ウォータースタンドの温水の温度は何℃?お湯は意外と高温?

この記事は約4分で読めます。

「ウォータースタンドの温水の温度はどれくらいなの?」

「ウォータースタンドの温水はインスタント食品に使えるの?」

「ウォータースタンドの温水はぬるくないの?」

一般的に「ウォーターサーバーの温水はぬるくて使い物にならない」という口コミも見かけます。

ウォータースタンドの温水でカップ麺やインスタント食品が作れるのか調査しました。

ウォータースタンドの温水の温度は?

ウォータースタンドの温水の温度はメーカーの公表値では次の通りです。

公式サイトウォータースタンド  

ウォータースタンドの温水は『 85℃~93℃』です。

ウォータースタンドの温水は、 85℃~93℃とこの業界では高い方です。

温水が93℃は熱湯100℃ではないので「温度が低いのではないか?」という疑問があります。

温水93℃は沸騰温度100℃に届かないので心配は当然ですね。

温水93℃は、どれ位の温度?

・電気ポットの保温は80℃
・コンビニの電気ポットは90℃

ウォータースタンドの温水93℃というのは電気ポットの保温状態の温度より少し高いです。

また、電気ポットは一度沸騰した後は、保温80℃を保つ設定です。

コンビニでカップ麺用の電気ポットの温水の温度は90℃で、カップ麺には、ちょっとぬるいとの評判です。

ウォータースタンドの「温水の温度93℃」はウォーターサーバーの中では高温です。

ウォータースタンドの温水の温度比較

ウォータースタンドは、どの機種でも最高93℃の温水です。

・ネオ:85℃~93℃
・ステラ:85℃~93℃
・S2:85℃~93℃
・L2:88℃~93℃

他のメーカーの主なウォーターサーバーの温水の温度

フレシャス :80℃~90℃
プレミアムウォーター :80℃~85℃
コスモウォーター:90℃~80℃~90℃
クアクララ :85℃~90℃
うるのん:85℃~90℃

公式サイトウォータースタンド  

ウォータースタンドの温水でカップ麺は作れるか?

カップ麺のお湯は熱湯
カップ麺のお湯は熱湯
ウォータースタンドの温水93℃は、カップ麺「食べごろ」の温度

インスタント食品で高温のお湯で作るのが、カップ麺ではないでしょうか?

カップ麺のメーカーでは、100℃の熱湯を想定して作っています。

ウォータースタンドの温水93℃は、カップ麺がやわらかく「食べごろ」の温度に設定していると説明しています。

ウォータースタンドのタンク内の設定温度は85~93度。キレイなお水が、「ポットで沸かしたような温かさ」で出てくるので、ポットややかんが不要です。
カップ麺に使うお湯の温度は約95℃を想定しています。お湯を注ぐだけで食べたいときにすぐ食べることができます。好みにもよりますが、アツアツでなくてもちょうどよい食べ頃で食べたい、という方には程よい湯温で食べることができます。

引用:ウォータースタンド公式サイトより

ウォータースタンドの温水93℃でカップ麺が作れるのか試してみました。

熱湯を入れて3分なり5分待ってから麺がほぐれて食べごろになります。

93℃の温水は、やわらかすぎず、熱すぎず、おいしく食べることができました。

あえて言うなら、ぼくのように猫舌の方には最適な温度でした。

温水が高温だと電気代が高い?

ウォータースタンドは温水の温度が高いので電気代もかかるのでしょうか?

人気で売れ筋のウォータースタンド「 ネオ」は電気料金は1カ月859円(メーカー公表)です。

メーカー機種消費電力月額参考(比較できず)
ウォータースタンドネオ415W約859円
アクアクララAQUA FAB570W1,000円前後
フレシャスAQUWISH430W*350円(省エネの場合)
コスモウォーターSMARTプラス435W*474円(省エネの場合)
ウォーターサーバーの電気使用量の比較

通常の機種は1,000円前後の電気料金が一般的です。

ウォータースタンドの温水は常時93℃を保つということではなく、85℃と93℃の間でお湯を沸かしたり、保温したりと電気消費を管理しています。

熱い温水を使うならウォータースタンドはおすすめです。

公式サイトウォータースタンド  

ウォーターサーバーには大きく2種類あり、「水道水」を使う「水道直結型」と、宅配水のタイプです。ウォータースタンドは水道直結型で水が使い放題です。宅配水型は水ボトルの料金が使っただけけかかります。

きれいな水をたくさん使うなら「水道直結式」を選ぶのが理想的です。

このポイントを知っておくと、選択の失敗がほぼなくなり安心して導入できます。

公式サイト➡ ウォータースタンド

タイトルとURLをコピーしました