ウォータースタンドの温水(お湯)でカップ麺は作れるのか?

サーバー基礎知識
この記事は約5分で読めます。

カップ麺を作る時には、ヤカンでお湯を沸かしたり、ポットのお湯を使ったりします。

「お湯を沸かす」手間がはぶけて、いつでもおいしいお湯が使えるということで、水が使放題のウォータースタンドが人気となっています。

しかし、問題は「温水(お湯)の温度」です。

ウォータースタンドのお湯は、本当にカップ麺につかえるのでしょうか?

この記事では、

・カップ麺用のお湯は、何度が適温?
・ウォータースタンドの温水の温度
・ウォータースタンドが推奨する作り方
・カップ麺を90℃のお湯で作ってみた

について紹介します。

実際にウォータースタンドが説明するお湯の温度で、カップ麺を作ってみた結果も紹介します。

カップ麺用のお湯は、何度が適温?

カップ麺のお湯の適温は何度?
カップ麺のお湯の適温は何度?

カップ麺を作っているメーカーを調べてみました。

カップ麺のメーカーは「100℃の熱湯」を推奨

「熱湯5分」と表示されています。
「熱湯5分」と表示されています。

カップ麺の「日清食品」では、カップ麺を作る時のお湯の温度について、次のように説明しています。

製品の調理方法に記載されています「熱湯」は沸騰しているお湯を指します。ポットの保温湯(95℃以下設定)では、めんがうまく湯戻りしません。おいしくお召し上がっていただくため、「熱湯」(沸かした直後のお湯)をお奨めします。

引用:日清食品グループ

他のカップ麺メーカーでは?

他のメーカーも調べてみると、一般的には「熱湯」を使うように表示しています。

焼きそばは、「熱湯3分」と表示されています。
焼きそばは、「熱湯3分」と表示されています。

カップ麺の各メーカーが推奨しているのは「熱湯」ですね。

熱湯」とは、沸かした直後のお湯のことで、温度が100℃のお湯のことです。

カップ麺メーカーの説明では、100℃の熱湯を注いで3分~5分の時間をかけて湯戻しするものです。

ウォータースタンドの温水の温度

ウォータースタンドは、お湯の温度は「最高が約93℃」に設定されています。

ですから、熱湯よりはちょっと温度が低いお湯ですね。

ウォータースタンドでは、93℃のお湯について次のように説明をしています。

「ウォータースタンドのタンク内の設定温度は85~93度。キレイなお水が、「ポットで沸かしたような温かさ」で出てくるので、ポットややかんが不要です。

引用:ウォータースタンドのサイト

ウォータースタンドでは、「ポットで沸かしたような温かさ」としています。

公式サイトでチェック
 ウォータースタンド

ウォータースタンドが推奨する作り方

ウォータースタンドが設定しているお湯「93℃」で、カップ麺をつくることについて、次のように説明しています。

カップ麺に使うお湯の温度は約95℃を想定しています。お湯を注ぐだけで食べたいときにすぐ食べることができます。好みにもよりますが、アツアツでなくてもちょうどよい食べ頃で食べたい、という方には程よい湯温で食べることができます。

引用:ウォータースタンドのサイト

ウォータースタンドでは、カップ麺に使うお湯の温度は「95℃」を想定していることがわかります。

他のメーカーのウォーターサーバーのお湯の温度を調べてみました。

その結果、一般的にウォーターサーバーでは、お湯の温度の範囲は70℃~90℃の範囲が多いことがわかりました。

つまり、調べた中で最も高い温度だったのがウォータースタンドの93℃で熱湯に近いお湯でした。

93℃以上の高温のお湯が使えるウォーターサーバーは見つかりませんでした。
(あったら追記します)

公式サイトで確認する
 ウォータースタンド

カップ麺を90℃のお湯で作ってみた

まず、一般的なウォーターサーバーに設定されている最高の温度90℃を試してみました

水温計が無い場合の「お湯の温度の目安」を説明します。

80℃のお湯の目安
ヤカンの中の泡が底面全体から出はじめて、泡がすぐはじけるようになると80℃くらいになります。■90℃のお湯の目安
80℃からさらに熱すると、小さい泡から大きめの泡になってくるのが約90℃です。

90℃のお湯でカップ麺を作る

90℃に沸かした状態のお湯で、カップ麺を作りました。

カップにも多少熱をとられました。

結果、熱々ではありませんが、90℃なら食べることができました

猫舌の方なら、90℃でも熱く感じます。(ぼくは猫舌なので、熱かった)

80℃のお湯で作ってみた。

しかし、80℃で作ってみると、ぬるくて麺が半分くらい戻りきらない感じでした。

なんとか、やわらかくなったという感じです。

猫舌なら丁度いい温度かもしれません。

猫舌の方は、90℃以上で作ってから冷まして食べましょう。

93℃のお湯で作ってみた。

ウォータースタンドのお湯の温度「93℃でカップ麺を湯戻し」してみました。

多少やわらかめだったのですが、93℃のお湯はウォータースタンドが説明している通り使えます。

アツアツでフーフーしながら食べる温度ではありませんが、多少熱めのカップ麺という感じでしょうか。

個人的な感想としては、ウォータースタンドでカップ麺を作って食べてもOKです。

ウォータースタンドの93℃のお湯は、カップ麺に使えるお湯の温度だと思います。

熱々のフ~フ~にこだわる方なら、最低95℃前後は欲しいところです。

ヤカン93℃のお湯を少し沸かせば使えますね・・・

まとめ

ここまで「ウォータースタンドの温水(お湯)でカップ麺は作れるのか?」について紹介しました。

カップ麺は熱湯を使うことが前提ですが、ウォータースタンドの設定温度93℃のお湯でも、使えるという感想でした。

沸騰した100℃のお湯が最適なのでしょうけど、90℃~93℃でもまずまずの出来具合でした。

電気ポットは一般的に保温で98℃、90℃、70℃の3段階です。

90℃の電気ポットの保温のお湯でもカップ麺は食べられました。

ウォータースタンドを検討している方は、参考にしていただければと思います。

ウォータースタンドの資料請求・申込は公式サイトをご覧ください。

公式サイトをみてみる。
 ウォータースタンド

タイトルとURLをコピーしました