングコストが安く、美味しく安全な水が豊富に使えます。

水道水の不純物を特殊なフィルターでキレイにろ過します。「99.9%不純物を取り除いて純水を作るRO水タイプ」と、「水道水のミネラルを残し99.5%ろ過したまろやかな水を作る浄水タイプ」があります。おすすめの機種を紹介します。

ウォータースタンド

CMでも話題の水道水ウォーターサーバー「ウォータースタンド」です。

■公式サイト ウォータースタンド

楽水ウォーターサーバー

ランニングコストが安い水道水ウォーターサーバーです。水道水補充タイプもあります。

■公式サイト 楽水ウォーターサーバー

おわりに

ここまで読んでいただきありがとうございます。

水道水はもともときれいで安全な水なのですが、残留塩素、不純物などの影響でおいしく感じないことがあります。

ここで紹介した方法を試してみて水道水をおいしくしてみてはいかがでしょうか!

タイトルとURLをコピーしました